生活

プレミアム付き商品券を446万円購入した女性は誰?販売ルールに疑問!【大分県佐伯市】

投稿日:


地域によりプレミアム付き商品券を販売しているところはたくさんありますよね。

私の住んでいる地域でも販売しています。

ただ販売しているのが郵便局ですし、1人につき上限があるのでたくさん欲しい場合には何度かに分けていくか、違う郵便局に行けば購入することができます。

確かにお得な商品券だとは思うのですが、たくさん購入する余裕もないし、購入したら期限までに必ず使う必要があるわけですから生活に余裕のある人の方が便利な商品だなとも思っていました。

そんなプレミアム付き商品券でなんと130万円以上ものプレミアム分を受取った女性がいました。

大分県佐伯市プレミアム付き商品券で問題発生

女性が購入したプレミアム付き商品券は、大分県佐伯市で販売しているものでした。

「車を買う」という理由でなんとプレミアム付き商品券を現金で440万円分購入したのです。

 

440万円のプレミアム付き商品券を購入すると

○商品券⇒440万円

○プレミアム分⇒133万8000円

 

440万円でなんと5,738,000円の車が買えるんです!

お金ある人は絶対にお得ですよね。

こんな使い方ができるなんてすごいな~って思いました。

 

でも佐伯市ではこれが問題となっているのです。

1世帯3冊まで往復ハガキで申し込みを受け付けての購入を原則として販売していたプレミアム付き商品券が残ったということで、事前申し込みのいらない直接販売を実施しました。

 

そこでこんな問題が起きてしまったのです。

 

すでにこのプレミアム付き商品券は完売となっているので、佐伯市民から文句がでてもそれは当然でしょう。

ひとりだけで133万円以上もプレミアムがついてしまったのですから。

なぜ大量購入できたのか?

なぜ最初は往復はがきで申し込んで購入していたのに、直接販売になったら1人で440万円ものプレミアム付き商品券を購入することができたのでしょうか?

 

佐伯市の田中利明市長は

「1人3冊というルールの中で、これを逸脱した行為が行われたことは大変残念」

と話していますが、販売を請け負う会社の責任者がスタッフに対し、「複数回、列に並ぶ人については把握ができないので販売しても良い。列が無い場合は3冊の限度にこだわらず、申し出の冊数を販売して良い」と指示していたということです。

 

なのでこのように440万円分購入できたわけですね。

 

でもこの女性はなにもルール違反はしていませんし、販売員も同じです。

女性の目の付け所がよかった、頭のいい人でお金がある人なんだなという印象を受けました。

 

果たしてプレミアム付き商品券を購入できなかった市民のために再び販売をするのでしょうか。

だとしたら次はきちんとルールを決めなければなりませんね。

446万円分購入した女性は誰?

佐伯市のプレミアム付き商品券446万円を購入したのは女性であることはわかっていますが氏名は公表されていません。

 

現金ではないので、使うしかありませんから本当に車を購入しているのか、これから購入する予定であるとは思います。

 

なので車の販売店でこの商品券を使った人が購入した女性ということになりますが、個人情報なので今後も氏名は出てくる可能性が低いですね。

 

それにしても車を購入するといって440万円の現金を用意できるのですからお金のある女性ですね。

しかも車1台が400万円~500万円以上するっていうことですよね!?

上を見ればキリはないですけど・・・なんとも羨ましいです。

販売ルールは正しかったのか?

1世帯3万円までというルールで佐伯市で販売されたプレミアム付き商品券ですが、往復はがきでの申し込みだったため発行した6万冊のうち、2万4,000冊が売れ残ってしまったそうです。

予定していた半数ちょっとしか申し込みがなかったんですね。

 

今の時代、往復はがきで申し込むというのも面倒ではありますよね。

 

4月末から事前申し込みなしで再販売したのですが、直接購入ができるようになり販売は委託することになりました。

 

販売を委託した事業者からはスタッフに

「3冊(3万円)の限度にこだわらず、申し出の冊数を販売してよい」と指示があったということです。

 

問題なのは佐伯市から販売委託事業者にきちんとルールを伝えていたかどうかですね。

しかしもし1人3冊までとルールを決めていたとしても、私もそうですが何度か並んだりお店を変えれば購入することは可能です。

なので申し出の冊数を販売してよいというようになったのかもしれません。

これも何度も並んだり、行列ができるなどの「密」を避けるための方法だったのでしょう。

 

販売ルールには問題はなかったのではないかと思いますが、しいて言えば車を購入できる商品券であったことではないかと思います。

 

私の地域のプレミアム付き商品券は飲食店でしか利用ができません。

さすがに100万円以上の飲食をする機会はないですし、それは無駄にもなってしまいますからたとえお得であったとしてもそれほど高額な現金で購入しようとする人はいません。

 

でもなんでも購入できるとなれば、やはりこういった使い方をする人は出てくるのではないかと思います。

世間の反応

このプレミアム付き商品券の購入について世間の反応がこちらです。

見出しがあたかも女性に非があるようになってますが、女性は悪くない。買い占めでもなけば、悪意のあるような使い方をするようでもない(たぶん。)

余ることを想定せずに、最後は適当に捌いた側に非がある、かもしれないが。

多額の税金が投入されていることには変わりはないわけだから、その使い方を問題視するならまだわかる。

まぁ、使える範囲は限定されているわけだから、ある程度の地域還元、地域循環が出来れば、地域的には良かったのではないかな?

 

元々地域の商店街の隅々にまでの活性化が目的のはずなのでこれでは本末転倒、もちろん断りを置いた上できちんと確認をとっているので買った方には落ち度はない。非があるとすれば市の対応のほうでしょう。

これじゃあ、1店舗限定で偏りのある不公平さになってしまう。買った人は高額商品の何割かが加算されるからかなりの得、お店も後で券を市が買いとってくれるから結構な儲け、しかもその負担額は税金で補填、その高額商品店舗のみ。

こういうのはやはりよくないでしょ。

 

この記事の見出し「440万円分女性が買い占め」って、明らかに日本語が間違ってる。文章通りであれば「買い占め」た訳ではない。「数に制限がない」との回答を得たことに応じただけのこと。使い道は「車」であっても、地元のディーラーから購入したのであれば、地域振興の目的にも合致する。印刷費と職員の人件費を費やした商品券が売れ残るより、はるかにましな話。

 

元々販売数を制限し販売していて、余った分の再販売でしょ?また余らないとも限らないし、女性も確認した上で購入したのだから問題ないのでは?

しかも、プレミアム商品券だから消費出来るのも同市内と思います。購入し還元しているのだから、良いと思うんだけどな。この女性のせいで買えなかったと言うのなら、一次販売で購入しとけば良かった話かと。

ほとんどの人が購入した女性にはなにも問題はないと思っているようです。

私も同意見です。

でも現金を用意できない人がいることもわかっていて現金のみで販売しているのですよね。

だったら現金を用意できる人に購入してもらったのですから問題になるとすればやはり佐伯市でしょう。

まとめ

はやり世の中はお金のある人が得をするのかなって感じました。

元々は市民のためではなく、コロナ禍で落ち込んだ商店街のために発行している商品券ですから、使える店舗での上限でもない限り現金を持っている人は商品券をたくさん購入すれば地元の商品もたくさん購入してくれるでしょう。

今回はただ1店舗のみが高額な利用の対象となったことが問題であって、1人が高額なプレミアム付き商品券を購入したことではないような気がします。

-生活

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.