エンタメ

野崎幸助の元嫁:須藤早貴の顔画像/家族や学歴(高校)経歴は?ドンファンとの馴れ初めも!

投稿日:

2018年5月〝紀州のドン・ファン〟と呼ばれた野崎幸助さん(当時77歳)が覚せい剤中毒で死亡してから約3年後の2021年4月28日、元妻の須藤早貴容疑者(25)が殺人の疑いで逮捕されました。

55歳も年下の妻と結婚してからたった3か月で亡くなった野崎幸助さん。当初から財産目当てで殺したのではないかと疑われはしたものの逮捕までには至っておらず、3年後になって急展開したのです。

元妻の須藤早貴容疑者とはいったいどんな女性なのでしょうか。

野崎幸助の元嫁須藤早貴が逮捕される

資産家・野崎幸助氏が、急性覚醒剤中毒で変死したのは2018年5月24日夜のことでした。

77歳という年齢から心臓発作などの突然死も疑われましたが、司法解剖の結果野崎氏の体内から大量の覚せい剤が検出されたのです。

注射痕もないことから日常的に接種していた可能性はなく、これだけ大量の覚せい剤を鼻から接種することも不可能なので口から接種したのではないかとのことで、「殺人事件」として長い年月をかけて地道に捜査が行われたいたようです。

3年前”紀州のドン・ファン”こと、資産家の野崎幸助さん(当時77)が死亡した事件で、元妻の須藤早貴容疑者(25)が殺人などの疑いで逮捕された。

須藤容疑者は事件前、SNSを通して覚せい剤の密売人と接触したとみられることが分かった。

フジテレビが独自入手した野崎さんの告別式当日の映像には、喪服姿で足を組んで座る須藤容疑者の姿が。時には薄い笑みを浮かべ、時にはあくびも…

野崎さんの死から約3年が経過しようとした4月28日、事件は急展開を迎えた。

(記事引用元:FNNプライムオンライン

映像を見る限り、当時妻だった須藤早貴容疑者は夫の死に悲しむこともなく、普段通りの態度だったように見えます。

報道陣に対してもなんとも横柄な態度ですよね。自分が犯人ではないからむかついていたのかもしれないですが、須藤容疑者が覚せい剤の密売人と接触していることが明らかになり殺人容疑で逮捕された今、いったいどのような心境でいるのでしょうか。

須藤早貴の顔画像や家族は?

須藤早貴容疑者の顔画像はニュース動画でも出ていました。

これがまだ野崎氏が生きていた頃2人で撮った写真です。

(画像引用元:Yahooニュース

新婚当時の2人の姿は55歳離れた少し違和感のある夫婦に見えます。

冷静に見ても、歳の離れた夫婦というより「おじいちゃんと孫」にしか見えないのは私だけでしょうか。

 

それでも恋愛に歳の差は関係ありませんから、どんなに歳が離れていても2人が幸せならいいんですけど、「月100万円の小遣い」を条件に結婚したとのこと。

野崎氏はなぜそんなに結婚したかったのでしょうか?その時点でお金が目当てだとわかっていたのに、月に100万円払ってでもそばにいてほしかったのですね。

(画像引用元:文春オンライン

須藤早貴容疑者の家族構成は、両親と3歳年上の姉と2歳年下の弟の5人家族でした。

・父親

・母親

・姉

・本人(工藤容疑者)

・弟

 

北海道札幌市出身で、実家は裕福だったようです。

工藤容疑者本人は父親が開業医と言っていたそうですがそれは嘘で父親は会社員だったようです。

ですが実家は3階建ての”豪邸”で、同じ敷地内には祖母の家も建っていたといいますからかなり大きな敷地だったのですね。北海道ですから土地は広そうですね。

須藤早貴の学歴、経歴

須藤早貴容疑者の学歴や経歴がこちらです。

■学歴

・中学

・高校(高校名は特定できませんでしたが所在地は北海道札幌市)

・札幌ベルエポック美容専門学校(㏋:https://www.sapporo.belle.ac.jp/

 

■経歴

専門学校を卒業後は上京して働いていましたが、定職はなかったようです。

働いていたと言われている職業がこちらです。

・六本木のデートクラブ

・セクシービデオ出演

美容に興味がとてもあるようで、自分の容姿にも自信を持っていたのでしょう。

まさに体を張ってお金を稼いでいた女性だったのですね。

 

野崎氏との結婚は体を張らなくてもお金がもらえるという目的だったのでしょうか。

紀州のドンファン(野崎幸助)との馴れ初めは?

須藤早貴容疑者と紀州のドンファンこと野崎幸助氏はどうやって知り合ったのでしょうか?

 

須藤容疑者は東京に住んでいて、野崎幸助氏は和歌山に住んでいました。

ただ野崎氏は豪快なお金の使い方をする人で「散髪のためだけに東京へ行っていた」と話す友人もいるほどです。

 

2018年に出版した自伝を見ると、こんなことが書いてありました。

 

”17年秋に羽田空港で転んだのを助けてもらったことをきっかけに付き合いが始まり、東京や京都、和歌山でのデートを繰り返した。プロポーズの言葉は「ボクの最後の女性になってくれませんか」だった。”

おそらくこれが須藤早貴容疑者との出会いではないかと思われます。

 

お金に執着のある須藤容疑者も、きっとこの時は転んだお年寄りを助ける自然の優しさがでたのでしょう。それに野崎氏は恋に落ちてしまったのですね。

世間の反応

3年経って夫殺しの罪で逮捕された野崎幸助氏の元嫁、須藤早貴容疑者に対する世間の反応がこちらです。

25歳の女性が70歳以上の男性と結婚する事じたいほぼあり得ない。

男性が資産家で謎の死。どう考えても…

まぁ最初からほぼ全ての人が分かっていた事。

ようやくか…って感じやろ。

 

動機は完全にあったしな。

爺さんは世話をしないこの女に離婚すると周りに言いふらしていた。

離婚されたら金が手に入らない。

そりゃ殺意満々でしょうとも。

 

気の毒だとは思うが、若いお嫁さんをお金で買ったようなもんだから驚いている人は少ないかも

引き合いに出すのは大変失礼だが、こんなのを見ると加藤茶さんが長く幸せそうで本当によかったと思う。

逆の意味で裏切ってくれた奥さんは素晴らしい。

 

美人なのかな。当初から妖怪にしか見えない。

金のために結婚、別に人それぞれやしありやと思う。

男の人に求めるもの、そらが優しさや見た目なんて人それぞれ。

でもそのためにその人の命を奪う権利まではない

歳の差婚も自由です。どんなに歳の差があっても本当にお互いを想う気持ちがあれば幸せでしょう。

結婚期間が長くても短くても、愛する人に出会えたこと、そばにいられる時間があったことは幸せなことですが、果たして野崎氏と須藤容疑者は幸せを感じていたのでしょうか。

まとめ

須藤早貴容疑者のことを調べようとすればするほど、本心のわからない女性としか思えませんでした。

お金にさえ不自由しなければ心はどうでもいいのでしょうか。それとも野崎氏とは一緒にいたくないけどお金は欲しいから殺害という手段をとったのでしょうか。

貧しい家庭に育ったわけでもなく、家庭環境にも恵まれていたように思います。自分の将来を夢見たことはなかったのかと思ってしまいます。体を張ったり、人のお金をもらおうとしたりするために上京したのか…

まだ犯人とも確定はしていませんが、謎の多い女性なのかあまりにも単純すぎるのかつかめないです。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.