ニュース

【動画アリ】京都大学が着物女性を縛る様子を生配信で炎上!何がいけないの?ありえないと賛否多数!

投稿日:

京都大学の文化研究科の教授が、縄で着物の女性を縛る様子を「アート」として生配信したところ、炎上する騒ぎとなりました。

 

Youtubeの生配信をしていたようなのですが、いったいなぜ炎上してしまったのでしょうか。

詳しく調べてみました!

 

京都大学が着物女性の緊縛動画を生配信

京都大学で、アートとして着物女性を縛る動画を生配信したところ炎上してしまいました。

京都大学で10月開かれた、縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウムで、着物姿の女性を縛る様子を実演し、動画をインターネットで配信していましたが、大学は内容に不快感を示す意見が寄せられたことから、公開を取りやめました。

10月24日に京都市左京区の京都大学で開かれたシンポジウムは、縄で人を縛る「緊縛」をアートとして紹介しようと京都大学文学研究科の教授が企画したもので、学生などおよそ80人が出席しました。

会場は文学部の講義室が使われ、この中で男性が実際に着物姿のモデルの女性を縛るなど、およそ30分にわたって実演が行われました。

シンポジウムの様子は、動画投稿サイト「YouTube」で配信され、海外で話題になるなどして、50万件以上のアクセスがありました。

一方で、この動画を見た人から「女性を軽視している」とか「これは学問なのか」など不快感を示す意見が寄せられ、京都大学は11月5日、動画の公開を停止したということです。

京都大学のシンポジウムで「緊縛」をアートとして紹介したんですね。

 

その様子は講演だけでなくYoutubeでも生配信され、なんと海外でも話題になるほどだったとか。

 

一方で見た方からは不快な意見が寄せられたため、現在は動画は公開されていません。

大学側が謝罪する事態にまで発展し、さらに注目を浴びる結果となっています。

 

50万件以上のアクセスが集まるのはかなりすごいことですよね・・・。

いわゆるバズり動画となったわけですが、結局謝罪することになってしまいました。

動画は削除され大学側が謝罪

現在はすでに動画が削除され、大学は謝罪コメントを発表しています。

京都大学のコメント

「大学の研究成果はできるだけ社会に還元すべきと考えているが、今回の動画の一部について不愉快に感じた方には申し訳なく思います。今後は適切な配慮を行う」

 

京都大学文学研究科の教授のコメント

「“緊縛”が現在、国内外で現代アートの新潮流として注目を集めている現状を踏まえ、新たな動向に光を当てることが今回のシンポジウムの意図でした。意見を寄せられた方以外にも不快感を持たれた方々がおられた可能性がありますので、お詫びの文書をホームページに掲載させて頂きました」

私は今初めて知ったのですが、「緊縛」が現代アートの新潮流として注目されていたんですね。

 

アートと言えば何でも芸術になってしまう気もするのですが、人が不快に思うことは配信すべきではない、といったところでしょうか。

この線引きはとても難しいですね。

閲覧注意!問題の動画は?

では問題となった動画がまだ見られるのか調べてみました。

公式の動画は削除されていますが、まだ別チャンネルでアップされていました。

閲覧注意となりますので、ご注意くださいね。

 

見たところ、これをアートと言ってしまえばもうなんでもありなのかなと感じてしまいました・・・。

これは不快に思う方が多いと思います。

 

ですが「緊縛」にも歴史があり、アートとして注目されているならばこうしたシンポジウムが行われるのも当然なのかもしれません。

 

生配信で流すのには逆に注意が必要だったのではないでしょうか。

賛否の声

こちらの動画についてはかなり賛否の声が集まっています。

肯定の声

京大の緊縛の件、絶対に謝っても取り下げてもいけなかったよ。文化としての緊縛の研究なんて京大でやらなきゃどこでやるんだよ。ああ勿体無い
京大は裸婦画や春画もフェミに「不快です」「これが芸術なんですか」「傷つきました」って言われたら謝って廃棄すんのか?
芸術の研究やめろや
京大のニュースさすがすぎる。緊縛動画を芸術の一環として全世界に配信して問題になるとかいっつも攻めの姿勢でびっくりさせられる。
京大のシンポで緊縛動画が「不快だ」と引っ込めさせられた話を見てると、学術会議事案の5000000000倍れっきとした「学問の自由」マターでは?という気持ちになってくるな…

 

否定の声

京大の緊縛動画の件やっと把握したが、本来閉じた空間で行われるものを一般に流したらああいう抗議が来ることくらい予想できるしそれに備えた構えを作っておくべきなのは当然なのに「これもアートなんですよ、しかも京大で」というアピール欲だけ先走っておりあいトリ2019から何も学んでないんだなと。
みていたけど、あまりに無防備に緊縛を公開してしまったのではないかという印象。そりゃ驚くし、批判されますよ。
 

京大の緊縛の件はそれこそ学問の自由と多様性の問題なんじゃないのって感じ。
もうちょっとキモの座った大学だと思ってた。
京都大 ちょっと考えようぜ。
アートだろうが学問だろうが、それがすべての人に受け入れられるかは別。全世界への発信は時期尚早では?知人で学んでた人いたけど、どうしても拷問やSMプレイを連想する人のほうが多い。しかも着物の女性である必要がわからん。

 

さまざまな意見が出ていますね。

 

もちろん学問の自由は保証されていますし、緊縛自体がいけないとか研究してはいけないということは誰も言っていません。

 

それを全世界に公開したときにどうなるかまで考えて、訴え方を見極めておく必要があったのかなと感じます。

まとめ

以上、京都大学が着物女性を縛る動画を公開した件について調べてみました。

 

恐らくシンポジウムのみで発表していたらここまで炎上することはなかったですよね。

誰しもがYoutubeで見ることができたから起こったことではないでしょうか。

 

それもこれもこの情勢が原因ですが、今後同じようなことは別の分野でも起こりそうですよね。

 

発信の仕方や世間の意見をどこまで取り入れるか、難しい問題が出てきたなという印象です。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.