ニュース

セブンイレブン 期限切れおでん動画とオーナーは誰で名前は?店舗は札幌北26条東21丁目店

投稿日:



セブンイレブンの店舗で、賞味期限切れのおでんを販売していたということが話題となっています。

 

しかも期限が切れてから1ヶ月経ったものが売られてたということで、コレコレさんの生放送で店員が直接告発したというのです。

 

いったいどういうことなのか、詳しく調べてみました!

セブンイレブン店員が告発

セブンイレブンの店員が直接、コレコレさんの生放送でおでんの賞味期限について告発をしました。

大手コンビニチェーン「セブン‐イレブン」の北海道内の店舗で、賞味期限切れのおでんを販売していたと、店の関係者がユーチューバーに情報を寄せた。

賞味期限切れから1か月経ったものも売っていたといい、この関係者は、証拠の動画も撮っていた。セブン‐イレブン側は、事実関係を認めて謝罪し、「厳正に対応する」としている。

ユーチューバーのコレコレさんが店員の告発として動画を配信

 おでん用の「白滝」と商品名が書かれたパッケージには、賞味期限が「21.11.27」と印字されている。コンニャクの商品も同じ賞味期限で、従業員らしき女性がコンニャクのパッケージを開けて、台所で水洗いを始めた。

 

 この動画は、ユーチューバーのコレコレさんが2022年1月5日夜、セブン‐イレブンの店員から告発が来たとして、ライブ配信で流した。動画は、21年12月23日に撮ったといい、本当なら1か月も前の白滝を扱っていたことになる。

 

 動画では、賞味期限が12月21日のがんもどき商品も映っていた。撮影日時点で、期限が切れて2日経った計算だ。一方で、つくね商品は、賞味期限が同月23日でギリギリだった。これらの商品は、タッパーに入れられたほか、カウンターに置かれた販売用容器にも移す様子が映っていた。

 

 告発した店員は、店長の指示でこうした商品を店で売っていたと説明したという。証拠を取って告発しようと、おでんの出し方を教えてもらうとの名目で動画を撮ったと明かしたとしている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/22347889e60ae5dbccf91957583d15e113f57fd3

 

2022年1月5日夜、コレコレさんの生放送でセブンイレブンの店員が直接告発をする様子が放送されました。

 

1ヶ月前の白滝や2日過ぎたがんもどきを強いようしており、オーナーが店員に対して「使ってもいいよ」と指示を出していたことが分かりました。

 

特に健康被害は出ていないそうですが、セブン&アイ・ホールディングスが調査をし札幌市保健所に報告もしたということ。

 

まさか自分の買ったおでんが、賞味期限が1ヶ月も切れていたと思うとびっくりしますよね。

期限切れおでん使用の動画、画素

こちらがコレコレさんの生放送の動画となります。

59:30あたりから動画が始まります。

 

しっかりと動画に写っていて、これは期限が切れているという立派な証拠になりますよね。

この動画は12月23日に撮影されたもので、しっかりとがんもの賞味期限が2日切れていることが分かります。

今大々的にメディアでも報じられていますが、今のところ健康被害などの情報はないということです。


期限切れおでんを使用した店舗はどこ?

このおでんが販売されていたのは、北海道にある札幌北26条東21丁目店です。

札幌北26条東21丁目店のオーナーは誰?名前は?

この札幌北26条東21丁目店のオーナーですが、賞味期限が切れた具材を販売していたことを認めています。

 

オーナーの名前をツイッターなどで調べてみたのですが、

こちらに名前と思われる投稿がされていました。

 

投稿が10月30日なので恐らくオーナーが変わっていなければこの方だとは思うのですが、現在のオーナーであるという確定情報ではありませんので、ご注意ください。

本社の謝罪内容は?

セブン‐イレブンの公式サイトでは、6日夜になって、「賞味期限切れ商品の販売に関するお詫び」と謝罪文を出しています。

引用:https://www.sej.co.jp/

現在なぜこのような対応をしたのか、いつから期限切れ商品を売っていたのかなどは調査中とのことです。

 

おでんの販売もこの店舗では中止しており、これから会社による厳しい調査が始まると思います。

 

セブンイレブンも信用を失ってしまう大きな出来事ですよね。

他の店舗でもそうしたことが行われていないか、しっかりと調べてほしいです。

世間の反応

・直接セブンイレブン本部に内部告発するのが本当だと思うけど握りつぶされる恐れもあると思ってコレコレさんに告発したのでは、

それだけセブンイレブン側に信頼がなかったとも受け止められる。

 

・1店舗でもこういう店が出てきたら他のお店も心配になってくるよね。

セブンだと全国的に凄い店舗数あるから余計におおごとになるね。

 

・発注システムとPOSの売上と在庫を照らし合わせたら、セブン本部側が気づいていないとは信じ難いような気がします。

しばらくコンニャク発注していないのに何故売れてる?的な。

 

・マニュアルで言えばアウト何だよね。

でもさ、昨今フードロスやら廃棄ロス等色々騒がれてる中で、

消費期限!では無く

賞味期限!で、1分過ぎただけでも廃棄されると食品の在り方を考えるべきと思う。

有る意味セブンイレブン側の値引き等、オーナーに裁量を与えず、ひたすら定価!本部へのマージンだけは絶対確保!って構図が一因とも考えてしまう。

正直、内部告発がなければ気付くことはなかった気がします。

健康被害が出ていないなら、やってしまおうと思う人がいてもおかしくないですよね。

 

フードロスもすごく気になる問題ですが、これをそのままにしておいていい問題ではありません。

 

しっかりと調査をしてほしいです。

まとめ

以上、セブンイレブンのおでんについて調べてみました。

 

正直他の店舗やコンビニでも行われているのでは?、という声も挙がっていて、もしかしたら他に内部告発が出る可能性もありますよね。

 

客側としては気付くことはなかなか難しい問題ですが、やはり会社としてはしっかりと衛生面を守った上で販売をしてほしいものです。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.