ニュース

山内伸彦 顔画像・facebookは?少年院職員が少年とみだらな行為でどんな処分?

投稿日:

性的な趣向は人それぞれで、それ自体は自由なのですが相手によっては犯罪となることがあることは誰もが知っていると思います。

特に多いのは幼い子供が好みだったり、若い人が好みだったりするいわゆる「未成年」が好きな場合です。

少年院の職員が男子高校生にみ○○な行為をして逮捕されました。

山内伸彦が起こした事件の概要

未成年に対するみ○○な行為での犯罪はたくさんあります。

おそらく報道されない方が多いのではないでしょうか。

職業が公人だった場合には、残念ながら名前まできちんと報道されることが多いです。

福岡市西区のホテルで先月、SNSで知り合った市内の高校に通う当時17歳の少年とみだらな行為をしたとして、福岡少年院に勤務する47歳の男が逮捕されました。

警察によりますと、福岡少年院に勤務する山内伸彦容疑者(47)は、先月2日、福岡市西区のホテルで、市内の高校に通う17歳の少年が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑いがもたれています。

(記事引用元:Yahooニュース)

逮捕された山内伸彦容疑者は福岡市南区にある福岡少年院の法務教官でした。47歳で法務教官というとエリートのようです。それでも自分の性的欲求を我慢することができなかったのですね。

こればかりは職業で我慢するものではないのかもしれませんが、はやり立場というものがあり、少年院で法務教官をしている大人が未成年にみ○○な行為をしたら世間は放っておきません。

山内伸彦の犯行動機は?

山内伸彦容疑者が17歳の男子高校生にみ○○な行為をした犯行動機は、

 

「性的な欲求を満たしたかった」

ということでした。

きっとまだ若い男の子ともいうべき年齢が性的対象だったのでしょう。

 

男子高校生がSNSに「男の人と会いたい」というような主旨の遊ぶ相手を募る投稿を投稿したことがきっかけで知り合ったようです。

ただ金銭のやり取りがなかったということですから、男子高校生も同性の人が好きだったのかもしれません。

 

それでもやはり18歳未満の未成年を相手にみ○○な行為をしたら犯罪になってしまうことぐらいは、山内容疑者もわかっていたはずです。

山内伸彦の顔画像やfacebookは?

山内伸彦容疑者の顔画像については公開されていません。

このような場合は顔画像が公開されないことが多いですね。

犯罪であることに変わりはありませんが、同意の上での行為であることからでしょうか。

 

Facebookで氏名を検索してみましたが、山内容疑者と断定できるものは見つかりませんでした。

山内伸彦の処分は?

山内伸彦容疑者の処分についてはまだ決定していないようです。

 

福岡少年院の渡辺玲子院長は「誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、対処する」とコメントしています。

 

だいたいどの仕事であっても、上からはこの発言が多いですね。

事実関係が確認でき次第ということですので、本人からの話を聞いてからの処分決定になるのでしょう。

 

こういった犯罪の場合、やはり自主退職とか解雇となるのでしょうか。

犯罪は犯罪なのですが、それで仕事をなくしてしまうほど厳しい処分ではなくても・・・と少し同情してしまうところがあります。

暴力を振るったわけでもなく、脅したわけでもなく、分け隔てなく未成年にみ○○な行為をしていたとも思えないからです。

 

それでもやはり仕事が仕事なだけに、きちんとした重い処分が言い渡されるような気がします。

世間の反応

山内伸彦容疑者に対する世間の反応がこちらです。

18歳未満のSNS利用を制限してもいいのでは?

未成年が巻き込まれるのではなくて、この事例のように未成年が積極的に事件に巻き込まれに行くパターンもかなり多い。

 

近年、未成年男子とおっさんの売買事案をよく目にする気がするのですが、今の男の子って、結構そういうタイプが増えてるんですかね?

それとも、これまでは様々な配慮で報道されていなかっただけ?

 

両者合意の上で会ったが性行為は無理矢理か。

または、現金の授受で揉めたか。

普通なら未成年と知りながら…の記載に“そこ?”と突っ込むところだが、今の時代はスルーなんだね。

 

適切に対処、というよりはもう別の仕事してもらうしかないでしょう。

更生施設の職員としてはもう働かせるわけにはいかないよ。

SNSが犯罪に利用されることがとても多いですね。

自由になんでも書き込んでいいのでしょうが、やはりネットでの犯罪が増えている世の中でなにかしらのルールを作らないとこれからもどんどんとSNSを利用した犯罪が増えるのでしょうね。

そして確かに人を更生させる立場の人間として、やはりそのまま同じ仕事を続けるのは難しいかもしれないでしょう。

まとめ

私的な趣向は個人の自由ですが、それが犯罪になる場合にはやはり我慢が必要だと思います。

たとえ合意の上であったとしても、「バレなければ大丈夫」という考えは間違っています。やってはいけないことをしているのですからバレなければという考えは通用しません。

どんなこともそうですが、バレても堂々としていられる生き方をしていくのが一番安全なのではないでしょうか。

自分のためにも、家族のためにも、周囲の人のためにも。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.