ニュース

小池知事の「GW中の旅行延期して」に都民怒りの声!納得いかない!聖火リレーや五輪はやるのになぜ?

投稿日:

小池百合子都知事は9日夜、政府が新型コロナウイルス対策として都を「まん延防止等重点措置(重点措置)」の適用対象としたことを受け、記者会見しました。

その中で、「GW中の旅行は延期して」と発言したことに、都民は怒りの声を挙げています。

聖火リレーや五輪はやるのに、なぜなのか?!調べました。

 

小池知事の会見に都民が怒り

小池百合子都知事は9日夜、政府が新型コロナウイルス対策として都を「まん延防止等重点措置(重点措置)」の適用対象としたことを受け、記者会見しました。

西村康稔(やすとし)経済再生担当相は同日の会見で、首都圏の1都3県の中で東京都を措置の対象地域とした理由の1つとして「変異株の割合が上がっている」ことに触れました。

小池知事も「感染力の強い変異株、これを拡大させないために3つ(のポイントがある)」と述べています。

小池知事は「東京の医療を守る、そして何よりも都民の命を守る、そのためにはこれまで以上に徹底した取り組みが必要になる。都民事業者の協力を賜りたい」と主張しました。

変異ウイルスを拡大させないために、中でも「最も重要」と強調したのが「徹底した人流の抑制」でした。

小池知事は、「他の道府県との往来の抑制。都県境を越える外出は自粛をお願いします。特に、感染力の強い変異株で感染が拡大している大都市圏との往来はお控えください。ゴールデンウィーク中の旅行も、すみません、延期してください。」と都民に向けて人流抑制策を訴えました。

この会見に対して都民からは、「納得いかない!」「五輪や聖火リレーはやるのに、なぜ旅行だけ自粛させるのか?!」と、怒りの声が多数あがっています。

国民の生活を散々我慢させておきながら、世界中から選手が集まるオリンピックはやろうとしているのですから、政府の対策は矛盾だらけです…。

国民はこの一年間、散々自粛し、我慢する生活を送ってきました。

我慢の限界が来ている中、またゴールデンウィークも自粛を求められたのですから、怒りの声が挙がるのも無理ありません。

コロナウイルスを封じ込めるためには、国民にお願いするだけでなく、オリンピックも中止にすべきではないでしょうか…。

小池知事記者会見の内容

9日の小池都知事の記者会見内容(全文)がこちらです。↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1724b3bc4c34991607151d957c8ee30a7889685

https://news.yahoo.co.jp/articles/49e32b37334f98b7917a7b7684e12d3dcc42b93e

やはり、大きな対策もなく、とにかく国民にお願いする、我慢してほしい、自粛してほしいというだけの会見でした…。

お願いレベルだけで、コロナウイルスに勝つことはできないのではないでしょうか。

3つの対策とは?

小池知事は「感染力の強い変異株、これを拡大させないために3つ(のポイントがある)」と述べました。

その3つの対策がこちらです。↓

1:徹底した人流の抑制

2:徹底したあらゆる場面のリスクの抑え込み

3:徹底した医療提供体制などの整備

中でも「最も重要」と強調したのが「徹底した人流の抑制」でした。

小池知事は、「他の道府県との往来の抑制。都県境を越える外出は自粛をお願いします。特に、感染力の強い変異株で感染が拡大している大都市圏との往来はお控えください。ゴールデンウィーク中の旅行も、すみません、延期してください。都内においても外出は買い物など、必要最小限なものにしてください。高齢者、学生の皆さん、昼のカラオケも楽しみかもしれませんが、これも控えてください。ちょうど新入生を迎えての歓迎会の季節。これもなしでお願いします。最近路上での飲み会がみられますが、こちらもなしでお願いします」と都民に向けて人流抑制策を訴えました。

人の流れを止めなければ、コロナが拡大することは、国民もわかっています。

しかし、いつまで我慢すればいいのでしょうか。

言葉を変えながら政策を色々だすだけでは、もう無理なのではないでしょうか…。

世間の怒りの変え多数!

世間の怒りの声をまとめました。↓

まあ、多くの仕事を持つ人にとっては「何時に?」って話でしょうけど、仕方ありませんね。でも、この一年間、まともな対策を全く打たずに、多くの犠牲者と、経済的ダメージを長引かせた、行政側の人間として、深い反省とお詫びの言葉が必要では。

時間はあったにもかかわらず、これまでまともな政策がでていないことに、怒りを感じている人が多いようです。

確かにそうですよね…。

どこにも行けないのなら、ゴールデンウィーク自体も延期してほしいものです。

『都知事 GW中の旅行延期して』 同じこと思う人はきっと多いだろうけど 「延期って、いつに?」 永遠に 「リバウンドがー!」 「再拡大するからー!」 ってその度にいってくるんだろうね 永遠に

もう繰り返しですよね…。

一体いつになったら楽しく旅行に行けるようになるのでしょうか…。

政府に不信感を抱いている人が増えています。

まずは政治家が、国民の手本となるような姿を見せてほしいものです。

都知事のGWの旅行延期しての発言に関して、電車の中にいた子が一言! だったらお前らもオリンピック延期しろ、オリンピックの為にこっちが犠牲になるのはおかしいよねって。 ちょっとなっとくしてしまった。

オリンピックが延期できれば一番いいのですが、次の開催国も決まっていますし、延期することはむずかしいのでしょうね…。

聖火リレーを強行しているにもかかわらず、国民に我慢を強いていることが、政府の最大の矛盾といえるでしょう。

我々にそこまで言うなら、オリンピック中止という対価で示すべきでは? ここまで叩かれてなおオリンピックを強行するというのは、数々の批判を消し飛ばせるほどの利権があったりするのでは?と思ってしまう。

やはりオリンピック開催に反対している声が圧倒的に多いように感じます。

選手の人はかわいそうですが、オリンピックを開催したらコロナが再拡大するのは目に見えていますよね…。

聖火リレーや五輪はなぜ中止にしない

世界中から選手が集まる五輪。

コロナウイルスを封じ込めるためには、五輪や聖火リレーを中止したほうがいいということは、小学生でもわかるような簡単な問題なのです。

では、なぜコロナウイルス感染拡大の恐れがあるにもかかわらず、五輪を中止にしないのでしょうか。

それは、中止にする事で、莫大な利益を得られなくなると同時に、莫大な投資が全部無駄になってしまうからでないでしょうか。

また、それを追及される側に、既得権益側がなります。

別の視点で言えば、東京オリンピックをコロナに勝ったという証にしたいのだと思います。

そんなこと出来る状態にはないと思いますが…。

オリンピックは、スポーツと平和の祭典というイメージが先行していますが、実は違います。

それは建前であり、実際問題として、利権まみれのドス黒い闇であり、さらには、ズバリ政治利用されるイベントです。

政府はなんとしてでも、五輪を開催したいのでしょう…。

まとめ

小池知事の「GW中の旅行延期して」という記者会見に、都民が怒りの声をあげていることについてまとめました。

政府の矛盾した政策に、国民はもうついていけません。

もうとっくに国民の我慢の限界はきています。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.