ニュース 生活

林璃菜子の経歴や小学校中学高校は?顔画像や両親はどんな人?勉強方法がスゴい!

投稿日:

17歳の林璃菜子さんが、飛び級で京都大学に合格したことが分かりました!

高校2年生のときに京都大学に合格し、しかも医学部!

相当頭がいいことが分かりますね。

 

そこで林璃菜子の経歴や小学校中学高校、ご両親や勉強方法まで詳しく調べてみました!

林璃菜子さんが京都大学飛び級合格

17歳の林璃菜子さんが、京都大学に飛び級で合格しました。

林璃菜子さん(17)は今春、京都大学医学部医学科に飛び級で入学した。

 国際化学オリンピック日本代表としてメダルを獲得するなど、数々の大会で優秀な成績を収めてきたが、飛び級合格は予想外だったという。「ノーベル賞受賞者が多く、医学の研究が強いイメージ」だった京大で、研究医になることをめざす。

これまでも林璃菜子さんは「賢すぎる」ということでさまざまなメディアに取り上げられてきました。

 

それが今回、飛び級で京都大学、しかも医学部に合格したということで本当にすごさが伝わりますよね。

京都大学飛び級合格の条件は?

ですがそもそも日本に飛び級という制度が存在するのでしょうか。

海外のイメージがあったのですが・・・。

 

実は京都大学は、2016年から医学部医学科において高校2年生からの「飛び級」を設けていました。

 

これにおける条件は、

高等学校又は中等教育学校を令和3年3月卒業見込みの者

・国内の国際バカロレア認定校(DP)を令和2年4月から令和3年3月までに卒業又は卒業見込みの者

・国際科学オリンピック(数学、物理、化学、生物)日本代表として世界大会に出場した者で、高等学校又は中等教育学校を令和4年3月卒業見込みの者

・国際科学オリンピック(数学、物理、化学、生物)日本代表として世界大会に出場した者で、国内の国際バカロレア認定校(DP)を令和3年4月から令和4年3月までに卒業見込みの者

・文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を令和2年4月から令和3年3月までに修了又は修了見込みの者

こちらを元に飛び級を認めており、林璃菜子さんは初めての合格者ということになります。

 

そもそも京都大学医学部医学科では、研究者育成に学部6年では足りないことが以前から問題となっていました。

京大にトップクラスで入る人たちは、高校の3年生の時点で全ての勉強を終えており時間を持て余している方が多いことから、飛び級制度を設けたそうなんです。

林璃菜子さんの勉強方法は?

そんな林璃菜子さん、実は塾には通っていません。

本当に頭のいい方って、塾には行かずに勉強しているイメージがありますよね。

 

さらに「集中力が続く限り机に向かう」ようにして、勉強をされているそうなんです。

やはり普通の方とは集中力のレベルが違うのでしょう。

 

化学が得意で、 これまでも素晴らしい経歴をお持ちです。

林璃菜子さんの顔画像、経歴

林璃菜子さんの顔画像はこちらです。

愛知県名古屋市の出身で、こちらのアカウントでTwitterもやられています。

そして林璃菜子さんのこれまでの経歴が本当にすごいです。

Twitterに詳しく掲載されていました

・数学甲子園2017年準優勝(2018年、2019本選出場)

・国際地理オリンピック日本委員会(JGeO)2018本選出場、2021年銀賞

・ESO’2019年,’2000年本選出場

・JChO2019年銀賞

・国際化学オリンピック(IChO)2020年 トルコ国旗銀銀メダル

・数学オリンピック 国内大会(JMO)2020本選出場

・全国物理コンテスト 物理チャレンジ!(JPhO)2020年銅賞

・国際物理オリンピック(IPhO)2021年代表候補

・国際生物学オリンピック(JBO)2020年本戦出場

・数理の翼໒꒱ 40th

・ELCAS2020

・英検1級

もはやすごすぎて何が何だか分からないのですが、国際生物学オリンピックは1カ国につき4人までしか出られないので、それに出ただけでも本当にすごいことなんですよね。

林璃菜子さんの小学中学高校はどこ?

ではこれまでどんな学校に通ってきたのか気になりますよね。

 

調べてみると、

 

南山高等・中学校女子部に通っていたようで、偏差値は「68」とさすがです。

 

県内の進学校で東大や京大に行かれる方も多い学校です。

ちなみに小学校までは分かりませんでしたが、もし地元の小学校に通っていたとしたらかなりのトップクラスだったでしょう。

さすがの成績です・・・!

林璃菜子さんの両親はどんな人

きっと林璃菜子さんのご両親も頭がよくて、遺伝でこれだけ優秀なんだろうな~と感じますよね。

 

しかしご両親の情報は見つかりませんでした。

 

林璃菜子さんは塾には通っていなかったそうですが、私立の南山高等・中学校に通っていたために学費は結構かかったと思います。

 

ですのである程度経済力があり、しっかりと娘さんを育てられてきたんだろうな~と思います。

世間の反応

・真の天才型の方だと思えてきます。こういう人の支援を文部科学省はどんどんすべきです。

 

・塾に行けないから学力がつかない、なんていうのはそもそもおかしな話。

優秀な子には塾は必要ない。自分で勉強するから。

 

・受験として勉強してるんではなくて、ホントに好きで勉強してるんだろうな。

だから受験勉強も苦痛ではなくて、楽しんで勉強してるんだろうな。

 

・子どもが中学受験の頃、上位常連、中高でも模試上位で名前を観たことのあるお子さんですね。

医学の道に、飛び級で進学したと…

医学の発展のために貢献してもらいたいですね。

本当に驚きですよね。

 

そして勉強が好きで、することに苦がないんだと思います。

地元ではかなり有名な方だったようで、納得の声が挙がっていました。

まとめ

以上、林璃菜子さんについて調べてみました。

 

これほどまでに素晴らしい学力をお持ちで、これからが本当に楽しみですよね。

ぜひ日本を代表する医学者になってほしいところです!

-ニュース, 生活

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.