ニュース

国会内女性トイレ盗撮した経産省職員は誰?その手口は?

投稿日:

今年4月、国会議事堂の中にある女性用トイレで、利用者が盗撮された事件で、経済産業省の男性職員が、盗撮を認めていることがわかりました。

男性職員は誰なのか、その手口などについて調べました!

 

国会トイレ盗撮の概要

今年4月、国会で起きた盗撮問題で、経済産業省の男性職員が盗撮を認めていることがわかりました。

経済産業省の関係者によりますと、盗撮を認めているのは経産省に勤務するノンキャリアの男性職員です。

今年4月、国権の最高機関で起きた盗撮事件。

盗撮の現場となったのは、本会議場すぐ近くの、衆議院本館2階の女子トイレ。

衆議院などによりますと、今年4月23日の夕方、女性職員がトイレを使用中、扉の上部からスマートフォンのようなモノで撮影されたといいます。

それに気づき、声をあげたという女性。

直後、盗撮したとみられる人物は、その場から逃走したということです。

その後、衆議院では女性用のトイレの警備体制を強化していました。

そして、およそ2か月たった25日。

経産省の男性職員が盗撮を認めていることが明らかになったのです。

衆議院は25日、「政府職員が犯行を認めたことが判明しましたので、当該職員の院内への立ち入りを認めないことといたしました」と、書面でコメントを発表。

この事件をめぐっては、警視庁が捜査を続けているということです。

経産省は現在捜査中であり、状況が解明されるのを待って対応したいとしています。

国会という場でまさかの盗撮が行われるなんて…。

信じられませんし、許せません。

警察には徹底的に取り調べを行っていただき、容疑者を厳しく処罰していただきたいと思います。

盗撮されたトイレはどこ?

今回盗撮が行われたのは、国会本会議場すぐ近くの、衆議院本館2階の女子トイレでした。

国権の最高機関で盗撮事件が起こるなんて…。

衆議院の場所がこちらです。↓

衆議院二階女子トイレ

〒100-8960 東京都千代田区永田町1丁目7−1

トイレ盗撮の手口は?

今回の盗撮の手口はどのようなものだったのでしょうか。盗撮があったのは通常国会開会中の4月23日夕方。

女性は本館2階のトイレで被害に遭いました。

経産省職員は隣の個室から盗撮していたようです。

女性トイレに侵入し、隣に誰か入ってくるのを待ち構えていたなんて、想像しただけでも恐怖です。

女性もさぞかし驚いたでしょうし、ショックは大きかったと思います。

容疑者は、女性に気づかれると、現場から逃走していました。

その後、警視庁麹町署が実況見分し、女性は被害届を提出していました。

この容疑者は、余罪がある可能性も高いでしょう。

このような手口で、これまでにも犯行を繰り返していたかもしれません。

警察には余罪についても徹底的に調べていただきたいと思います。

盗撮した経産省職員は誰?

今回の容疑者については、今のところ本名は明かされていません。

分かっているのは、国会関係施設に出入りできる通行証を持った経済産業省の職員ということだけです。

彼は、ノンキャリアだったこともわかっています。

このような犯行をする男というのは、再犯の可能性もありますし、実名で報道してもらいたいものです。

今後ネットなどで、この容疑者が誰なのか、特定作業が行われるかもしれませんので、注目したいと思います。

世間の反応

世間の反応をまとめました!↓

キャリア職員2人がコロナ給付金詐欺で逮捕された経済産業省ですが、今度は盗撮が発覚しました

経済産業省はいったいどうなっているのでしょうか…。

職員への教育を改めてしなおしたほうがいいのではないでしょうか。

これは、大変な事態です。

信じられん…先程ニュースになってた国会内の女性用トイレの盗撮も経産省職員だったし、経済産業省は採用からコンプラ研修まで、全面的に見直してくれ。これ、想像以上にとんでも無いことだぞ。

信じられない!コンプライアンスはどうなっているんだ!そんな怒りの声もたくさんあがっていました。

はぁ?国会内女性トイレで盗撮したのは、経産省職員だった?…これ女性国会議員狙ってたんじゃないの? しかも「国会への立ち入りを禁止」って何?なんで逮捕じゃないの?

なぜ逮捕されないのか?そんな声も多数上がっていました。

国会への出入りを禁止するなんて、そんなの当たり前ですよね…。

経産省で不祥事連発”

① キャリア官僚2人を逮捕 →「ウソの申請を行い、国の家賃支援給付金を騙し取った疑い」

② 経産省の職員が国会内の女子トイレで盗撮(四月) →「犯行を認める」

むちゃくちゃだよ、この国は

国会でこんなことが起きるなんて、日本は一体どうなっているのでしょうか。

こんなニュースを聞くと、怒りを通り越して、悲しくなってしまいますね…。

こんなことでは、日本はだめになってしまうでしょう。

まとめ

今回は、国会で起きた盗撮事件についてまとめました。

国権の最高機関でまさか盗撮が起きるなんて…。

信じられませんし、許せません。

経済産業省では、不祥事が続いています。

これは大変遺憾なことです。

二度とこのような事件が起きないよう、経済産業省には、再発防止策の徹底と、職員へのコンプライアンス教育を強化していただきたいと思います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.