ニュース

知床遊覧船(観光船) KAZU1の船長は誰で会社名は!沈没原因や場所はどこ?

投稿日:


23日午後1時15分ごろ、北海道・知床半島の沖合を航行中の観光船「KAZU1」の乗員から「船首部分が浸水している。沈みかかっている」と118番通報がありました。

海上保安庁によると、船には乗客24人、船長、甲板員の計26人が乗船しており、巡視船と航空機で救助に向かったとのことです。

今回は、この観光船の船長、会社名、沈没理由などについて調べました。

知床遊覧船(観光船) KAZU1の沈没場所はどこ?

知床遊覧船の沈没場所はいったいどこだったのでしょうか。今回の沈没現場は北海道斜里町の観光名所「カシュニの滝」近くの海域とみられています。↓

海上保安庁は巡視船5隻、航空機2機を現場海域に派遣。ヘリコプター1機が午後4時半ごろ、現場海域に到着しましたが、手がかりは見つかりませんでした。

しかしその後、現場周辺で捜索していた航空機が24日早朝、遭難者とみられる4人を発見したということです。

知床遊覧船では、知床半島の沿岸を周遊する3コースを設けています。

海上保安庁によると、KAZU1は斜里町のウトロ漁港を出港し、知床半島先端の知床岬で折り返して帰港する予定でした。

航行時間は約3時間で、午前10時に出発したといいます。

知床半島を巡る遊覧船は5社が運航しており、地元観光案内所スタッフは「岩壁や奇岩があり、ヒグマが時々現れる場所もある。大自然を味わえるので非常に人気がある」と話しました。

冬は波が高く流氷もあるため、遊覧船はゴールデンウイークごろから10月末まで運航されるといいます。

いくら大自然を味わえて魅力的といっても、沈没するなんて誰も予想していなかったのではないでしょうか。

知床遊覧船(観光船) KAZU1の会社名は?

今回事故を起こしてしまった知床遊覧船KAZU1の会社名について調べました。

KAZU1を運航しているのは「㈲知床遊覧船」で、同社のホームページがこちらです。↓

https://www.shiretoko-kazu.com/

ホームページによると、船の定員は65人。

今回の乗客の24人には子ども2人も含まれていました。

知床半島を巡る遊覧船は5社が運航していますが、知床遊覧船は各社より早くスタートし、23日が今年の運航の初日だったといいます。

知床遊覧船(観光船) KAZU1の沈没原因は?

今回の知床遊覧船の沈没原因は一体何だったのでしょうか。

 

第一管区海上保安本部によりますと、23日午後1時15分ごろ、知床半島のオホーツク海側の「カシュニの滝」あたりの海域で「知床遊覧船」所有の観光船「KAZUⅠ(カズワン)」の乗組員から「船首部分が浸水し、沈みかかっている」と通報がありました。

観光船には、子ども2人を含む乗客24人と船長、甲板員の合わせて26人が乗っていたということです。

非常に情報が限られている中の見解になりますが、一般社団法人「水難学会」の斎藤秀俊・会長に聞きました。↓

・「船首が沈む」という通報内容から、何らかのものが当たって浸水したと考えられる。

・一般的には、岩とか、木材とか、動物とか。

・19トンという小さな船だが、一般論としては、3メートルくらいの波なら出港は見合わせるが、あくまで船長判断。

・上空の映像から、浮き輪や油などの浮遊物がない。

・仮に沈没したならば、痕跡が残るはず。

・どこか別の場所で、中に人を乗せたまま漂流している可能性がある。

・現場の海水温は2~3℃。

・仮に沈没なら、生存可能なのは1時間程度。

・冷たい水の中で、動けなくなって意識を失う、いわゆる低体温症。

・子でも大人でも同じ、救命胴衣を付けていても保温はされないので。

・冷たい海水の中では、体が固まって泳げないし、岩場に流れ着いたとしても、指がかじかんでしがみつけない。

・浮遊物がないので、漂流しているという希望はある。

・水に浸からなければ、一晩もつと思う。

 

斜里町のウトロ漁業協同組合の話では、23日は現場周辺の海では波が高く、漁に出た船は午前中に港に戻っていたといいます。

一方、第1管区海上保安本部によると、KAZU1は2021年6月11日、ウトロ漁港近くの浅瀬に乗り上げる事故を起こしていました。

この時、船は自力で離礁して漁港に戻り、乗客20人、乗員2人にけがはありませんでした。

とても魅力的な遊覧船で人気はあるようですが、これまでにも事故があり、今回またこのような事故が起きてしまったのでは、今後利用する人は減るのではないでしょうか。

知床遊覧船(観光船) KAZU1の船長は誰?

今回事故を起こした遊覧船の船長はいったい誰だったのでしょうか。

船長について調べてみたものの、詳しい情報は一切公表されていないことが分かりました。

同船体の運営会社の公式サイトを調べてみても、船長を含む船員の名前は記載されていませんでした。
また、全国ニュースでも顔画像は報道されていませんでしたので、現在のところ船長の顔についてはわかっていません。

今後新たな情報として、船長の顔画像が報道されるかもしれませんので注目したいと思います。

また、ネットなどでは、顔画像の特定もされるかもしれませんので、引き続き調査したいと思います。

乗客の安否は!

今回の事故では、乗客乗員26人が安否不明となっていました。

この事故で、現場周辺で捜索していた航空機が24日早朝、遭難者とみられる4人を発見しました。

いずれも容体は不明で、第1管区海上保安本部(小樽)などがヘリコプターで救助しているということです。

1管などは航空機や巡視船による現場海域の捜索を続け、地元の漁船も協力しています。

船には大人22人、子供2人の客計24人のほか、船長と甲板員が1人ずつ乗っていました。

見つかっていない人々の安否もとても気になりますね…。

無事を祈るばかりです。

世間の反応

世間の反応をまとめました。↓

これ今朝から大々的に報道されてる。観光船沈没事故。知床岬周辺ほ海流が複雑で流れが速くて普段から危険性の高いエリア。その当時、波が高くて出船した漁船はすぐに引き返してきた。こんな状況で無理くり出船させた!知床遊覧船と言う会社のせいよ!

無理やり出船させたのであれば、会社と船長の罪は大変重いでしょう。

 

NHKのニュースで他の遊覧船職員の重要な証言を放映。①昨年座礁事故を起こし船首の亀裂が残っていた。②荒天が予測される為、出航を見送るようアドバイスしたが船長が強行した。

船長が強行したという情報もあります。もしそれが本当なら許せませんね。

 

ニュースだと、今回、行方不明になった観光船を運行する知床遊覧船、いろいろトラブルがあったようで、指導が入ってそうですね。

いろいろ問題がある会社だったのでしょうか。今後の続報に注目です。

 

知床沖の観光船事故は、救助が進むことを心から願います。知床半島西側では大型船おーろらのほか、数社が小型船を運航。この時期は船からヒグマも見られます。小型船は小回りがきくため、半島により近づくこともできて人気です。私は昨年6月、取材で「知床遊覧船」とは別の会社の小型船に乗りました。

大変魅力的な遊覧船でも、安全が確保されないのであれば問題ですよね。

まとめ

今回は、知床遊覧船の沈没について調べました。

大変人気で魅力的な遊覧船で、まさかの悲しい事故が起きてしまいました。

沈没の理由も現在わかっていませんが、見つかっていない人々の安否が気になります。

どうか、どうか無事でいてほしいと祈るばかりです…。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.