ニュース

【厚労省】飛び降り未遂の40代官僚(職員)A氏は誰?名前や動機理由は?

投稿日:

2021年3月22日、厚生労働省が入るビルの8階から職員が飛び降り未遂をしていたことが分かりました!

 

厚労省といえば送別会を夜遅くまで開いたことが問題視されていますが、それ以上に大変なことが起こっていたんですね・・・。

 

いったこの職員A氏は誰なのか、その理由についても詳しく調べてみました!

 

厚労省で40代ノンキャリア職員が飛び降り未遂

厚労省に勤める40代の職員が飛び降り未遂を図っていたことが分かりました。

3月24日に、職員23人が深夜まで送別会を開いていた問題が明るみに出た厚労省。その2日前の3月22日、厚労省が入るビルの8階で同省の職員が窓を破壊し、飛び降り自殺を図っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

厚労省が入る中央合同庁舎5号館で自殺を図ったのは、40代のノンキャリア職員・A氏。主に年金関連の仕事に従事していた。

 別の部署への異動の内示を受けたA氏は3月22日の未明、同僚らに対し、〈本当にお世話になりました〉などと挨拶のメールを送信した。

 その直後、準備していたハンマーで窓を叩き割り、飛び降り自殺を図ろうとしたのだ。

自殺を図ろうとしていたものの、思いとどまり転落することはなかったとのこと。

しかし窓ガラスで負傷してしまい、全身は血だらけ。

 

そのまま佇んでおり、早朝に出勤してきた職員によって救急車が呼ばれすぐに手術を受け、命は無事だったということです。

 

現在厚労省では事実関係を確認しているということで、A氏が自殺をしようとしたのかどうか真意が気になるところですね。

A氏の所属部署は?

このA氏が所属している部署は、主に年金関連の仕事に従事していたということです。

 

そして3月いっぱいで別の部署への異動の内示を受けていたA氏は、自殺未遂を図る前に同僚たちに「お世話になりました」というメールを送っています。

 

年金に関わる仕事で調べてみたのですが、こちらの表の年金局というところかな?と予測できます。

https://www.mhlw.go.jp/wp/publish/pdf/p04.pdf

飛び降りを図ったA氏は誰?名前は?

A氏の名前も調べてみたのですが、こちらは公表されていませんでした。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000668289.pdf

厚労省は役職についている方はこのように人事が発表されています。

 

しかしA氏はノンキャリアということなので恐らくこちらに載る役職には就いていないものと思われます。

飛び降りを図った動機、理由は?

飛び降りを図った動機や理由が一番気になるところですよね・・・。

 

公表されていないためあくまで推測になりますが、

 

・仕事上の悩みがあった

・異動したくなかった

・プライベートで悩みがあった

 

こういったところでしょうか。

 

ですが厚労省内で自殺を図ろうとしたのであれば、仕事が原因の可能性が高いですよね。

 

命は取り留めていますので、詳しい理由がとても気になります。

世間の反応

・よく思い留まりましたね。一人で悩んで発作的に行動に走ってしまったのでしょう。

でも例え亡くなったとしても、それで終わりにはならない。人生どんなに辛いことがあっても命だけは、落とさないようにしないと、自身も悔いが残るだろうし、家族が哀しむだけ。しっかりと地に足つけて踏ん張って頂きたいと思います。

 

・生きいて本当に良かったですよ。

自死で楽になれるのだったら、この世はそんな人だらけになっていても、おかしくないですから…。

出来れば、苦しめた人間を告発して闘って貰いたいものですが…どうしても精神的にきつければ、今の仕事を辞職してでも環境をガラッと変えましょう。

人はそれぞれの命を、最後まで生ききる事が、先ず大事だと思います。

 

・中央官庁の自殺ですか?

前にもありましたね。

指導するべき官庁が、ブラック化では!

政治もブラック安倍がいました。

政治も中央官庁もブラックでは、

将来も真っ暗闇です。

 

・職場で自殺未遂ということは、相当の怨念がありますね。生きててよかったですね。ただ、冷静に考えてください。厚生労働省だけが、あなたの職場ではないですよ。日本には、職業選択の自由があります。苦しかったら、やめるのも選択です。死ぬことはありません。

本当に命があってよかったです。

厚労省もしっかり調査をしているということですが、このようにマスコミが報じたので真実を発表してほしいですね。

まとめ

以上、厚労省で飛び降り未遂をした40代のA氏について調べてみました。

 

どこの職場や仕事も大変なことがありますが、本当に思いとどまってくれてよかったです。

 

現状を何とか変えていくことはできるはずですので、別の方法で周りを変えていってほしいです。

そして厚労省もしっかりと調査をしてほしいですね・・・。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.