ニュース

藤井菜々花 facebook・顔画像!自宅住所はどこ?5歳の娘にハサミを投げる!

投稿日:


子供を育てるということは本当に大変なことだと思います。

きっと思い通りにならないことも多いでしょう。

ですが・・・たとえ何があっても暴力は許されません。

幼い娘に向かってハサミを投げるなんてとんでもない事件が起きました。

藤井菜々花が起こした事件の概要

子供と接していても可愛いばかりではないというのはわかります。

可愛い時も多いですけど、時にはイラっとしたりムカつくときもあるでしょう。

それでもケガをさせたらそれは虐待になってしまいます。

5歳の長女にハサミを投げつけ、けがをさせた疑いで、母親が逮捕された。

逮捕された山口・下松市に住む、藤井菜々花容疑者(28)は2022年2月、自宅で5歳の長女にハサミを投げつけ、背中に全治2週間のけがをさせた疑いが持たれている。

(記事引用元:Yahooニュース)

どんなハサミを投げつけたかまではわかりませんが、下手をしたら死んでいたかもしれません。

母親でる藤井菜々花容疑者も「けがをさせるつもりはなかった」というような供述をしていますが、手にしていたものをイラつい

た瞬間に投げてしまっていたのかもしれません。

 

ただハサミを5歳の子供に投げつけるというのはちょっと精神的にヤバそうな感じがしますよね。

どんなに頭に来ても当たったらケガをするかも、もしかしたら死んでしまうかもというものを投げるというのは考えにくいです。

日常的に暴力的な虐待があったのでしょうか・・・警察も調べています。

娘にハサミを投げた動機は?

5歳の娘にハサミを投げるという怖ろしいことをしたその動機はなんだったのでしょうか。

もし藤井容疑者の言っていることが正しいとするなら、ケガをさせるつもりがなかたのなら殺すつもりもなかったでしょう。

そうなると瞬間的な怒りやイラつきからそんなことをしてしまったのかもしれません。

○いうことを聞かずにイラついた
○ストレスが溜まっていて娘にぶつけた
○切れやすい性格でなにかあると物を投げる習慣があった

5歳ですから犯行もするし、手に負えないくらい動き回る時期かもしれません。

それでもハサミを投げるという神経は理解できませんけど。

藤井菜々花は日常的に虐待していた?

藤井菜々花容疑者は日常的にそのような虐待をしていたのでしょうか。

わかっているのは藤井容疑者の年齢は28歳です。

5歳の子供がいるので、若いときに出産しているのですね。

他に子供がいるのか、夫がいるのかなどについてはまったく報道されていませんでした。

ただ子育てをしながらもアルバイトをしていたようなので、家計も苦しかったのかもしれません。

子育てと仕事と家事となると、だいたいイラついたり精神的に安定していなかったというのはわかります。

今回はケガの手当てをした病院から警察に通報されたのではなく、児童相談所から、警察に「虐待の疑いがある子どもを保護し

た」との通報があったということです。

児童相談所が目を付けていたということは、今までにもなにかしら起きていた可能性があります。

ハサミを投げるという行為からも、あまり穏やかな性格ではなかったように思えますね。

藤井菜々花の顔画像やfacebookは?

藤井菜々花容疑者の顔画像は公表されていません。

Facebookで氏名検索をしたところ、数名の同姓同名の人がいました。
その中で、旧姓で登録をして(藤井菜々花)となっている人がいて、投稿された画像はほとんどが子供のものでした。
2016年1月26日に結婚とあり、その年の10月に赤ちゃんの画像を何度もカバー写真変更しています。
2016年10月に出産しているとしたら現在は5歳ですね。

山口県下松市在住ということですし、もしかしたらこれが藤井容疑者のものかもしれませんが断定はできませんでした。

もしこれが藤井容疑者のものであるとすれば、結婚前には顔は隠されていましたがアイドルっぽい姿をしている自撮り写真がいく

つかありました。

藤井菜々花の自宅住所はどこ?

藤井菜々花容疑者の自宅は山口県下松市というところまでしか報道されていません。

自宅がどこなのかを特定することはできませんでした。

世間の反応

この事件に対する世間の反応がこちらです。

背中に傷って事は母親が怖くて背を向けて屈んだりでもしていたのかな、かわいそうに。
人はそう簡単に変われないと思うので、この母親も一時の反省はあっても、根っこの部分は腹が立てば後先考えず子供に凶器を投げるような人物でしょう。
児相は親元に返さなくて良いし、返すなら口先だけの反省を鵜呑みにせず、親自身が能動的に状況を変える気があるのかちゃんと見極めてほしい。

単にカッとしたのではなく、虐待性があるから児相が通報してるのだろう。それなのに認めないのは、かなり危険な母親だということ。
父親がいるのかわからないが、ケガするほどの力でハサミを5歳児に投げる母親の元には返すのは危険。子どもの心の傷も深いと思う。

稀に、ごく稀に、あまりに言うことを聞かないと強く怒鳴っちゃうことはあっても、物を投げることなんてあり得ないな。まして刃物なんて。
怪我をしたということだけど、当たりどころが悪かったら、ハサミとはいえ刺さる。まず物凄い恐怖に感じたと思うし、その感覚はずっと残る。いくら大好きなお母さんでもね。普段どう接していたのかが気になる。

この母が反省した態度を示せば、この子が手元に戻ることもあるのでしょうか…。
そらからがすごく心配です。

子育てを経験した親ならものを投げたくなったり怒鳴ってしまう気持ちはわかるのでしょう。

ですか当たってケガをするようなものはやはり投げないはずです。

全治2週間で傷は治っても、記憶に残る心の傷は消えないかもしれません。

まとめ

日常的に虐待があったかどうかはわかっていませんが、逮捕されたということはなにかしらの証拠や証言がでたからなのではない

かと思います。

どんな親でも子供は親と一緒にいたいと思うはずです。

人は変わることは難しいかもしれませんが、自分の子供のためにもなんとか心を入れ替えて子供が安心して生活できるようになっ

て欲しいと思います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.