ニュース

伊藤柚輝 加害者(犯人)いじめ供述!名前・や顔・家族(父親・母親)は?爆サイ(中島)デマ?事件進展内容

更新日:

愛知県弥富市の中学校で男子生徒が別のクラスの同級生に包丁で刺され死亡するという事件が起きてしまいました。

死亡した男子中学生と犯人の男子中学生は昨年までは同じクラス、小学校も同じ小学校の出身という、いわば幼馴染のような関係かと思われるのですが、強い殺意を感じる衝撃的な事件となりました。

逮捕された男子生徒は警察の取り調べに対して淡々と供述を始めているようです。

十四山中学校・弥富中3刺殺事件の概要

事件が起きたのは2021年11月24日の午前8時10分頃のことでした。

弥富市内の市立十四山中学校で、中学3年生の伊藤柚輝さん(14)が同級生の男子生徒(14)に腹などを包丁で刺され病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に出血性ショックで死亡しました。

24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市の市立十四山中学校から「生徒同士のトラブルで生徒が腹部を刺された」と110番があった。県警によると、同中3年の伊藤柚輝さん(14)が校内で同級生の男子生徒(14)に腹などを包丁で刺され、搬送先の病院で約2時間半後に死亡が確認された。

(記事引用元:Yahooニュース)

犯行に使われた刃渡りおよそ20センチの包丁は、事前にインターネットで購入したことを供述しました。

この日に犯行を行うことを決意していたようにも思えます。

なんの躊躇もなく、男子生徒は伊藤柚輝さんのお腹を肝臓を貫通するように刺したのです。

これは偶然ではなく確実に殺意を持っての行動でしかありません。

 

ここまでの決意を持って同級生を殺害した男子生徒は、何を感じこれほどの殺意を持ってしまったのでしょうか。

加害者がいじめを供述

中学校の校長は「中学2年生のときには同じクラス。同じ小学校。仲がいいか悪いかは現時点では把握していません。(いじめやトラブルは)思い当たるところはありません」と話し、弥富市の教育委員会はいじめやトラブルについて「把握していない」と説明しています。

 

しかし、逮捕された男子生徒は「いやな思いをした」と供述していることが新たにわかりました。

「2人の間にトラブルがあった」「いじめられていた」という趣旨の供述もしていることから、周りには気づかれないトラブルが2人の間にあったことは確かなようです。

 

どんないじめを受けていたのかはまだわかっていませんが、逮捕された男子生徒は確実に「いじめ」だと感じていたのでしょう。それが殺意に変わるまでにどれほど時間がかかったのでしょうか・・・。

加害者(犯人)の顔画像や名前、家族は?爆サイの中島はデマ?

逮捕された男子生徒(犯人)の顔画像や名前については発表されていません。

まだ14歳ですから将来を考えると今後も発表はないと思います。

 

ですが文春オンラインでモザイクがかかってはいますがこの少年の画像が掲載されていました。

モザイクで顔はわかりませんが、被害者の伊藤さんよりもかなり背が高いですね。

 

この男子生徒の家族については、文春オンラインで詳しく書かれていました。

「逮捕された少年は7人の大家族で生活していました。兄が1人いて、両親、祖父母、さらに曾祖母という構成です。昔からこの地域に住んでいた一家で、父親は農業系の仕事をしています。4年前には自治会長も務めていた立派なお家ですよ。事件を起こした子は小さい頃から背が大きかったですが、大人しそうな子という印象です。今年のお正月には近所の神社にお参りに来ていて、大きくなったなと声をかけたら照れ臭そうに笑っていました。あんな普通の子がなんで……」

家族構成は『両親、兄、祖父母、曾祖母』の6人と、加害者である男子生徒の7人家族でした。

 

犯行当日の朝、「行ってらっしゃい」と送り出した祖父に対し、「行ってきます」と元気なさげに応え家をでた少年。

その1時間後に事件が起きたのでした。

大家族の中でも少年は誰にも自分の心に抱えた苦しみを打ち明けることができなかったのですね。

 

亡くなった伊藤柚輝さんの名前を検索すると「中島」という名前が出てくるので、この犯人である少年が中島ではないかとの噂になっていますが、これは「爆サイ」というサイトへの書き込みが原因であると考えられます。

 

誰が書き込んだのかもわからない信憑性のないネット上の書き込みなので、少年が中島という噂はデマだと思われます。

伊藤柚輝さんの顔画像や家族

文春オンラインでは、亡くなった伊藤柚輝さんの顔画像が公表されました。

伊藤さんの家族については三人兄弟の次男だったということが報道されています。

また母親についても報道されていますので、母、兄、弟がいることは確認されていますが、父親についてはわかっていません。

 

父親がいるとすれば5人家族ということになります。

伊藤柚輝さんと加害者(犯人)の関係

亡くなった伊藤柚輝さんと加害者の少年との関係は、犯行当時は同じ中学で違うクラスだったと報道されています。

報道内容をまとめてみました。

 

○同じ小学校出身

○小学校では同じサッカーチームに所属

○中学にはサッカー部がなかったので伊藤さんは野球部、加害者の少年はバレー部に所属

○中学2年生の時は同じクラス

 

どの程度の仲だったのかはわかりませんが、小学校が同じということは家もそれほど離れていないと思われます。

同じサッカーチームにも所属していたことから、ある程度お互いを意識する関係にあったのではないかと思います。

中学3年生になってからは違うクラスだったので、部活も違いクラスも違えばそれほどかかわりあうことはないかと思えるのですが、違うクラスになって8カ月もたった今、強い殺意を持っての犯行が行われたことから2人の間には何らかの関係が続いていたのではないでしょうか。

世間の反応

この事件に対する世間の反応がこちらです。

逮捕された男子生徒が「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

まぁ、普通に考えればそうでしょうね。それが表に見えるものだったのか、表に見えない(SNSの中)ものだったのか、本当に学校は気付いていなかったのか(気付いていたけど気付かないふりをしてるのか)学校で起こる出来事はいわばブラックボックスなので、今後明らかにされる必要がありますね。

 

相手はイジリでも、された方はイジメだと思うケースの方が多いと思います。

学校側は知らないと言い張るかもしれないけど、今後、こう言った事件が増えそうです怖いです。

 

やっぱりなと感じた。

加害者は被害者でもあったわけだけど、

だからといって殺人は絶対にやってはいけない事。しかし、逆に刺した生徒が自殺に追い込むような状況をうむのもまたあってはいけない事。

教育委員会や現場はイジメの認識はなかったと言っているが、親も含めた事件に関係する大人達はこの責任から逃れたらダメだとおもう。

とにかく、誰もが不幸に感じる悲しい事件だと思う。

 

相手を刺してしまうところまで追いつめられてしまった加害者・・。

中学生って大人が思っているよりもずっとズルくて賢い。

被害者の子、「明るくて良い子だった」みたいな話があったと思うけど、「明るくて良い子」だからといっていじめをしないとは限らない。

寧ろ、「金髪で大人に対して乱暴な言葉を使う」ような絵にかいたような不良が苛めっ子などというのは幻想でしかなくて、現実には大人の前では良い子だったりうまく小ズルく立ち回れる子のほうが、よほどひどい苛めをするケースが多いんじゃないかな。

また、こういう子って「いじめる理由」をでっちあげるのがうまいのよ。

この事件はまだよくわからないことが多くむやみな憶測はできないけど、いずれにしてもこの学校だけでなく、子供を見守る立場の大人は、表面だけではなくきちんと本質を見てほしいと願います。

凶器をネットで購入し、相手の正面から刺す・・・よほどの決意があったことがわかります。

それにはそれだけの理由が刺した少年にもあったのでしょう。

亡くなった伊藤さんはもうなにも語れないので双方の言い分を聞くことができないので、かなり難しい判断になるかと思います。

まとめ

相手を殺すことでしか自分を守る手段が見つけられなかった少年。誰も少年を助けることができなかったのがこんな悲しい事件が起きてしまった最大の原因なのかもしれません。

「いじめ」はとても複雑で奥深いものです。いじめている側はまったく感じていないこともあるかもしれません。

私も幼い頃よく「いじめられた」と母に言ったものですが、そんなときはいつも母が「それは○○ちゃんが羨ましいからそんな風に言われちゃうのよ。いじめられてるんじゃなくて羨ましがられてるのよ。」そんな風に話してくれました。

大人にしてみればその程度のことですが、それを幼い子供が理解するのはとても難しいです。

今、学校ではカウンセラーをもっと増やして心のケアをしていくという体制でいるようですが、もっと早く心のケアが必要だった少年が間違いなくいたのです。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.