ニュース

溜席の妖精の正体は誰?マスクなし画像は!品のある姿が話題!後援会の人

投稿日:

最近話題になっている大相撲初場所に姿を現した「溜席の妖精」。

今年の大相撲初場所は初日から白鵬や鶴龍などの横綱をはじめ、関取16人が休場という異常事態で開催されました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策による観客がまばらの状況で、溜席の同じ位置に背筋をピンと伸ばした美しい女性の姿が…!

 

今回は、大相撲初場所に毎日いた“溜席の妖精”の正体について、マスクなしの画像なども踏まえて詳しく調査していきましょう。

 

上品さが溢れる洋服を身に纏い、マスクをしていても美人だと確信できるほどのオーラを放っているので、「モデル?」という声も多いようです。

 

観客が少ないからこそこれほど話題になっているのですが、たとえ客席が埋まっていても話題になっていた可能性は極めて高いでしょう。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

関連記事

溜席の妖精のバッグや洋服の値段は?想像通り高額で一体何者?

大相撲初場所に毎日いた溜席の妖精が話題!

“ 白鵬、鶴竜の両横綱をはじめ、初日から関取16人が休場という異常事態で始まった大相撲初場所。10日目には綱取り場所だった大関・貴景勝まで左足首のケガで休場し、相撲協会は終盤の取組編成に苦労した。大関・正代と前頭・大栄翔と正代の優勝争いは千秋楽までもつれる展開になったとはいえ、見せ場は極めて少ない土俵になってしまった。そんな中、「土俵の外」で話題を集めていたのが、NHKの大相撲中継で向正面の東花道脇(テレビ画面では左上隅)に映り込む、背筋をピンと伸ばした女性だった。”

異例となった大相撲初場所で話題になったのは、土俵の外にいた一人の女性。

白やピンクのワンピース、フレアトップス、プリーツスカートなど大人の女性らしさが漂う日替わりのファッションで溜席の同じ位置に座っていました。

 

ネット上では「毎日同じ場所で観戦している姿勢の良いマスクの女性は誰?」「溜席のワンピースの正座女性」と注目を集め、“溜席の妖精”という呼び名もつきました。

 

相撲ファンの方はすでにご存知かと思いますが、彼女が座っている溜席というのは、今場所は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のためネットやプレイガイドでは売り出されていない席なのです。

 

つまり、茶屋の常連客や親方が優先的に使える席に彼女は15日間座り続けていたということです。

 

一体、“溜席の妖精”の正体は…?

溜席の妖精は誰?

ネット上では、「有名歌手Kの知人モデル」「大物タニマチTが持っている席だ」などの具体的な書き込みもあります。

また、「貴景勝の後援会のメンバーでは?」という噂もありましたが、貴景勝の休場後も変わらずに姿を現したのでその噂は”デマ”と判明。

 

場内警備を担当する若手親方も「いろんな知り合いから聞かれるけど、俺もわからないんだ。親方衆の間でも話題になっているんだけどね」とのこと。

親方たちの間でも誰も“溜席の妖精”の正体がわからないというのもまた、さらにネットで話題になる理由でしょう。

 

報道陣が彼女に近づき、話を伺おうとしてみたところ「私は一般人なので…」と答えたようです。

さらに「どちらかの部屋の後援会の方でしょうか?」という問いかけには「私ではなく家族ですね」と答えたようです。

 

その後の協会関係者の取材から明らかになったのは“二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さん”ということ。

 

彼女が言うように本当に一般人のようなので、名前や年齢などの彼女個人に関する詳しい情報は出回っていません。

謎が多いからこそ、さらに深くしりたくなってしまいますし、より魅力的に感じますね!

溜席の妖精のマスクなし画像は?

“溜席の妖精”と呼ばれる女性のマスクなしの画像が出回っています。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=IaVrDBsz3Og

確かに同じような髪型と服装なので、本人であるようにも思えます。

ただ、これが本当に彼女なのかどうかは現実で特定することはできません。

いつどの瞬間でも姿勢が良く、清潔感溢れるファッションも魅力的ですね!

「モデルなのでは?」と噂されるのも納得ですし、観客が少ない状況でこんなに美しい女性がいると余計に目立つのも理解できます。

 

テレビにも映りやすい席だというのは彼女自身も理解していたはず。

しかし、まさかこんな風にネット上で話題になり、“溜席の妖精”という呼び名さえもつくほど注目されるなんて予想はしていなかったのでしょう。

世間の反応

大相撲中継に映り込む「溜席の妖精」に騒然「私は一般人なので…」。NHKの大相撲中継に映り込む女性客について、NEWSポストセブンが伝えた。毎回、清楚系のコーデで目立ち、ネットでは「溜席の妖精」と呼ばれている。メディアの直撃に「私は一般人なので」と答え、家族が後援会の人物と語った

 

我が家でも、背筋ピーンなこのワンピースの女性が毎日話題になってた

今日もいらっしゃるかしら

 

溜席の妖精も一旦見納めかな。 あの正座で美女の姿がまた見たい。 でもこの方大阪にも来る説あるやん

 

11月場所、千秋楽のお姿。 鞄はルイヴィトン スピーディー 30 溜席の妖精 をして、 お嬢さま お姫さまと云うのでしょう。神々しいお姿です。 3月も国技館で相撲が開催すると嬉しいなぁ。

ブランドの高級バッグを持っているので、お金はある方なのでしょう。

「もう見られなくなってしまうかも」「大阪にも来ないかな?」などと彼女の姿をまた見られる日が来ることを楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

ただ、こんなに話題になってしまっているので、一般人の彼女からすると少し負担になってしまっているかもしれませんね・・・。

まとめ

今回は、大相撲初場所に現れた“溜席の妖精”の正体についてまとめさせていただきました。

 

結果的に、二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さんということが判明しました。

あまり詮索し過ぎると彼女の負担になってしまい、今後姿を現しづらくなってしまう可能性も・・・。

また彼女を見たいという方はそっと見守ってあげるのがベストかもしれませんね!

関連記事

溜席の妖精のバッグや洋服の値段は?想像通り高額で一体何者?

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.