ニュース

中峯竜晟の顔画像や出身大学は?元大和証券社員が持続化給付金詐欺の中心人物か?

更新日:


持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局職員ら7人が逮捕された事件で、元大和証券社員の中峯竜晟被告(27)が、これまで名前が伏せられていたのですが今回明らかとなりました。

詐欺の中心メンバーであり、詐欺を発案した人物とのこと。

いったいどんな人物なのでしょうか?
詳しく調べてみました!

持続化給付金詐欺事件の概要

事件の概要はこちらです。

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局職員ら7人が逮捕された事件で、元大和証券社員中峯竜晟被告(27)=詐欺罪で起訴=が、暗号資産(仮想通貨)投資の仲間からアイデアを教わり、給付金の虚偽申請を始めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁少年事件課は中峯被告らを中心メンバーとするグループで手口を共有し、確定申告書偽造、オンライン申請、名義人集め役など役割を分担して不正受給を繰り返していたとみて調べる。

詐欺の中心メンバーであり、不正受給を繰り返していてすでに詐欺罪で起訴されています。

ずっと名前が公表されておらず元大和証券社員とだけ報じられていたのですが、ようやく「中峯竜晟」という名前が公表されましたね。

中峯竜晟の顔画像やSNSは?

現在、中峯竜晟容疑者の顔画像については報道されていません。

またSNSについても調べてみたのですが、「中峯竜晟」とわりと珍しい名前ですよね。

Facebookに1件だけ同姓同名のアカウントがあったのですが、情報量が少なく中峯竜晟容疑者本人のものとは断言できませんでした。

ツイッターにもFacebookと同じ方と思われるアカウントがあります。

中峯竜晟の出身大学や経歴は?

中峯竜晟容疑者の出身大学ですが、同姓同名のSNSでは「明治大学商学部」と記載されています。

もし本人のものであれば明治大学商学部の卒業で、その後大和証券に入社したということでしょうか?

よって経歴についても今のところ確定の情報は分かっていないのですが、こちらは分かり次第追記していきたいと思います。

中峯竜晟が詐欺の内容を作った?

今回の給付金詐欺、中峯竜晟被告と海外に出国した30代の男の2人が主犯格だったと報じられています。

犯行グループは暗号資産への投資家集団「マイニングエクスプレス」の仲間とのことで、中峯竜晟被告が開くセミナーで出会った仲間とのこと。

今回逮捕された東京国税局職員の塚本晃平容疑者も、このセミナーに参加していました。

中峯竜晟被告は「自分が発案した」と容疑を認めているようで、グループが約200人の若者らを勧誘して申請の名義人にして、総額約2億円を不正に受給していたことが分かっています。

ものすごい規模の詐欺事件となりましたよね。
大和証券という大手に勤めていて、なぜこのような犯罪に手を染めてしまったのでしょうか?

世間の反応

・現職の国家公務員、特に国税を取り扱う大きな責務を担う立場の者でありながら、このような不祥事事件を犯した罪は大きい。
国民からの信頼性も失墜してしまったのではなかろうか?
詳細を分析調査をされた上で、国税庁及び東京国税局側は国民に対し説明責任があろう。

・数百円、数十円ですら人間不正を働くのだから、システムの更新を主として対応していく他ない、教育に力を入れてもいいが効果が発揮されるまで時間もかかるし効果も確かではない。コロナ禍にかこつけてセルフ化を進めた民間のレジシステムに習えばいい、人がいても一台ごとにカメラが付いていたり一気にツリーが進んだ。無人化まで時間の問題だろう。全力全速力で合理化進めてくれんかね。無駄に複雑だから死角が生まれる。魔がさす。

・まさかの国税局の職員が逮捕されるのは衝撃でした。
今回逮捕されたからよかったですが、
専門知識の領域なので分かりづらい案件なのではないかと思います。

・国税局職員の逮捕は給付金の取り扱いが、
いかにダメな仕組みで抜け穴ありすぎた証明。
本人からしたらあらゆる知識と経験から、容易な犯罪であったんだろうな。

本当に穴がありすぎる給付金で、これからもっと逮捕者が増えるかもしれませんね。

まとめ

以上、中峯竜晟被告について調べてみました。

元大和証券の社員ということでようやく名前が出てきた印象ですね。
リーダー格ということで、他に海外に逃げたもう1人も無事逮捕されることを祈りたいですね。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.