ニュース

服部恭太 家族や実家・出身は福岡!自宅住所は?吸っていたタバコや彼女の顔、仕事は?盗撮事件も

更新日:

走行中の京王線の電車内で乗客1人が刺され、車内に放火された事件で、服部容疑者が殺人未遂容疑で逮捕されました。

服部容疑者の家族や自宅、彼女の顔画像、盗撮事件などについて調べました!

 

服部恭太が起こした事件の概要

東京都調布市を走行中の京王線の電車内で乗客1人が刺され、車内に放火された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳の服部恭太容疑者(24)が「人出の多いハロウィーンを狙った」と供述していることが警視庁幹部への取材でわかりました。

「雑踏より確実に人を殺せる電車を狙った」と話しているといいます。

発表によると、服部容疑者は10月31日午後8時頃、調布市の 布田ふだ 駅付近を走行中の上り特急電車(10両)で、都内の会社員男性(72)の顔に殺虫剤を噴射した上、右胸を刃渡り約30センチのナイフで刺し、殺害しようとした疑いです。

傷は肺まで達し、男性は意識不明の重体。

服部容疑者は調べに対し、「6月頃に仕事を辞め、友人関係も薄れて死にたかった。誰でもいいから2人くらい殺して死刑になろうと思った」と供述しています。

捜査関係者によると、服部容疑者は福岡県出身で、7月に地元を離れて神戸市や名古屋市で暮らし、9月末から東京都八王子市のホテルに滞在していました。

上京した理由について、服部容疑者は「ハロウィーンの日に東京にいようと思った」と説明。

事件当日は京王八王子駅を午後5時頃に出て、渋谷駅に到着後、渋谷の街を30分程度歩き、ハロウィーンの様子を見物していました。

憧れていたという米国映画・バットマンシリーズの悪役「ジョーカー」に似た紫色のスーツ姿で、「この事件を起こすために買った。勝負服だ」などと述べたといいます。

その後、渋谷から再び下り電車に乗り、京王線で調布駅へ。午後7時54分発の上り特急電車に乗り換えると、3号車の座席に座っていた男性を襲いました。

前方の5号車に移動し、2リットルのペットボトルに入れたライター用オイルをまいて着火。

中学生を含む10〜60歳代の男女16人が逃げる際に煙を吸うなどし、軽傷を負いました。

服部容疑者は、8月に小田急線の快速急行で起きた無差別刺傷事件を参考にしたとし、「停車駅の間隔が長く、逃げ場がない特急を選んだ。雑踏より電車の方が確実に人を殺せると思った」などと供述。

小田急線の事件でサラダ油が用いられ、火が燃え広がらなかったことから、ライター用オイルを選んだといいます。

小田急線の事件では車内に防犯カメラがありましたが、今回の京王線の電車内には防犯カメラがありませんでした。警視庁は今後、目撃者の証言などから、服部容疑者の行動を裏付けます。

知人らによると、服部容疑者は福岡県の県立高校と専門学校を出た後、介護ヘルパーなどをしていました。

福岡市の中学校で同級生だった主婦(24)は「おとなしい男の子で、休み時間はほとんど教室にいて絵を描いていた。まさかこんな事件が起きるなんて」と驚いていました。

吸ったタバコは何?持つ手が震えてた

服部恭太容疑者は犯行後、電車内のシートでタバコを吸っていたことが動画でわかっています。ただ、そのタバコを吸っている様子が話題となっています。

電車のシートに座っている服部恭太容疑者ですが、タバコを「ふかしている」のではないかと話題となっているのです。

一般的にタバコは肺に煙を入れた後に息を吐きます。

タバコをふかすということは、肺にまで煙をいれずに口元だけで吸うということです。

また、タバコを持った左手は震えていたというのです。

そのため、「初めて吸ったのではないか」と言われています。

完全にイキっていたのでしょうか…。

服部恭太の家族や実家は?

今回事件を起こした服部容疑者ですが、家族については現在明らかにされていません。

服部容疑者はまだ20代前半ですから、親も50代辺りでしょうか。

まだ現役で働いている世代ですし、今回のことが公になれば、普通に会社で働くことは難しくなってしまうのではないでしょうか。

また、服部容疑者に兄弟がいた可能性もあります。

家族は、殺人者の家族になってしまいますし、近所では噂のまとでしょう。

今まで住んでいた家に住み続けるのは難しくなるのではないでしょうか…。

住む家も働く場所もなくなるとすれば、家族はきっと今後の人生大変な思いをしていくことになるでしょう…。

服部容疑者は、家族への影響など考えていたのでしょうか…。

殺人を犯した本人だけでなく、身内も今後の人生台無しでしょう…。

出身は福岡で自宅住所は?

捜査関係者によると、服部容疑者は福岡県出身で、7月に地元を離れて神戸市や名古屋市で暮らし、9月末から東京都八王子市のホテルに滞在していたことがわかっています。福岡の自宅について調べてみましたが、残念ながら住所の特定にはいたりませんでした。

しかし、近所の人はわかっているでしょうし、噂になるとおもいますので、今後ネットで自宅が特定されるのは時間の問題でしょう。

今後も引き続き調査したいと思います。

服部恭太の仕事は何をしてた?

服部容疑者は福岡県の県立高校と専門学校を出た後、介護ヘルパーなどをしていたことがわかっています。

仕事が上手くいかず、やめてから精神がおかしくなってしまったのでしょうか…。

介護の仕事は大変だとは思いますが、なぜこんなことになってしまったのか、悔やまれます…。

一緒に仕事をしていた人たちも今頃ニュースをみてショックをうけているのではないでしょうか…。

服部恭太の彼女の顔や盗撮とは?

服部恭太は昔、漫画喫茶で働いていたことも分かりました。その時の元同僚が、文春オンラインの取材に応えていました。↓

「福岡市天神のマンガ喫茶で一緒に働いている時期がありました。服部は大学には行っていなかったと思います。1年ぐらいは働いていましたかね。一緒に働いていたのは4年以上前のことですが、勤務態度はとにかく真面目で良かったですよ」

地味であまり自分からは喋らない感じだけど、プライベートな話も、振れば普通に笑って答えていて、悪い印象はなかったです。

引用:文春オンライン

元同僚が話すように、服部恭太が自分から話しかけることはないけれど、話しかければ会話ができるのであれば、地味なキャラで済んだことでしょう。

「当時、彼には仲のいい彼女がいました。どちらも目立たない、地味なカップルという感じでしたが、彼女のことがすごく好きだった。硬派ぶっていたのか、グラビアや女優には興味がない、という感じでしたね。でもある時その彼女と別れてしまったんです。それからはちょっと変というか、元気がない、病んでいるような様子で、別の同僚も心配していました」

もともと服部容疑者は、コミュニケーション能力が低かったのかもしれません。

そしてやっと出来た彼女に依存してしまって、別れてから病んだような様子になったのでしょうか…。

なんと、盗撮の話もでてきました。

「マンガ喫茶に来たお客さんを盗撮したらしいんです。それがバレて、警察にも連れていかれました。おそらく示談になったはずですが、お店はクビになりました。それまでの印象は良かったのですが、仕事の終わり方が良くなかった」

昔から、犯罪気質の男だったのでしょうか。

彼女と別れてしまったことと、盗撮騒動がどうつながるのか不明ですが、服部恭太は彼女と別れてから自暴自棄になってしまったことが推測できます。

ちなみに、服部容疑者の彼女だった人は、ネットで写真が流出していました…↓

世間の反応

世間の反応がこちらです。↓

何度顔みてもいっちゃってるよなぁ

事件当時のタバコ姿がいっちゃってるという声が多く上がっていました。

こんな事件を犯す男ですから頭はいかれてますよね…。

この男のくだらない身勝手さで 何の関係もない乗客が 巻き添えになってしまった。 本当に悲しいです。

巻き添えになった人たちのことを想うと胸が痛いです。

今後電車に乗れなくなるなどトラウマになってしまう人もいると思うと許せません。

京王線 の事件。 悪いのは 服部恭太 であり、唯一無二に咎められるべき。 その上で京王電鉄の対応の是非を議論すべき。 批判・擁護どちらも正論。 乗務員が課された状況に同情する前提で、専門用語を並べ立て批判を一蹴する外野には違和感。 客観的意見を無視すると本当に無くなるぞ、鉄道会社。

そうです。一番悪いのは、服部容疑者です。そのうえで、今後の鉄道会社の対応を考えていくべきです。

まとめ

今回は、走行中の京王線の電車内で乗客1人が刺され、車内に放火された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳の服部恭太容疑者について調べました。

服部容疑者の甘い考えのせいで、被害に遭った人のことを想うと気の毒でなりません。

こんな男は死刑、いやそれ以上の罰を与えてほしいものです。

今回の事件をまねした事件が更に起きないことを祈るばかりです…。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.