ニュース

【競輪】成清龍之介選手の死因+経歴や家族は?練習中トラックに衝突!

投稿日:

とても悲しいニュースが入ってきました。

競輪選手の成清龍之介さん(21)が亡くなったとの事です。

競輪界にデビューしたのはまだ昨年の2020年3月なので1年経っていないですが、お父様も競輪選手で将来有望な選手として期待されていました。イケメン選手としても話題でした。

まだ21歳の若さでいったい何があったのでしょうか。

 

成清龍之介選手が練習中トラックに衝突

千葉県袖ケ浦市中袖の市道で24日午前10時20分ごろ、自転車に乗って練習中だった競輪選手の成清龍之介さん(21)=市原市=が路肩に停車していた中型トラックにぶつかり、病院に搬送されたが頭部外傷で死亡した。木更津署によると、現場は片側2車線の見通しのよい直線道路。同選手はヘルメットをかぶり仲間とともにトレーニング走行中だった。

(画像・記事引用元:Yahooニュース

練習中の事故だったようですね。

2021年2月24日はお天気も悪くなく、少し風は強かったですがなにが原因で中型トラックにぶつかってしまったのでしょうか。

事故のあった場所はどこ?

事故があった場所は、千葉県袖ケ浦市中袖の市道で沿岸の工場地帯を通る片側2車線の見通しのよい直線道路ということです。

事故現場の特定はできませんでした。

成清龍之介選手の死因は?

成清龍之介選手の死因は頭部の外傷とみられています。

 

成清選手はヘルメットを着用して自転車で走行中でしたが、路肩に停車していた中型トラックにぶつかってしまいました。

右後方に仲間が運転する自動車を伴走させながらトレーニングのために走行していたということですが、もしかしたら何らかの事情で右後方の仲間を振り返ってしまい、路肩に停車していたトラックに気づかなかったのかもしれません。

 

ヘルメットを着用していたのに亡くなるほどの強さでぶつかったのだと思うと、トレーニングではあってもかなりスピードを出して走っていたのでしょうか。

トップ選手レベルの速さゆえに衝撃が強かったという可能性もあります。

成清龍之介選手のプロフィール経歴

(画像引用元:http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=015435

■プロフィール

氏名:成清 龍之介(ナリキヨ リュウノスケ)

出身:千葉県

生年月日:1999年10月18日(享年21歳)

星座:天秤座

血液型:B型

身長:179.0cm

体重:77.6kg

胸囲:92.5cm

太股:61.5cm

背筋力:169.0kg

ニックネーム:なり

好きな食べ物:オムライス

嫌いな食べ物:かぼちゃ

中学校スポーツ歴:野球

高校スポーツ歴:野球

 

■経歴

デビュー:2020年5月15日広島(117期生)

初勝利:2020年07月13日四日市

初優勝:2020年7月15日四日市

通算成績

出走数:22

優勝:2

1着:10

2着:3

3着:3

着外:5

棄権:1

失格:0

 

2021年は病気や負傷により欠場しており、レースには出場していないようでした。

成清龍之介選手の家族

成清龍之介選手の家族や親族には有名な競輪選手がいます。

■父親

(画像引用元:http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=012813

氏名:成清貴之(なりきよたかゆき)

生年月日:1973年12月17日(47歳)

競輪選手:73期

 

■叔父

(画像引用元:http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=014083

氏名:成清 謙二郎(ナリキヨ ケンジロウ)

生年月日:1983年11月21日(37歳)

競輪選手:90期

 

成清龍之介選手のプロフィールを見ると、師匠の欄にはお父様ではなく叔父様の成清謙二郎選手の名前がありました。

世間の反応

成清龍之介選手の訃報に対する世間の反応がこちらです。

住所をググってみると片側2車線(一方通行)見通しの良い市道ならトレーニング中っていうのもあっておそらく中袖臨海通りってところかな。

こういう直線で信号も無く車の通りがあまりないコースは各地でトレーニングによく使われる。停車中に突っ込むっていうのは普通に考えて前方不注意かメカトラブルや操作ミス、または一緒に走行していた人と接触からの事故。現場がそこなら駐停車は可能だしトラックに落ち度は全く無いな。

この選手のウィキを見ると最高速度時速69.7kmで成績も素晴らしい。残念なことだが公道でこういうのは危険だわ。

 

まじか…現場はフラワーライン?

停車中のトラックに突っ込むって脇見?

相手が人だったら両方危ないわな…

いずれにせよご冥福をお祈りいたします。

 

成清貴之選手の息子が、停車中のトラックに衝突して亡くなった。

これからだっていうのに…でも公道で死ぬほどスピード出てたのは危険すぎる。

 

協会が練習施設作ってれば起きなかった事故。

道路は練習場所じゃないから、自転車って速度違反の取り締まりの対象じゃ無いのかな。

原付より速い自転車いっぱいいるよ。

こんな事故で命落とすの勿体無いよ。

自転車は結構スピードが出るので確かに危険が多いですね。

練習場所がきちんとあれば・・・と思ってしまいます。

このような事故で犠牲にならないためにも、なにか競輪界で策を考えてくれるといいのですが。

まとめ

自転車はとても危険な乗り物です。大きさは小さいですが、歩行者と同じくらい無防備なのにスピードが出ています。

大人も子供も自転車に乗りますが、自分の安全も人の安全も守りながら走らなければなりません。

スマホを操作しながらの運転なんてもってのほかですが、最近はイヤホンをしながら走るので音が聞こえない人が多いと思います。

自転車を運転する際には安全に気を付けて、被害者にも加害者にもならないように走行しましょう。

成清龍之介選手のご冥福をお祈りいたします。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.