エンタメ

【熱愛】中村橋之助と能條愛未の馴れ初めは?噂の元芸妓Mとは破局か?二股疑惑も!

投稿日:

元アイドルの三田寛子さん。人気のある元気で明るいタレントさんでしたが、歌舞伎俳優・中村芝翫さんと結婚し梨園の妻、そして母として頑張っている様子がたびたび見られます。

その三田寛子さんと中村芝翫さんの長男で“歌舞伎界のプリンス”中村橋之助さんに熱愛報道が!

普通の熱愛だったらむしろ祝福すべき話なのですが、なんと二股疑惑が・・・

 

中村橋之助と能條愛未が熱愛!

熱愛報道され、熱愛画像がスクープされたのは“歌舞伎界のプリンス”中村橋之助さんと「乃木坂46」元メンバー・能條愛未さん。仲睦ましい姿がスクープされたのですが、実は中村橋之助さんは京都・祇園の元ナンバーワン芸妓のMさんとも熱愛報道されたばかりなのです。

“女遊びは芸の肥やし”と叩き込んだ父はいま、何を思うのか――。歌舞伎俳優・中村芝翫(55)と三田寛子(55)の長男で“歌舞伎界のプリンス”中村橋之助(25)と「乃木坂46」元メンバー・能條愛未(26)の熱愛が8日発売の週刊誌「女性セブン」で発覚した。初々しいカップル誕生か…と思いきや同誌は“二股交際”と報道。今年1月には父・芝翫の4年ぶり2回目の不倫が報じられたばかりで、名門一家が崩壊の危機に瀕している。

(記事引用元:Yanooニュース)

(画像引用元:NEWポストセブン

画像は2021年3月下旬、4月23日から始まる舞台「サンソン―ルイ16世の首を刎ねた男―」の稽古を終えたあと合流し、焼き肉店で食事した後に手を絡ませ、能條愛未さんの家に向かう様子を撮られた物です。

 

翌日、その家から稽古に向かった橋之助さんは稽古後にまたしても能條さんの自宅に“帰宅”し、なんと4連泊したということです!

 

25歳と26歳の美男美女カップルにしか見えませんよね。とても仲のいい様子が伝わってくる画像です。

4連泊するほどの仲なのですからこれは完全に恋人同士でしょう。

何がこれほど世間を騒がせているのでしょうか・・・

中村橋之助と能條愛未の馴れ初めは?

中村橋之助さんと能條愛未さんの出会いは2021年1月に大阪・梅田芸術劇場で上演されたミュージカル「ポーの一族」で共演したことです。

不老不死の少年エドガーと少年アランの友情を描く不朽の名作では橋之助さんが医師クリフォードを、能條さんがその婚約者ジェインを演じました。

お互い大の宝塚ファンという共通点もあり、急接近して深い仲になったということです。

中村橋之助が二股疑惑も!

橋之助さんと能條さんは2ショット写真をお互いのインスタグラムで公開しあったり、公演中もずっと仲がよかったので舞台関係者はこのように話しています。

 

『ポーの一族』は宝塚公演をベースとしたミュージカルでふたりとも最初からテンションが高く、しかも役どころが婚約相手のため一緒に稽古する時間が多かった。すぐに『あみちゃん』『くにちゃん』と呼び合い、打ち解けるのに時間はかかりませんでした」

 

ところが「まさかつきあっているとは思わなかった」という発言が・・・

 

「確かに公演中はずっと一緒にいたので、周囲も『あのふたりは気が合うみたいだね』と話していたけど、友人だと思っていた。だって国生くんには、結婚を約束した恋人がいたはずですから……」

 

結婚を約束した恋人が?!

じつは橋之助さんは2020年の元旦に「「成駒屋」のプリンス・中村橋之助が結婚へ」と報じられていたのです。

お相手は京都・祇園の元ナンバーワン芸妓のMさんで、結婚を見据えた真剣交際であると報じられました。

 

橋之助さんとMさんは2016年頃からつきあっていたようです。

2019年夏にMさんは芸妓を引退すると都内に引っ越しましたが、その際は『橋之助さんとの結婚準備だよ』とささやかれていたそうです。

 

「夫の芝翫さんが過去に芸妓と不倫騒動を起こしたこともあり、最初こそ三田さんは橋之助さんとMさんの結婚に反対していたようです。しかしMさんは歴史ある祇園で芸妓のトップに立つ人間的な魅力だけでなく、実は親戚に歌舞伎俳優がいて、家柄的にも申し分なかった。それを知った三田さんが徐々にMさんを認めるようになり、『2人は近い将来ゴールインするんだろう』と多くの関係者が思っていたんです」と梨園関係者の方も話していました。

 

お付き合いを初めて5年目になる2021年春、はたして橋之助さんにとっての「本気」はどちらの女性なのでしょうか?

中村橋之助と元芸妓Mは破局したのか?

やはり気になるのは橋之助さんと元芸妓のMさんとの今の関係です。

Mさんとは破局して能條さんと真剣交際をしているのでしょうか?

 

以下は女性セブンの記者が2021年4月5日、能條さんの自宅近くで手をつないで仲よく歩く橋之助さんと能條さんを直撃した内容です。

──能條さんと交際されているのでしょうか。

橋之助「……すみません、事務所に確認してもらえますか」

──手をつないでデートしたり、お泊まりもされて仲がいいように見えますが。

橋之助「そ、それは……」

能條「真剣に交際をさせていただいております。おつきあいしてくださって素直にうれしいです」

──Mさんと結婚する予定が立ち消えになったそうで。

橋之助「いえいえ、ぼく自身も役者として勉強中なので、父と母のようになれるまでは、まだまだ結婚は考えてもいないので」

──Mさんとは別れた?

橋之助「それもプライベートなことなので……」

──Mさんと能條さん、同時に2人と仲がよかった時期はある?

橋之助「……それはないです」

(記事引用元:Yahooニュース)

はっきりと交際していると答える能條さんに対して橋之助さんの返答が曖昧に思えるのですが。

最後の「同時に2人と仲がよかった時期があるか?」の質問に対して「……それはないです」と答えたことが本当だとするとMさんとは破局したということになります。

 

文章の書き方を見るとインタビューした記者ははっきりと「それはないです」と感じたのではないような書かれ方ですよね。

本当の橋之助さんの気持ちはどうなのでしょうか?

Mさんとは破局して現在は能條さんと真剣交際しているととらえられるのでしょうか?

 

“女遊びは芸の肥やし”と父に教えられ育った橋之助さんの”本気”と”遊び”の違いは橋之助さん本人にしかわからないでしょう。

世間の反応

中村橋之助さんと能條愛未さんの熱愛報道について、世間の反応がこちらです。

妻が直向き、気丈に頑張っても旦那が特別イケメンでもないのに流行らないゲスネタばかり。ゲスネタが芸の肥やしにもなっておらず、全く本業で魅せられないのではダメダメ。子供も利口でそんなダメ父を反面教師にくらいしないと、大成は絶対無い!三田寛子に罪は無いが、努力は報われないねー残念。

 

親父の背中を見て育ったんだよ。昔は芸の肥やしと言って黙認されていたが世界に歌舞伎を発信するなら、それは時代遅れもいいところ。歌舞伎は裏方さんへの扱い・報酬と役者の華やかな生活の差がひどすぎる。相撲といい歌舞伎といい日本国の文化として衰退必至ですね。

 

芸のためなら女房も泣かすって歌?あるけど、人を泣かせないと身に付かない芸って何?という感じなのだが。泣かせないと役になりきれないなら「演じる」ということじゃないよね。実体験を役に生かすことはあるだろうが、実体験がないと「演じる」ことが出来ないなら「役者」は引退すべきじゃない?

 

当人たちが納得しているんだったらいいけど(愛人たちも納得したお手当等もらってたり、奥様は遊びだと割り切っている)、まあ時代には合わないからバッシングは浴びてしまうだろうね。でもそろそろ芸人のお遊びに対する考え方も変わった方がいいとは思う。奥様を一途に愛している方がかっこいいから。

まとめ

時代は変わっているのに風習にとらわれ過ぎて勘違いされているのではないか?と私も感じます。男女平等の今の世の中で”男遊びは芸の肥やし”と言われることはありません。そもそも遊びで実力ってつくのでしょうか?真剣な経験をするからこそその気持ちがわかり血となり肉となって人として成長するものなのではないでしょうか。

梨園の世界でもみんながみんな同じではないのですから、どう生きるべきかを学ぶべき人は親ではなくてもたくさんいらっしゃると思います。

中村橋之助さんがこれからどんな歌舞伎役者になるのか見守りましょう。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.