ニュース

福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲で火災!火事当時の動画画像や原因は?目撃者やネットの反応も!

投稿日:

10月12日(月)、福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲の住宅で火災が発生しました。

出火当時、出火元である住宅からは大量の黒煙が立ち上がっていたようで、近隣住民から心配する声が相次ぎました。

 

今回は、福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲の住宅で発生した火災について、当時の状況や出火原因、被害情報などを詳しく調査していきましょう。

 

一体、火災になってしまった原因は何だったのでしょうか?

また、けが人がいないかとても心配なところです。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲で火事の概要、経緯

福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲の住宅で火災が発生したのは、近隣住民からの情報から推測しますと、13日のだいたい午前11時30分ごろかと思われます。

 

糟屋郡篠栗町大字尾仲714番の住宅からものすごい量の黒煙が立ち上がり、消防車が消火活動にあたりました。

 

現段階では家に人がいたのか、どのような状況だったのか、など詳細が明らかになっていないことが多いため、けが人がいるかどうかもわかっていません。

どうか住人がけがをすることなく無事であることを祈るばかりですが、最近は高齢者住宅での火災も増えているのでとても心配ですね・・・。

 

13日は北九州市でも大きな火災があったようなので、最近火事が多いなぁと感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

これからの時期は空気も乾燥しだし、寒くなってくるとストーブを使用する機会も増えてきます。つまり、ますます火災が多くなる時期なのです。

日頃から火の扱いには十分注意されているかと思いますが、これからの時期はより一層火の扱いには細心の注意を払いましょう。

福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲で火事の場所は?

今回、火災が発生したのは、福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲714です。

隣の家もすぐ近くにあるような住宅地で、火元の住宅の両隣にも住宅があります。

また、付近には居酒屋やコンビニ、児童館などがあります。

 

これだけ隣の住宅との距離が近いと、延焼も心配ですね。

現時点では延焼したとの情報はありませんが、延焼してしまってもおかしくない距離感ではあります。

 

ちなみに、よく延焼してしまうイメージがあるのは木造住宅です。

やっぱり木造住宅はどうしても燃えやすく、一度火がついてしまえばどんどんと炎が燃え広がり、隣接する住宅などにも燃え移ってしまうことは少なくありません。

 

火災は自分だけの問題ではなく、隣接住宅や近隣住民、また道路の交通規制が行われる場合もあるので想像している以上にたくさんの人に影響を及ぼしてしまいます。

なので、自分のためだけではなく、周囲の人に迷惑をかけないようにするためにも火の扱いには細心の注意を払わなければいけないと言えるでしょう。

福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲で火事の出火原因は?

今回の火災の出火原因については、明らかになっていません。

住宅での火災なので、主な出火原因は限られてきますが、煙の量がものすごく大量だったようなのでそこが気になる点です。

 

ちなみに、住宅火災で多い主な出火原因は、コンロ、タバコ、放火。

コンロは誰もが生活する上で使用しているものなので、使い慣れているが故に火災が発生してしまうことが多いです。

「少しくらいなら大丈夫だろう」と火元を離れて別のことをしているうちにうっかり忘れてしまったり、コンロのすぐそばに燃えやすい布巾やキッチンペーパーを置いていて引火してしまう、など。

 

また、タバコは人によっては全く無関係かとは思いますが、出火原因となることは非常に多いです。これもコンロと同様に“うっかり”が出火原因で、「きちんと火種を消したつもりだったけど消えていなかった」ということが多いのです。

 

最後に、放火。

自分と同じ人間が意図的に火を放つということを考えるだけでも恐ろしいですが、残念ながら放火はとても多いです。

特に管理されていないような空き家は狙われやすい傾向があります。

また人が住んでいる住宅でも、家の外に段ボールや新聞などの燃えやすいものを置いておくと、火をつけられてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

今回の火災の原因がどれに当てはまるのかはわかりませんが、他人事とは思わずにこれを機に改めて火元には注意して生活しましょう。

当時の状況動画画像は

被害情報は

被害情報については明らかになっていません。

どれくらい燃えてしまったのか、けが人がいないかなど心配ですね。

誰もけがをすることなく、無事であることを祈るばかりです。

目撃者のネット反応

まとめ

今回は、福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲の住宅で発生した火災についてまとめさせていただきました。

 

明らかになっていないことが多いのですが、とにかく住人の無事を祈るばかりです。

例年、秋から冬にかけては非常に火災が多くなる時期なので、くれぐれも火元には注意してくださいね。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.