ニュース

名古屋高速バス炎上!事故原因やケガ人は?現地の状況動画・画像【あおい交通】

投稿日:

8月22日午前10時20分ごろ、名古屋市北区の名古屋高速で横転したバス1台と車1台が炎上する事故が発生しました。

この事故で2人の方が亡くなってしまったのですが、いったいなぜ事故は発生してしまったのでしょうか?

詳しく調べてみました!

事故報道の概要

事故の概要はこちらです。

名古屋高速でバスが横転、炎上し9人が死傷した事故で、バスは分離帯に衝突しその衝撃で横転したとみられることがわかりました。

警察などによりますと、22日午前10時20分ごろ、名古屋市北区の名古屋高速で横転したバス1台と車1台が炎上しました。この事故で2人が死亡し、うち1人は55歳のバスの運転手、もう1人は乗客だということです。また7人がけがをしましたが、命に別条はないということです。

その後の警察への取材で、バスは道路上の本線と出口を分ける分離帯に衝突したはずみで横転した後、後続の車が追突したとみられることがわかりました。

バスの運行会社によりますと、運転手に持病などはなく22日朝の時点でも体調に問題はなかったということで、警察は運転手が何らかの原因で事故を起こしたとみて、過失運転致死傷の疑いで捜査を進める方針です。

事故は22日午前10時20分ごろ、名古屋市北区の名古屋高速で起こりました。

バスが横転したことで、その後ろにいた車も炎上。
バスの運転手の方と乗客1名が亡くなり、7人もの方が怪我をしました。

かなりの勢いで炎上していたため、ニュースを見てとても驚きましたよね・・・。

事故があった場所はどこ?

事故が起きたのは、名古屋市北区の名古屋高速道路・豊山南出口付近であることがわかりました。

当時の動画や画像

では当時の動画や画像を見ていきましょう。

かなりの勢いで火が燃えていて、バスが横たわっているのが分かりますね。

かなり大きなバスに見えるのですが、どうやったらこれほどまでに横転したのか気になりますよね。

事故原因やケガ人は?

気になる事故原因ですが、今のところバスが道路上の本線と出口を分ける分離帯に衝突し、そのはずみで横転。

それから後続の車が追突し、炎上したと言われています。

亡くなった55歳の運転手の方は、特に持病などはなく当日も健康に問題はなかったとのこと。
なので運転手の方の体調が理由ではなさそうですよね。

となると、運転ミス?などがあってバスが不安定になり、分離帯に衝突してしまった、もしくは障害物などがありそれをよけようとしたなども考えられますね。

運転手の方と乗客1人が亡くなり、7人の方が怪我をされました。
けがをされた方は命に別条はないとのこと。

運転手の方が亡くなってしまったので、原因を突き止めるのは困難になってしまうかもしれませんね・・・。

バス会社はあおい交通

今回事故を起こしたバス会社は、「あおい交通」という会社です。

現在あおい交通のホームページは削除されており、見れなくなっていました。

あおい交通は愛知県小牧市に本社があるバス・タクシー会社で、1957年9月1日に会社設立。

代表取締役は松浦秀則さんです。

名古屋駅と名古屋県営空港を結ぶ唯一の路線バスということですが、過去何度か行政処分を受けた会社とのこと。

会社の評判もあまりよくなかったようで、「事故は起こるべくして起こった」という声も挙がっています。

以前から会社経営に問題があったんですね・・・。
今回の事故も、バスの未点検が原因だったということがないのを祈りたいです。

世間の反応

普段からあおい交通を利用している方が多く、なくなったら困るという声がありました。

ですが事故の原因をまずははっきりさせたいですよね。

まとめ

以上、名古屋高速のバス事故について調べてみました。

亡くなった方が出てしまい、本当に悲しいですね。これから国交省も入って事故の調査が行われます。原因が分かることを祈ります。

そして亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.