ニュース

【炎上】Koki帯踏み動画が物議!ヴァレンティノ広告の意図(意味)は?

更新日:

モデルのKokiさんといえば知らない人はいない有名な芸能人を両親に持つ美しい女性ですね。

木村拓哉さんと工藤静香さんの娘として注目を集めましたが、その容姿と実力で今は確実に日本を代表するモデルとなっています。

そのKokiさんをモデルとして起用したイタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の広告について、ツイッターで炎上しています。

いったい何があったのでしょうか?

 

Koki炎上!帯踏み広告が物議!

「ヴァレンティノ」がKokiさんをモデルとして起用したことには何も問題はありませんが、日本人のKokiさんが着物の帯の上に座ったり、ハイヒールを履いて帯の上を歩いたりしている姿に「日本を侮辱していない?」といった批判がでているのです。

着物の帯を踏みながら歩いたり、帯を岩に乗せてその上に座ったり…。モデルのKoki,さん(18)を起用したこんな内容のイタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の広告に、ツイッター上で批判が相次いで、広告の写真や動画が削除された。

 

 帯の扱いが酷く、日本文化に敬意がない、という指摘が多い。ヴァレンティノジャパンは2021年3月30日17時ごろの時点で、「こちらに関しましては、確認を進めているところです」と答えた。

参考にした映画『草迷宮』には、帯を敷いた道を行くシーンもあるが…

 春らしい白のミニドレスを着て、ピンク色のハンドバッグを左肩に下げたKoki,さんが、物憂い表情でポーズを取る。雅楽のようなBGMがかかり、ハイヒールの下には、色鮮やかな着物の帯があった。

 帯は、オブジェのある庭園の坂のようなところに敷かれ、Koki,さんは、途中で振り向いてポーズを取りながら、帯の道を登っていく。

 こんな30秒間の動画は、ヴァレンティノの日本語版公式サイトに、2021年3月中旬にアップされた。

 さらに、ヴァレンティノのツイッターやインスタグラムでも、同様の構図の写真が投稿され、動画のポーズ場面などのほか、岩に乗せた帯の上にKoki,さんが座っているものもあった。

(記事引用元:Yahooニュース

なにも言われずに見たら気づかなかったかもしれませんが、確かに帯の上でKokiさんがポーズを取っています。

スタイルの良さと脚の長さに目がいってしまい足元まで見ていませんでした。ハイヒールの下には赤い帯がありますね。

白と赤の帯が長く敷いてありますが、ここをKokiさんが歩いたということです。

 

これについて

「帯を何だと思っているんだろう」

「帯作りに携わる人の気持ち踏みにじってる」

「文化的なものに対して敬意がない」

 

といった意見が多くツイートされ、さらには

「洋服来た女性が着物の帯を靴で踏んだらダメ」

「ヴァレンティノの商品を同じように扱われたら嫌な気持ちになるでしょ」

と日本を差別しているかのような意見までも出て炎上したのです。

批判炎上で動画は削除?

この多くの批判にたいしてヴァレンティノジャパンは2021年3月30日17時ごろの時点で、「こちらに関しましては、確認を進めているところです」と答えましたが、Kokiさんが帯の上を歩く姿はすでに削除され、ヴァレンティノの公式サイトに掲載されていた画像も今は削除されていました。

 

これが「侮辱していた」とか「敬意がなかった」と認めたとはされていませんが、これだけ問題になると削除せざるを得なかったのでしょう。

Kokiの帯踏み動画

ですがどんなに元の動画や画像を削除しても、いったん出たものは出回ってしまうのです。

Kokiさんが帯を踏みながら歩いた動画はこちらです。

公式サイトに乗っていた画像もしっかり見ることができますね。

 

これ以外にも帯の上に座っている姿などもしっかりとツイートされています。

帯踏み写真を撮ったカメラマンは?

Kokiさんをモデルとして起用したのはヴァレンティノですが、この写真を撮ったカメラマンは「Fish Zhang」さんという中国人カメラマンです。

Fish Zhangさんのインスタを見ると多くの日本人を撮っているようですがなんとも個性的な写真が多いです。

https://www.instagram.com/p/CMehm1uj0gM/?utm_source=ig_web_copy_link

Kokiさんの写真もアップされていますね。

 

私が見る限りではファッションっぽいものよりもなんだかよく理解できない写真が多いような気がしますが、高級ブランドから依頼されるカメラマンなので腕がいいのでしょう。

帯踏み広告の意図(意味)は?

批判の多い帯踏み広告ですが、これにはある意図があったそうです。

これらの広告は、多様な価値を意味する「DI.VA(ディーヴァ)」キャンペーンの一環で、ブランドの顔に選ばれたKoki,さんがPR役に抜てきされた。公式サイトによると、泉鏡花の同名小説を元にした故・寺山修司監督の映画『草迷宮』にインスピレーションを受けたとし、映画では、実際に帯を敷いた道を登場人物が行くシーンも出てくる。ヴァレンティノの公式サイトでは、「クリエイティブなミックスを通じてラディカルな姿勢を表現するコレクション」だと説明されていた。

(記事引用元:Yahooニュース

『草迷宮』(くさめいきゅう)という映画にインスピレーションを受けたということですが、その映画をしらなかったので調べてみました。

実は三上博史さんのデビュー作の映画だそうです!

(画像引用元:映画com. https://eiga.com/movie/36068/

そしてインスピレーションを受けたとされるシーンはおそらくこちらのシーンだと思います。

Youtubeで確認しましたがこのシーンの動画はなく、ですが内容的には年齢制限があるほどかなりえぐい感じの物でした。

なんとなくカメラマンのインスタにアップされていた画像から連想できるような感じの画像がたくさんありました。

 

「クリエイティブなミックスを通じてラディカルな姿勢を表現するコレクション」というには、今の日本では放送が禁止されるような映画に影響を受けたのだなという気がします。

きっとハイセンスで感覚が一般人とは違うものを持っているのでしょう。

世間の声

この帯の上での画像について、世間の反応がこちらです。

 

嫌悪感。帯のよさが全く表現されておらず下品な扱いをされている。この写真のどこが素敵なのか…

帯を繕った方が知らずに、ヒールで踏まれて歩かれたり座られたりしてるの見たら、色々な意味で衝撃すぎるでしょう。

 

やっぱり不快かな。

ハイヒールで帯踏んだら、帯は使い物にならなくなるもんね。

畳にハイヒールと同じ気持ちになる。

使い捨てじゃないのに、使い捨てにするつもりだから踏むんだよね?と。

映画にあるからいいだろじゃなくて、土足は汚いと思うし(ハイヒールが新品で綺麗だとしても)勿体ない事やってるなと思うからやっぱり不快。

また、日本人モデルに踏ませるってのもね。

kokiさんも抵抗無かったのかな。

あったとしたら可哀想だったよね、コレ。

 

和装姿の女性にヴァレンティノのワンピースで作った道の上を歩いてもらいましょう。

どんな意図のある広告であれ、踏んでいいわけない。

そもそも同じ服飾業界なのに身に纏うものへの敬意が全く感じられない。

 

これは侮辱ではなく『無知』と文化的背景の違いなんでしょう。

欧米では、室内も靴を履いているし、テーブルなどにも平気でお尻を下ろす。

彼らには、八百万の物に神様が宿るとか言う考えはない。

だから、人が丹精込めて作ったものも『物体』としてしか見ない。

日本人のもつ『見えないものへの礼節』みたいなのが分からないのよ。

踏んではいけないもの、足を使ってはいけないもの、投げてはいけないもの、そういう行儀と言うものを知らない。

日本文化を扱うなら、しっかり勉強し直してからにしなさい。

まとめ

レッドカーペットと同じ感覚だったのか、あるいはシルクロードのような言葉の意味だけを取ったのか・・・どう考えてもやはり日本人から見たら「これが芸術?」と思う人がたくさんいると思います。

でもこの広告を「素敵」と感じる人がいるのかもしれません。日本人ならば帯は身に着ける物と知っていますが、海外の方には美しいカーペットとして見えるのかもしれないですね。

でもファッションブランドの方なら知らなかったはずはないのでは?とも思ってしまいます。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.