エンタメ

白戸ゆめのアナ学歴(出身中学高校)wiki経歴や父親は?かわいい慶応チア画像!

投稿日:


お笑いタレントの明石家さんま(66)が5日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。フリーアナウン

サー・白戸ゆめの(26)の失礼発言にツッコミを入れました。

今回の出演で一気に話題になった白戸ゆめアナ。

今回はこの白戸ゆめアナについて調べてみました!

白戸ゆめのアナのプロフィール・学歴

白戸アナは今回、さんま御殿での失礼発言で話題になっています。

「男って本当バカだなと思ったこと」というトークテーマで、慶大出身の白戸アナは「学生時代目立たなかった高学歴の男性が、

社会人になって急に学歴モテして調子に乗っていて、バカだなみたいな」と話し「学歴に食いつく女がいる」と指摘。

好きな男性のタイプは「子供2人を慶応に入れられて年に1回家族旅行に行ける人。海外だとうれしい。学歴気にしたことない」と

語りました。

「めちゃめちゃ気にしてる」とスタジオがざわつく中、「でも、近畿大学の人ともお付き合いしたことありますよ」と白戸アナ。

この上から目線に反応したさんまは「ちょっと待て!おかしいやろ!近畿大学に謝れ!」と注意。

白戸アナは両手を合わせて謝罪しつつ「東京にいると、あんまり大阪周辺の大学が」と続けると、さんまは「バカにしやがっ

て!」とツッコミが止まりませんでした。

このように、実は自分が一番学歴を気にしているであろう白戸アナ。

彼女自身も慶応義塾大学出身です。

プロフィールを見ていきましょう。

名前:白戸ゆめの
生年月日:1995年9月28日
年齢:26歳
事務所:ホリプロ
出身地:東京都
血液型:B型
小学校:慶應幼稚舎
出身中学:慶應義塾中等部
出身高校:慶應義塾高等学校
出身大学:慶應義塾大学商学部商学科

慶応幼稚舎からずっと慶応に通っていたということで、お嬢様で美人ということがわかりました!!

白戸ゆめのアナの経歴

次に白戸アナの経歴についてみていきましょう!

大学卒業後、瀬戸内海放送でアナウンサー兼報道記者として務め2018年8月から「KSBニュースView」の定時ニュースを担当。

入社2年目の秋に夕方ニュース番組『News Park KSB』のキャスターに抜擢。

フリーアナウンサー転向後は『朝だ!生です旅サラダ』などに出演。

今回のさんま御殿への出演がきっかけで、さらに活躍が期待されそうですね!

白戸ゆめのアナのかわいい画像

白戸ゆめアナのかわいい画像を集めました。↓

白戸アナは慶応大学時代、応援団に所属しており、チアリーディングに打ち込んでいたそうです。スタイル抜群で美人ですし、き

っとファンも多かったのではないでしょうか。

白戸ゆめのアナの家族や父親は?

白戸アナの家族についても調べました。

白戸アナの父親は元テニスプレーヤーの白戸仁さんです。↓

白戸仁さんは、1958年10月19日生まれです。

プロテニスプレーヤーとしての戦績は以下の通り。↓

デビスカップ日本代表(1981~84、86,88)

セイコースーパーテニス国内大会優勝(1983)

ウィンブルドンダブルスベスト16(1986)、全日本選手権ダブルス優勝(1986-87)、沖縄オープンシングルス優勝(1991)

 

戦績を見てもわかる通り、メチャメチャすごい選手です。

また、映画『テニスの王子様』のテニス監修(2005)をやられていました。

父親がプロテニスプレーヤーだったこともあり、白戸アナも幼少時代からテニスの英才教育を受けていたようです。

白戸アナのお父さんは有名なテニス選手だということがわかりましたが、ほかの家族についての情報はありませんでした。

でも白戸アナは美人ですし、きっとお母さまもすごくおきれいな方なのでしょう。

慶応幼稚舎からずっと慶応で育ってきた白戸アナ。

きっとお金持ちなことは間違いないでしょう。

世間の反応

世間の反応をまとめました。↓

今回の白戸ゆめアナの発言には残念ながら批判もたくさん集まっていました。

 

キャラではなく、本当に白戸アナがこのような性格なのだとしたら、女友達は少なそうですよね…。

 

エスカレーター慶応はお嬢様の証拠ですが、決して学力が高いとは言えないようです…。


まとめ

今回は、さんま御殿への出演で話題になっている白戸アナについてまとめました。

さんま御殿で見事に爪痕を残した白戸アナ。

今後もその高飛車キャラでバラエティでの活躍が期待されます。

さんま御殿出演から一気に大ブレイクしたタレントも多いですし、白戸アナにもがんばってほしいと思います。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.