エンタメ

熱男!松田宣浩コロナ感染の焼肉店・馬肉料理店・高級キャバクラはどこ?参加選手は誰?ソフトバンク

投稿日:


球界をコロナの猛威が襲っています。

50人超の選手に感染が確認され(1月26日時点、以下同)、2月1日からの春季キャンプへの合流の目処が立たない選手も出ていて、12球団が対応に追われています。

その一人がソフトバンクの松田宣浩選手です。

松田選手が感染したキャバクラはどこなのか、ほかの選手は誰だったのかなどについて調べました。

松田宣浩がコロナ感染会食クラスター

「熱男」で知られるソフトバンク松田宣浩(38)の新型コロナ感染が熊本での自主トレの最中に確認されました。

プロ17年目を迎えるベテランは他球団の志願者も交え「熱男塾」と銘打った自主トレを行ないましたが、1月17日に松田を含めた参加者7人の感染者が発表されました。

ソフトバンクの選手やスタッフのほか、他球団から参加したDeNAの主軸・宮崎敏郎(33)、西武の若手選手らも含まれています。

 

スポーツ紙デスクは、「合同自主トレでは、選手は数名でも、スタッフを含めると、どうしても人数が多くなる。報道陣に公開する日もあるため、感染力が高いオミクロン株が流行している今、クラスターになりやすい」と話します。

とはいえ松田の場合、少し事情が異なるようなのです。

熊本市は松田らの感染が発表された翌日、〈会食に伴うクラスターの発生について〉との報告を公表しています。

名前は挙げないものの7人の感染を確認したとした上で、「11日、12日に12人で会食」「いずれも熊本市中央区の飲食店を貸し切りで利用」したことを明記している。

現地で取材を進めると、この会食にはキャバクラが含まれていたことが分かりました。

事情をよく知る飲食店経営者は次のように明かしました。

「松田ら自主トレのメンバーは自主トレ開始前日の1月11日夜に熊本市内のプロ野球選手行きつけの焼肉屋を訪れ、翌12日には熊本市内の馬肉料理が有名な店で食事をした後、高級キャバクラを訪れています。このキャバクラは2 日間食事に同行した松田の知人の地元経営者の計らいで貸し切りでした。この経営者は羽振りがいいことで地元では知られており、ソフトバンクの選手を長年面倒見ている。松田のことは昔から可愛がっていました」

松田らが訪れたキャバクラは、松田らの感染発覚後に休業となり、1月26日に営業再開しました。

「休業の間、そのお店の女の子は別の系列店で働いていました。客から休業の理由について聞かれても答えないようにと言われていたと聞いています」(系列店の従業員)

松田らがキャバクラ店を訪れた1月12日には熊本県内の新規感染者が177人確認されており、蒲島郁夫・県知事が緊急会見で、「まん延防止等重点措置の適用も視野に入れる必要がある」と危機感をあらわにしていた時期でした。

ただし、実際に重点措置が決まったのは19日になってからで、この時点で制限はありませんでした。

また、NPBも自主トレに関しては、球団、選手任せにしているのです。

ソフトバンク担当記者は、

「シーズン中は各球団、選手に対しては厳しい外出制限などを設けていましたが、昨秋に感染者数が激減したことに加え、オフシーズンに入ったことで制限が緩和されています。ソフトバンクでは球団施設を利用する際はスクリーニング検査を義務づけていますが、現在は契約期間外のため、特別な外出制限は設けていません。その点では、松田の行動に問題があったとは言い切れず、球団も公表しないことにしたのでしょう」

と説明しています。

とはいえ、熊本市が「会食によるクラスター」と公表している以上、球団から何らかの説明をすべきだったのではないでしょうか。

ソフトバンクに聞くと、広報室から「契約期間外のプライベート活動ということで、プライバシーの観点からも、球団としての行動内容の事実確認・コメントについては、差し控えさせて頂ければと存じます。このオフ期間についても特段の行動制限などは設けておりませんでした」と回答がありました。

また、感染者が出た西武広報部からは

「プライベートのことにつき、回答は差し控えさせていただきます。オフ期間につきましては、チームのルールは設けないものの、行政から出ている感染予防対策に従い行動するよう注意喚起しております」

DeNA広報からも「1月は契約期間外のため、選手に対し特段の行動制限は課しておりません。そのため、球団として回答は差し控えます」と回答がありました。

松田にとって今季は進退を懸けたシーズンだったはずです。2015年から5シーズン連続で全試合出場し、代名詞ともなった熱い「声」でチームには欠かせない存在でした。

しかし、昨シーズンはレギュラーを奪われ、規定打席に到達せず。

昨年12月には球団史上最大の減額幅となる3億円ダウンで契約更改しました。

27日に復帰した松田は

「僕も2~3日キツい症状が出ましたので。こうやって戻ってこられて良かったと思うんですけど、今一度コロナっていうのは怖いということをみなさんにお伝えできたらいいかなと思います」と語った上で、「とにかくこつこつ練習していい状態でキャンプに入れるように」

と、決意を口にしていました。

覚悟と責任を持った行動とプレーで、「熱男復活」を遂げて欲しいものです。

コロナ感染経路は?

松田選手ら自主トレのメンバーは、自主トレ開始前日の1月11日夜に熊本市内のプロ野球選手行きつけの焼肉屋を訪れ、翌12日には熊本市内の馬肉料理が有名な店で食事をした後、高級キャバクラを訪れています。

その翌日、熊本市は、飲食を伴うクラスターを発表しました。

松田選手らは、いずれも熊本市中央区の飲食店を貸し切りで利用し、そこで感染してしまったようです。

どこの店で感染したのか、詳しくはわかりませんが、誰かがコロナに感染していて、そこで飲食を伴う会食をしてコロナ感染を広げてしまったということでしょう。

それにしても、コロナ感染が急拡大しているこの時期に、二日連続で飲食店を訪れ、キャバクラにまで行ったというのは、浅はかな行動だったのではないでしょうか…。

松田宣浩が行った焼肉店・馬肉料理店・高級キャバクラはどこ?

さて、松田選手らが行った焼き肉店、馬肉料理店、高級キャバクラとはいったいどこだったのでしょうか。

熊本市の発表によると、いずれの店も、熊本市中央区の店だったことがわかっています。

中央区にある焼肉店がこちらです。↓

中央区にある馬肉料理店がこちらです。↓

 

中央区にあるキャバクラがこちらです。↓

このいずれかの店が今回松田選手らが訪れた店ということでしょう。

この中でも、Villa kumamoto (ヴィラ クマモト)というキャバクラは、何日か前にコロナのクラスターになった店で公表されており、このあたりで働いていた女性の中で、コロナ感染が広まっていた可能性も高いようです。

参加したメンバーは誰?

さて、今回コロナ感染してしまった松田選手ですが、一緒に参加していたメンバーは誰だったのでしょうか。

報道によると松田選手は、他球団の志願者も交え「熱男塾」と銘打った自主トレを行ないましたが、1月17日に松田選手を含めた参加者7人の感染者が発表されました。

ソフトバンクの選手やスタッフのほか、他球団から参加したDeNAの主軸・宮崎敏郎(33)、西武の若手選手らも含まれていたということです。

他球団にも広がってしまった今回のコロナ感染。

松田選手らには反省していただき、今後は会食などを控えていただきたいものですね。

世間の反応

世間の反応がこちらです。↓

おいおい

キャバクラ豪遊報道にあきれているファンも多いようです。

今後の身の振り方を考えなきゃならないかも知れない大事なシーズンにコレすか…?

今は大事な時というのを松田選手はわかっているのでしょうか…。

こういう筋肉脳の固まりの人たち、競輪選手はとくに!が世の中の真面目に働いている人たちの迷惑になる!金持ちは生きていけますよ何年も自粛しても

自分勝手な行動にあきれている声、怒りの声が多数あがっていました。

もぅさ。選手の事を思ってたらこうゅーの辞めてくれないかな…昭和かょ

松田選手の好感度はかなり下がってしまいましたね…。

まとめ

今回は、ソフトバンクの松田選手らがコロナ感染したことについてまとめました。

こういう身勝手な行動をする人がいるがために、コロナはどんどん感染拡大しています。

熊本市もいい迷惑でしょう…。

一人ひとりがまた気持ちを引き締めて、感染対策をしっかり行ってほしいと思います。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.