ニュース

グローバルキッズ中正雄一社長経歴・学歴や顔画像!保育士水増しで不正受給

投稿日:

保育大手の「グローバルキッズ」が、いわゆる「保育士の名前貸し」を行って運営費を不正受給していたことが発覚しました。

本社で働く社員を、保育園に在籍しているかのように偽造していたというのです。

いったいどういうことなのか、中正雄一社長について詳しく調べてみました!

グローバルキッズが不祥事

グローバルキッズが不祥事を起こしていたことが分かりました。

保育大手の「グローバルキッズ」(東京都千代田区)が、いわゆる「保育士の名前貸し」を行い、保育士を水増しして運営費を不正受給し、その返還による売上高への影響額が少なくとも2200万円であることが分かった。上場している親会社の「グローバルキッズCOMPANY」がホームページでリリースした。

東京都が「特別指導検査」に入り、不正が明るみに出た。本社で働く保育士資格のある社員19人について本部関与の下、保育園での勤務実態がないにもかかわらず保育園に在籍しているかのように、名簿、出勤簿等を偽造し、少なくとも2015年4月から2019年12月までの間、認可保育園11ヵ所、都独自の認証保育園5ヵ所で行政に虚偽の報告をしていた。

「問題は、会社が不正の事実を知りながら組織的に隠ぺいしたことで、きわめて悪質です。開園したばかりの園で配置するはずの保育士が足りず、既存の園も慢性的な保育士不足で今回の不正につながった」

保育園は、施設自体が足りなかったり保育士が不足していたりと、今でも問題はたくさんありますよね。

このグローバルキッズは、会社が不正の事実を知りながら組織的に隠ぺいしたとしてかなり悪質だと言われています。
不正に気付いていたんですね・・・。

今回の不祥事は、都内の各区が定期的に行う通常の「実地検査」で発覚しました。
しかも不正受給した金額が、返還による売上高への影響が2200万円になるとホームページで公表しています。

保育士不足と質の低下を防ぐため、このようなことを行ったのかもしれません。

不正受給の内容

不正受給の内容ですが、

・本社で働く保育士資格のある社員19人を本部関与の下、
保育園での勤務実態がないにもかかわらず保育園に在籍しているかのように、
名簿、出勤簿等を偽造したというものです。

こうすることによって、区からの運営費を水増しして受け取っていたというわけなんですね。

在籍園児数は合計で9360人と、このグローバルキッズはかなり大規模な保育園です。

これは保育士不足や労働環境などが問題となり、会社として経営を維持するために本社が指示をしたものと思われます。

不正とは別の理由で、2022年9月期の純利益は当初予想の8億円から赤字転落のマイナス3億8000万円となる見込みということなので、会社自体も維持が相当難しかったものと思います・・・。

水増しがあった保育園一覧

今回水増しがあった保育園ですが、

【認可保育園】
・グローバルキッズ飯田橋こども園(千代田区、2016年4月、17年7月~9月)、
・グローバルキッズ西落合保育園(新宿区、17年4月)、
・グローバルキッズ亀戸園(江東区16年4~5月、11月)、
・グローバルキッズ清澄白河園(江東区、19年7~12月)、
・グローバルキッズ大岡山園(目黒区、19年4月)、
・グローバルキッズ上池台園(大田区、19年4月)、
・グローバルキッズ大森西(大田区、16年4~5月)、
・グローバルキッズ西巣鴨園(豊島区、15年10月~16年1月)、
・グローバルキッズ椎名町園(豊島区、19年4月)、
・グローバルキッズ東池袋園(豊島区、19年5~6月)、
・グローバルキッズ千早園(豊島区、2019年4月~7月)

【認証保育園】
・グローバルキッズ大森山王こども園(大田区、19年9~10月)、
・グローバルキッズ上野毛(世田谷区、18年5月)、
・グローバルキッズ用賀園(世田谷区、15年5~9月、16年12月、17年11月、18年3月、18年4~5月)、
・グローバルキッズ中野新橋園(中野区、15年4~5月)、
・グローバルキッズ南長崎園(豊島区、15年6月~16年1月、16年2~3月)

これだけの園で不正があったということで、これは上からの指示で行われたのではと感じてしまいますよね。

引用:https://www.gkids.co.jp/news/news787.html

ホームページでも状況を報告していますが、一番は利用している方が不安に鳴ってしまいますよね。

今のところは通常に運営をしているようですが・・・。

中正雄一社長の顔画像や経歴学歴

このグローバルキッズの社長は、中正雄一社長です。

引用:https://www.gkids.co.jp/news/news478.html

名前・中正 雄一(なかしょう・ゆういち)
出身地・大阪府
年齢・49歳
学歴・1995年(平7年)明治大学政治経済学部卒業

1995年4月 株式会社神戸屋入社
2003年2月 有限会社エーワン入社
2006年1月 東京都認証保育所 六町駅前保育園開園(旧 株式会社ろく)
2006年5月 株式会社グローバルキッズ設立、株式会社グローバルキッズ 代表取締役就任

2012年2月 株式会社ろく 代表取締役就任
2015年10月 当社 代表取締役就任
2018年5月 一般社団法人グローバルキッズアカデミー 理事就任(現任)
2020年11月    株式会社グローバルキッズ 代表取締役社長就任

長年保育の現場で活躍されており、都内でこれだけ展開する保育園を経営されているということで、一目置かれていた存在でしたよね。

常に不足している保育園を運営していただけに、この報道にショックを受けた方も多いようです。

世間の反応

・保育士です。この系列園ではないですが、どこの園近いものがあるかと思います。氷山の一角にしか過ぎないです。人件費として保育士に当てられているはずのお金が違うものに当てられてる。理事長、その家族が事務員という名名前貸し、その給料という名目になっているなどというのは少なからずあるのでは?まぁ、それも必要経費と言われればそれまでですが。

・以前子供を預けていました。名前の上がっている園も知っており園長先生や他の先生方が現場で頑張ってくださっている姿を目の前で見てきましたし、色々と助けていただきました。あのしっかりした方が上の意向を受けてこのような事に関わらなければならなかったのかと思うと、心中を察して心が痛みます。現場の先生方は良い方ばかりでした。

・これは氷山の一角です。
保育、介護などは特に運営基準を満たす事、助成金の受給などを受ける為に名義貸しなどは横行しています。

・この問題とは、少し違うんですが…。
受け入れる子どもの人数が決まったのに
新学期までに保育士が見つからないという事が日本各地でおきていませんか??
でも受け入れを制限できないから、
やむを得ず隠蔽のような形になり、
あたかも人数がいるかのように見せかけて、
スタートしている園。

多くのコメントで、「氷山の一角」であると書かれていました。
他の保育園や介護施設などでも行われているようで、これはしっかりと調査をしなければならないと思います。

ですがその中で、保育士さんの環境や給与などの問題はなぜこれほどまでに解決しないのでしょうか?

まとめ

以上、グローバルキッズについて調べてみました。

これは氷山の一角と言われており、これから他の保育施設などに調査が入るかもしれませんね。

保育園の問題は本当に長年解決しないですよね。
保育園自体でこんな問題を起こしていたら、それは保育士不足や環境問題なども解決しないのではないかなと感じてしまいました。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.