ニュース

加藤忠春 顔画像・facebookや勤務先の病院はどこ?臨床検査技師が女性清掃員にわいせつ

投稿日:


名古屋市の病院で、清掃員の女性の身体を触るなどして、加藤忠春容疑者が逮捕されました。

加藤容疑者の顔画像、フェイスブック、勤務先病院の場所などについて調べました!

加藤忠春が起こした事件の概要

名古屋市の病院で21日、臨床検査技師の男が清掃員の女性の身体を触るなどしたとして逮捕されました。

逮捕されたのは、名古屋市守山区に住む臨床検査技師・加藤忠春容疑者(48)です。

加藤容疑者は21日午後1時半ごろ、勤務する病院で清掃スタッフとして働いていた女性(44)の身体を触るなどした強制わいせつの疑いが持たれています。

女性が24日、愛知県警昭和署に相談し事件が発覚しました。

調べに対し、加藤容疑者は「キスしたり後ろからハグしたことは間違いありませんが、胸を触ったのは故意ではありません」と容疑を一部否認しています。

どうしようもない言い訳に聞こえますが…警察には、加藤容疑者への取り調べを徹底的に行っていただき、厳しく処罰していただきたいと思います。

加藤忠春の犯行動機は?

加藤容疑者の犯行動機はいったいなんだったのでしょうか。

自分の性欲を満たしたいだけで、手を出したのでしょうか。

そういう性癖があったのでしょうか…。

清掃員が逃げられない状況で犯行に及んだ可能性もあります。

なんて卑怯な男なのでしょうか。

こんなことをして捕まらないとでも思っていたのでしょうか。

なんて浅はかな男なのでしょう。

性犯罪というのは繰り返される傾向があります。

加藤容疑者も余罪がある可能性は十分あるでしょう。

こういう男は捕まっても反省しないのではないでしょうか。

警察には余罪についても徹底的に調べ、厳しく処罰していただきたいと思います。

加藤忠春の顔画像やfacebookは?

加藤容疑者の顔画像については、現在報道されていません。

今後、送検の際などにニュースで報道される可能性がありますので、引き続き注目したいと思います。

また、フェイスブックなどのSNSで、大池容疑者のアカウントを検索してみましたが本人のものと特定できるアカウントが発見できませんでした。

同姓同名のアカウントは存在しましたが、本人のものと確証がとれませんでしたので、ここでの公表は控えさせていただきたいと思います。

性犯罪は再犯の可能性があります。

刑務所から出てきてまた犯行に及ぶ可能性がありますので、顔画像を公開してほしいものです。

今後ネットなどで顔画像が特定されるかもしれませんので、引き続き調査していきたいと思います。

加藤忠春が勤務する病院はどこ?

加藤容疑者が勤務していた病院について調べてみました。

しかし、加藤容疑者が勤務していたのは、名古屋市の病院ということしか現在わかっていません。

名古屋市にはこれだけの病院があります。↓

この中のいずれかの病院に加藤容疑者は勤めていたと考えられます。

また、加藤容疑者は、名古屋市の守山区に住んでいたことがわかっています。

自宅から近い病院に勤めていたかもしれませんので、守山区の病院を絞ってみました。↓

病院では今頃大変な噂になっているでしょうし、対応に追われていることでしょう…。

世間の反応

世間の反応がこちらです。↓

こういう検査技師は、真の検査技師ではないので、世間の皆さん騙されませんように… (普通に残念なお方ですけど、感染対策考えても検査以外で体に触れるなんて考えもしないので)

臨床検査技師としての資格もはく奪してほしいですね…。こんな検査技師絶対に許せません。

きてるな、、、

医療従事者がしかもこんな時期にこんな事件を起こすなんて信じられないという声がたくさんあがっていました。

こんな男には刑務所からでてきてほしくありません。

説明に無理があるわ

キスやハグはしたが、胸を触ったことは故意ではないという言い分がまったく理解できませんよね。

この男はいったい何をいっているのでしょうか…。

この女性はこのことがトラウマになり、今後働けなくなってしまうのではないでしょうか…。

心の傷が心配です。

まとめ

今回は、名古屋市の病院で、清掃員の女性の身体を触るなどして逮捕された加藤容疑者について調べました。

女性が今後トラウマになることはまちがいありませんし、加藤容疑者のやったことは、罪深いです。

性犯罪は再犯の可能性が非常に高いです。

加藤容疑者はこれまでにも、性犯罪を繰り返していたのかもしれません。

警察には徹底的に調べていただき、加藤容疑者には、厳しい処罰を与えてほしいと思います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.