スポーツ

岩瀬法樹(名電)はドラフト候補?身長や球速・中学小学時代の所属チームは?

投稿日:

2022年夏の甲子園が盛り上がっていますね。

そんな中、現在愛工大名電の岩瀬法樹選手がとても注目を浴びてるのです。
いったいどんな選手なのでしょうか?
詳しく調べてみました!

岩瀬法樹(名電)の身長とプロフィール

名前・岩瀬 法樹(いわせのりき)
出身地・愛知県名古屋市
身長・167 cm
体重・72 kg
投げ打ち:右投げ、右打ち

まず岩瀬法樹投手は、元中日のレジェンドである岩瀬仁紀さんの息子さんです。

息子さんだから注目されているのではなく、実力できちんと評価されているのです。

8/7に行われた星稜高校との試合では、9回2番手で登板。
初めての甲子園のマウンドで1イニングを無失点に抑えたことで、今話題になっています。

身長は167cmと少し小さめな印象もありますが、これからまだ伸びるかもしれませんね。

岩瀬法樹(名電)の中学・小学校時代の所属チームと成績

岩瀬法樹選手の出身小学校は「名古屋市立田代小学校」です。

小学校時代は「TMジュニア」というチームに所属し、9歳のときに友達がやっていたからという理由で野球を始めました!

その後「名古屋市立城山中学校」に進学。

中学時代は学校の軟式野球部に所属し、3年生の時にはエースとして活躍しました。

成績としては、愛知県中学選抜軟式野球交流大会で優勝。

それだけでなく、愛知県代表の「名古屋球悠」というチームにも所属。このチームは、名古屋・尾張の中学校軟式野球部の3年生によるクラブチームです。

中学時代には青森市選抜戦では2安打完封勝利を抑めるなど、中学時代から投手として大活躍されています!

岩瀬法樹(名電)はドラフト候補?球速は?

岩瀬法樹選手は現在、ドラフト候補と言われています。

ドラフト会議(https://www.draft-kaigi.jp/highschool/high-draftnews/67932/)というこちらのサイトでは、

夏の高校野球・愛知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

愛工大名電は有馬、山田投手の他にも中日で活躍した岩瀬氏の長男・岩瀬法樹投手が142キロを投げる右腕投手として、また栢工力輔投手も182cmから143キロの速球を投げる投手として控える。これらの投手陣をリードする2年生の秋葉奨太捕手の成長も期待される。

と評価されていますね。

岩瀬法樹選手ですが、最速144km/hのストレートを投げます。
お父様は左ピッチャーですが、 岩瀬法樹選手は右ピッチャーです。

父と同じくスライダーで大小の曲がり幅を使い分けていて、このまま甲子園で結果を出し続ければさらにドラフトの有力候補になるでしょう。

強豪の星稜高校にこれだけの点差で勝てるのも、すごいですね!

世間の反応

フォームが似ているということでも話題になっていますね!

まとめ

以上、岩瀬法樹選手について調べてみました。

息子さんということでも話題になり重圧もあるかもしれませんが、プレッシャーを跳ねのけてしっかり頑張ってほしいですね!

-スポーツ

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.