邦画

映画「BOLT」ネタバレあらすじ、キャストは?見どころや結末は!

投稿日:

あの林海象監督の新作映画が7年ぶりに公開されるされることになりました!主演は盟友でもある、永瀬正敏さんです。制作から公開まで7年かかったという今作は原子力発電所を舞台に描かれています。そんな映画「BOLT」について今回はご紹介します!

 

映画「BOLT」とは

「私立探偵 濱マイク」「弥勒 MIROKU」など手掛けた林海象監督の新作映画です。「弥勒 MIROKU」から早7年、実は今作は2015年から2017年まで約2年かけて撮影されており、さらに「BOLT」「LIFE」「GOOD YEAR」の3つのエピソードでできています。東日本大震災の後、監督が福島第一原発の作業員の方の話を聞いて、ぜひ映画にしたいと思ったことがキッカケでした。この監督の思いを受けて、盟友である永瀬正敏さんが主演を務めます。公開が決定するより前にすでに「第22回上海国際映画祭」のパノラマ部門に招待されたり、「京都国際映画祭2019」にも招待され注目されていました。また、現代美術家のヤノベケンジさんが香川県・高松市美術館で公開された、近未来的な巨大セットで観客に公開しながら撮影されました。

映画「BOLT」の作品情報

公開日:2020年12月11日(金)

制作国:日本

配給:GACHINKO Film

上映時間:80分

公式のTwitter: https://mobile.twitter.com/bolt_kaizou

映画「BOLT」のキャスト、スタッフ

《キャスト》

永瀬正敏

佐野史郎

金山一彦

後藤ひろひと

テイ龍進

月船さらら

吉村界人

佐々木詩音

大西信満

堀内正美

佐藤浩市(声)

 

《スタッフ》

監督:林海象

脚本:林海象

プロデューサー:根岸吉太郎

美術:ヤノベケンジ/竹内公一/磯見俊裕

映画「BOLT」のあらすじ

ある日、日本のとある場所で大地震が発生します。その影響で原子量発電所のボルトが緩み、冷却水が漏れ始めてしまいます。この冷却水を止める方法は、ボルトを締めるしかありません。主人公は仲間とこのボルトを締めに行くのですが、このことがきっかけで主人公の人生は翻弄されていくのです・・。

映画「BOLT」のネタバレ、結末や見どころは?

監督である林海象さんが手掛けた脚本で、原作もありませんのでわかっていません。内容や結末はぜひ映画館で確かめてみてくださいね!

 

見どころは、現代美術家のヤノベケンジさんが提供したという巨大セットが圧巻です! そして、3つのエピソードで観客を釘付けにふること間違いなしです。

映画「BOLT」の口コミ、評判は?

これヤノベケンジさんのセットで<br>大王が俳優として出てるから<br>観たいのに!!!!!<br>観るチャンスが少なすぎる

これヤノベケンジさんのセットで
大王が俳優として出てるから
観たいのに!!!!!
観るチャンスが少なすぎる
12月に林海象監督と永瀬正敏さんの映画BOLTが公開されるんだよ。この2人の作品は絶対最強だと思う。DVD版の濱マイクはまだ買ってないけど。
『BOLT』札幌でやらないのかなあ…
林海象の作品、映画館で観たことないから観たい

まとめ

いかがでしたでしょうか?!映画「BOLT」は待ちに待った林海象監督の新作映画ですから、とにかく公開してほしい!の一言に尽きますね。原子量発電所は東日本大震災の時に毎日ニュースになっていたので、みなさんの記憶に残っていると思います。考えさせられるテーマですので、ぜひ公開されたら映画館に足を運んでご覧になってみてください!!

-邦画

Copyright© エンタメの世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.