ニュース

五ノ井里奈の顔画像・facebookや経歴!所属駐屯地はどこ?日常的な自衛隊セクハラ

投稿日:

元女性自衛官が実名・顔出しで、訓練中に性被害を受けたということが話題になっています。

告発したのは五ノ井里奈さん(22)で、Youtubeを通して告発しました。
いったいどういうことなのでしょうか?
詳しく調べてみました!

五ノ井里奈が自衛隊でのセクハラ被害を告白

五ノ井里奈さんが、自衛隊訓練中のセクハラを告発しました。

元女性自衛官が実名・顔出しで、訓練中に受けた性被害をYouTubeで告白したことが話題を呼んでいる。五ノ井里奈さん(22)は、陸上自衛隊に所属していた2021年の6月~8月、複数の上官から集団でセクハラを受けたという。上長に被害を訴えても取り合ってもらえず、自衛隊内の捜査機関に被害届を出しても、検察からは不起訴とされた。現在は検察審査会に不服申し立てをし、結果を待っている。五ノ井さんは、AERA dot.の単独インタビューに応じ、「日常的に起きているセクハラの被害から、残された女性隊員を守りたい」と、自身の受けた体験を語った。

五ノ井さんが陸上自衛隊に入隊したのは、2020年4月。小学生の頃から女性自衛官に憧れ、20歳のときに自衛隊の門をたたいた。教育期間は順調にこなし、その時までは、思い描いていた自衛官の姿に誇りとやりがいを持っていた。

だが、その後に配属される中隊名が発表されたときから、風向きが変わった。女性の先輩隊員から、こんな忠告を受けたのだ。

「あそこの中隊はセクハラとパワハラがひどいから気をつけろ」

「2020年秋ごろ、勤務中に、男性隊員が『柔道しようぜ!』と言いながら技をかけてくるのですが、腰をつかまれて“バック”のような体制にされて腰を振ってくるんです。それを女性隊員が目撃していました。廊下を歩いていると、急に抱きつかれることも日常的にありました」

五ノ井里奈さんが配属となった部隊は、セクハラとパワハラがひどいと言われていたんですね。

山に入って訓練をしていた時には、胸をもまれ、キスをされ、男性隊員の陰部を下着越しに触らせられたりとひどい被害を受けています。

元女性隊員自身も「ほぼ毎日抱きしめられる」などのセクハラを受けていて、お互いを助けるとまた自分も被害に遭っていることから、助け合うことができなかったそうなのです。

自衛隊内の捜査機関に被害届を出しても、検察からは不起訴となってしまいました。

このことからメディアを通じて告発し、今は検察審査会に不服申し立てをしているようです。

五ノ井里奈の顔画像やfacebook、経歴

告発をした五ノ井里奈さんはこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

五ノ井里奈(@r.gonoi)がシェアした投稿

Facebookを調べてみましたが、Facebookは利用していないようです。

Twitter「@judo_gonoi」
インスタグラム 「r.gonoi」

こちらのアカウントで、事態を発信されています。

経歴についてですが、五ノ井里奈さんは宮城県の出身です。

小学生のときに東日本大震災に見舞われ避難生活を送っていて、中学で全国1位に輝いています。

高校は兵庫県立飾磨工業高校に進学しました。
本当は宮城の高校に通っていましたが、人間関係が原因で中退。
兵庫県の高校に入り直し、再び柔道に打ち込むことにしました。

その後山口県にある東亜大学に進学し、引き続き柔道で頭角を現します。

大学時代も柔道で中四国ベスト3に入ったのですが、大学へ誘ってくれた恩師が辞めてしまったことで柔道を辞めてしまいます。

それから大学を中退し、20歳で自衛隊に入りました。

柔道とともに学生時代を過ごし、念願の自衛隊に入隊しました。
まさかそこで、こんなことになるとは思わなかったですよね・・・。

セクハラを告白したYouTube動画

Youtube動画で、今回の被害を詳しく説明されています。

五ノ井里奈さんは「RESCUE HOUSE レスキューハウス」というYoutubeチャンネルを立ち上げていて、チャンネル登録者数も22万人を越えるチャンネルとなっています。

所属していた自衛隊駐屯地はどこ?

今回問題となっている駐屯地がどこだか気になりますよね・・・。

特にセクハラ、パワハラがひどい部隊で有名だったそうですが・・・、現時点でははっかりとどこの駐屯地であるかは分かっていません。

ですがツイッターで、しかしセクハラ被害を受けた場所が「天幕」といっており北海道駐屯地である可能性があると思われます。

天幕というのは天幕山のことを示しており、旭川駐屯地などが近いです。

北海道内の駐屯地である可能性が、高そうですね。

世間の反応

・酷い話だけれど驚かないです。
男性と女性の比率と環境からすると起こりうる事だと思います。
女性だけでなく男性も被害に遭っていそうです。
そうならない環境や訴えが通る環境作りをしないと自衛官になる人がへるだけです。

・防衛庁はハラスメントに関し、講習などで人の尊厳を守る啓もう活動、犯罪を告発をしやすい環境作り、被害者のケアなどを積極的にすべきです。
隠ぺい体質が犯罪の温床になるので、恐れることなく加害者は上下に関係なく罰っしてください。開かれた組織となることで、国民の信頼は増すと思います。
いくら仕事が出来たところで、人の尊厳すら守れない輩に日本は守れないと思います。

・長年根付いた悪習は簡単には消えません。「これくらい今までは大丈夫だった」という経験が規律やモラルを歪めます。

・この内容を見ると、ウクライナで起きてる事実は、ロシア兵だけの話ではないということでしょう。自衛隊も国内においてですらこの有り様であるとすると、有事の際には一般市民に対して魔手を伸ばす事も考えられますね。

・元隊員です。女性自衛官の隊舎には近づくなと上官に言われていたので、部隊でこのような事が行われているのは初耳ですが、階級が上の人や、飯の数が多い人には絶対的なところがあります。私もパワハラにあいました。私は早く除隊したかったので、現在も繋がりを絶っています。働きやすい部隊もありますが、このような部隊があるのも否定できません。神戸の教員による教員に対するいじめと同じように思えます。

まさか自衛隊でという気持ちもありながら、やっぱりそうだったんだと思った方も多いと思います。

今ドラマでも自衛隊が部隊になっている「テッパチ」が放送されていますよね。
こうしたセクハラだけでなく、同性同士のパワハラなどもこれから告発が続くことになりそうな気がします。

まとめ

以上、五ノ井里奈さんについて調べてみました。

かなり勇気のある告発で、これからもまだ詳しいことが告発されそうですよね。

最近は舞妓さんの件といい、内部事情が告発されるケースが増えています。
自衛隊に関しては、今後同様の告発が増えていくかもしれませんね。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.