生活

チューナーレススマートテレビの値段(価格)や種類スペックは?NHK受信料支払いなし【ドンキホーテ】

投稿日:



だいたいの家庭にテレビは1台あると思います。

ですがテレビを見ない人が増えてきているのもまた事実です。

スマホでドラマ、映画、音楽LIVEなどを視聴している人がどんどんと増えているからです。

そんな時代の流れに、「チューナーレステレビ」がディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスから発売されました。

ドンキのチューナーレステレビが話題

2021年12月に「ネット動画専用スマートTV」が発売されました。

このテレビが話題となっているには2つの要因があります。

 

○テレビと称しながらテレビチューナーを搭載していない。

つまりテレビの視聴機能を外し、ネット動画の視聴に特化した製品となっている。

 

○NHK(日本放送協会)の受信料の支払い義務が発生しないのではないか

 

この2点が大きな話題となってりるのです。

 

テレビと聞くとやはり放送されている番組を観るものという意味が定着していますが、今はテレビでネット配信されている動画やドラマ、映画、LIVE、そしてYoutubeを観ることができます。

 

そしてテレビでゲームをする人もかなり増えてきています。

 

テレビと称しながらもそれは放送されている番組を観るものではなく、家庭にある大きな機会となっているのです。

ならばテレビチューナーがなくてもいいのではないかということに着目して発売されたことが注目され、NHKが受信できないテレビなら受信料の支払いもしなくていいのではないのか?ということでそちらも話題になっています。

ドンキのチューナーレステレビの特長は?

2021年12月10日から全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で発売になった「チューナーレス スマートテレビ」の特徴についてまとめてみました。

 

○「ネット動画専用」として「あえてテレビチューナーを外した」

 ネット動画を観ることはできてもテレビ放送を観ることはできない

 

○「Android TV」を採用

この2つが最大の特徴といえます。

 

コロナ禍以降、映像配信の利用者は増えています。

Amazon Prime VideoやNetflixを代表として、さまざまな配信先が選べるようになっています。

 

ネット配信といえばやはり1番人気はYoutubeでしょう。

職業の人気ランキングでも「Youtuber」が増えているのですから、それだけ観る人が多いということです。

私もYoutubeは毎日のように見ますし、音楽はYoutubeで聴くことが多いです。

 

こうしたネット配信で選択肢が増えた時代に、テレビという名前の機械を使って個人の好きな物を視聴したり、ゲームをしたりする時代になっているのですね。

チューナーレステレビの種類や値段、スペックは?

ドン・キホーテが発売した「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」のラインアップは2種類です。

 

■42型「TSM-4201F2K」

画面解像度は1920×1080ドットで、アスペクト比が16:9、コントラスト比が3000:1、輝度が200カンデラ、応答速度が8ms。本体サイズ(スタンド取付時)は952(幅)×588.3(高さ)×197(奥行)mm、重量は約5.82kg。

 

価格 32,780円

 

■24型「TSM-2401F2K」

画面解像度は1920×1080ドットで、アスペクト比が16:9、コントラスト比が1200:1、輝度が180カンデラ、応答速度が8ms。本体サイズ(スタンド取付時)は550.7(幅)×373.5(高さ)×172.1(奥行)mm、重量は約2.6kg。

 

価格 21,780円

別売りの家庭用ゲーム機、DVD/ブルーレイディスクプレイヤーとの接続にも対応しています。

NHKの受信料は支払わなくていいの?

気になるのはテレビなのに本当にNHKの受信料を支払わなくていいのか?ということです。

 

放送法64条は「NHKの放送を受信することができる受信設備(テレビ)を設置した者は、NHKと受信契約をしなければならない」と規定されています。

同法を根拠に、総務大臣の許可によって定められたNHK放送受信規約は「放送受信料を支払わなければならない」と義務付けているのです。

 

ITmediaビジネスオンライン編集部はNHKに対して実際にNHKに聞いたところ、NHK広報の回答は以下の通りでした。

「放送法64条1項では『協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない』と規定されています。NHKはこれに基づいて受信契約をお願いしています。なお、放送を受信する機能を有しない設備については、放送法64条1項に規定する協会の放送を受信することのできる受信設備にあたらないため、受信契約の必要はありません」

 

つまり、チューナーレステレビでは、受信料の支払い義務が発生しないということになります。

 

こちらがNHK受信料の一覧になります。

(画像引用元:https://www.nhk-cs.jp/jushinryo/

受信料でチューナーレステレビを購入できると思える価格の料金を支払っているのですね。

世間の反応

チューナーレステレビに対する世間の反応がこちらです。

こういうのが欲しかった!

テレビ番組見ないし、NHK受信料払うぐらいなら、動画配信サービスに払って映画やアニメを楽しみたいですね。

 

テレビ見なくても不自由しない。民放の好きな番組はネットの見逃し配信で見ています。チューナーが搭載されてない分、安いのであればこれでいいかな。NHK受信料も払いたくないし。

 

これがうまくいったら

日本のメーカーも試しにつくってみたらいいんじゃないかな?

特に高齢者向けにはいいかも。

というのは高齢者がネット動画のハードルが高かったのはパソコンとかスマホ経由だったのが

最近のテレビにネット動画のリモコンボタンが搭載されていてこれがあると高齢者も使いこなせるのがわかってきたからね。

 

TV購入時、NHK受信しますか?受信しませんか?と選択できるシステムを構築してくれれば

受信しないTVを買うので、色々な問題は解決する。

ドンキよくやった今後、どんどん普及する事を求む。

チューナーレステレビが必要であるという人以上に、強引に受信料を取るNHKに対する不満の声も多かったです。

大河、朝ドラ、紅白歌合戦を観ない人にとってNHKが要らないというのはわかりますし、なのに毎年高額な受信料を支払わなければいけない政府の体制に不満があるのも納得できます。

まとめ

私も考えてみればスマホで料理を検索し、調理方法は動画で見ています。

個人的にはU-NEXTを契約しているので、ドラマや映画はちょっと遅れますが好きな物を選んで観ています。しかも自由な時間にCMもなく途中で止めることもできるので本当に便利です。

間違いなく時代は変わってきていますね。

-生活

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.