生活

炭酸水でダイエットができる?痩せる理由と方法は?

更新日:

夏場すっきりしたい時に役立ってくれるのが「炭酸水」ですが、実はダイエットも可能としています。

 

炭酸水ダイエットは、様々ある方法の中で比較的簡単にできるため、難しかったりきついダイエットが嫌な人におすすめできます。

 

そこで、炭酸水でなぜ痩せられるのかや方法についてご紹介します。

炭酸水はなぜ痩せる?

炭酸水は、水に炭酸が加えられただけの物なので、ダイエット効果なんて持っていないと思われがちです。

 

確かに、痩せる効果を持っている栄養が含まれているわけではありませんが、炭酸の働きがダイエットの効果を与えてくれます。

 

炭酸水を飲むと、お腹の中で炭酸ガスが発生し、胃がガスで膨らむようになります。

 

このガスの膨らみにより、満腹感が得られるようになるため、食事量を減らすことができます。

 

さらに、空腹時に少量でも炭酸水を飲むと、胃を膨らまして空腹感を減らすことができるため、空腹のストレスを軽減できます。

 

そして炭酸水には、血行を良くする働きもあります。

 

炭酸ガスが体内で発生すると、血中の酸素量が減るようになります。

 

血中の酸素量が減ると、多くの酸素を取り込もうとして血管を拡張させるようになり、血流が良くなります。

 

血流が良くなると、エネルギーの消費効率がアップされますので、今まで以上に脂肪燃焼しやすい体を手に入れることが可能です。

 

炭酸水は、食事量を減らし血流を良くする働きの力があるため、痩せる可能性があると考えられています。

 

炭酸水ダイエットのやり方は簡単

炭酸水ダイエットはさほど難しくなく、長く続けることを可能としている方法です。

 

方法は簡単で、食事前や食事中に炭酸水を飲んだり、どうしても空腹に耐えられない時に飲むようにするだけです。

 

それだけで良いため無理なくできる方法ですが、ただ、注意しなければいけないポイントがあります。

 

まず食事前に飲む炭酸水は、1日で多くても500mlにして、1回は多くても200mlにしましょう。

 

炭酸水の効果を得るためには少量ではダメですが、多く飲みすぎても効果が高くなるわけではないため、無理のない程度の量として多くても200mlがおすすめです。

 

もう一つの注意ポイントが、炭酸水をいつどのタイミングで飲むのかです。

 

十分な効果を得るためにも、炭酸水は食事の10分程度前で飲むことが重要です。

 

炭酸ガスが胃に充満していることが食事量を減らすためにも必要で、食事直前だとガスが不十分な場合もありますし、食事と飲む時間が広くなりすぎると、今度は食事時に発生する炭酸ガスが減り満腹感が得られない場合もあります。

 

十分効果を得るためにも、早すぎず遅すぎずが一番です。

 

炭酸水ダイエットは健康面に問題はないの?

炭酸水ダイエットで気になるのが、健康面に関してです。

 

炭酸飲料は飲みすぎてしまうと健康面に問題が発生すると言われているため、炭酸水も危ないのではないかと思う人が多いです。

 

実際のところどうなのかですが、全く健康に問題なしとは言えません。

 

炭酸水は、胃の中が酸性からアルカリ性に変わってしまうと言われています。

 

アルカリ性に変わると、鉄が吸収されにくくなってしまい、血液に含まれる鉄分も減ってしまいます。

 

鉄分が減ると貧血を起こしやすくなってしまうため、過剰の摂取は危険です。

 

また、炭酸の刺激が腸を刺激して活発にしてくれるのですが、刺激が強すぎてしまうと過剰に働くようになり、下痢は腹痛を起こすようになります。

 

炭酸水ダイエットをして腹痛や下痢、そして貧血を起こした場合は速やかにダイエットを中止して、状況により医師に相談しましょう。

 

まとめ

炭酸水は発生する炭酸ガスがダイエット効果を与えてくれます。

簡単な方法で忙しい人にもおすすめできる方法ですが、注意点を理解していないと痩せない可能性が高まりますし、健康面のトラブルも発生します。

 

注意すべきところは十分注意して炭酸水ダイエットを行いましょう。

-生活

Copyright© エンタメの世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.