エンタメ

ジャンプ高梨沙羅 スーツ規定違反とは?失格理由やなぜ女子選手だけ4人も⁉︎【北京五輪】

投稿日:


北京オリンピックが盛り上がっていますが、2月7日、スキージャンプ混合団体が行われました。

 

しかし、日本女子の高梨沙羅選手が「スーツ規定違反」で失格となり、日本は4位という結果に終わりました。

高梨沙羅さんの記録がなくても4位とは、本当に素晴らしい結果ですよね。

 

ですが今回、このスーツ規定違反でなんと5人も失格者が出ていたことが分かりました。

 

このスーツ規定違反とはいったい何なのでしょうか。

詳しく調べてみました!

高梨沙羅がスーツ規定違反で失格

北京オリンピックスキージャンプ混合団体の1回目、日本の1人目を飛んだ高梨沙羅選手は、100メートルを超える大ジャンプをしましたが、その後、ジャンプスーツの規定違反で失格となりました。

高梨沙羅選手は失格とわかったあと関係者に付き添われて取材エリアを通った際に涙を流しながら「申し訳ございません」と繰り返し述べて、深く頭を下げていました。

ジャンプ女子日本代表の鷲澤徹コーチは高梨沙羅選手のスーツの規定違反について「太もも周りが2センチ大きかった。オリンピックなのでスーツもギリギリを攻めている。1回目で着ていたスーツは、ノーマルヒルの試合で着ていたのと同じスーツだ」と説明しました。

そのうえで「この会場は、非常に乾燥しているので体内の水分が微妙に影響したのかもしれない」と話していました。

混合団体で1回目を飛んだあとに失格となった高梨選手は、別のスーツに着替えて2回目を飛んだということです。

正直、今回のことで初めてジャンプにはスーツ規定があることを知った方もいるのではないでしょうか。

 

今回高梨沙羅選手が違反となったのは、ジャンプ後のチェックでスーツの太もも回りが左右とも2センチ、規定より大きかったというのです。

 

普通なら飛ぶ前にチェックをしたり、試合前に計量と始まる前に違反がないかチェックすることが多いですよね。

 

ジャンプの場合、飛んだあとにチェックがあるということで、今改めてこの「スーツ規定」に疑問が出ているのです。

失格理由は?スーツ規定違反とは?

高梨沙羅選手は、太もも周りが左右とも2センチ規定よりスーツが大きく、今回違反となってしまいました。

 

このスーツ規定について見てみると、

国際スキー連盟(FIS)の規則では「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする」と決められている。シーズン初めに計測し、数値を提出するため、体重の変化などで誤差が出てくるケースはある。そのため「スーツ規定違反」は珍しいことではない。

ジャンプは浮力を味方につけ、遠くに飛ぶことを目指すスポーツ。スーツには空気を通す透過率についても規定があるが、選手はルールの中でなるべく風を体に受けたいと考える。W杯を転戦する高梨クラスだと、年間約20着を使用し、常にベストの状態のスーツで試合に臨んでいる。

とありました。

 

スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、許容範囲が決まっているんですね。

体重の変化で誤差が出やすいため、スーツ規定違反で失格になることはジャンプの世界であるというのです。

 

高梨沙羅選手も年間約20着を使ってスーツを選びながら試合に挑んでいます。

 

ですが今回、会場がとても乾燥していたために体内の微妙な水分量が変化し、太ももに影響が出てしまったとも言われています。

 

そして今回の舞台となったこのジャンプ台は、空気が薄く浮力も得にくいため、スーツの大きさが飛距離に影響を与えやすいそうです。

メダルを争う強豪が規定ギリギリのスーツを着用するケースが多いため、今回の違反が相次いだのではとも言われています。

 

正直ここまでシビアなスポーツだとは思いませんでした・・・。

 

高梨沙羅選手は涙を流されていましたが、コーチ陣は「ちゃんと合わせられなかったスタッフのミスだ」と選手を責めることはありません。

 

そして高梨沙羅選手以外に、なんと4カ国もの選手がこのスーツ規定違反で失格となっていました。

4人も失格!なぜ女子選手が多い?

今回高梨沙羅選手以外に、

 

・オーストリアの1人目のダニエラ イラシュコ・シュトルツ選手

・ドイツの3人目で女子ノーマルヒルで銀メダルを獲得したカタリナ・アルトハウス選手

・2回目ではノルウェーの1人目のアンナ オディーネ・ストロン選手

・3人目のシリエ・オップセット選手

 

なんと4人もの選手にスーツ規定違反がありました。

 

しかも全員が女子選手ということで、これに関しては多くの疑問の声が集まっています。

 

ちなみに抜き打ちではなく、昨日の試合ではほとんどの選手が検査を受けたとのことです。

 

やはり女性のほうが、体の水分量の変化が出やすいからかもしれません。

 

ですが、今回金メダルを獲得した小林陵侑選手も以前スーツ規定違反で失格になったこともあり、男子でもそこまで珍しいことではありません。

 

環境に合わせたスーツを選び、それを含めてベストな状態で競技に挑まなければならないのですね。

こんなにもシビアなスポーツだとは思ってもみませんでした。

 

高梨沙羅選手を責める人はいないと思いますが、それでも素晴らしい滑りを見せてくれて逆に感動しました。

世間の反応

高梨沙羅ちゃんをぎゅっとハグしてる小林陵侑選手「たくさんハグしてあげました」ってサラッという姿イケメンすぎた

 

オリンピックなんて全く興味なかったけど、高梨沙羅ちゃんの2回目のジャンプ見て泣いた。

 

高梨沙羅選手、見てるとこちらが胸が痛くなる

彼女はずっと第一線で努力してきた

そんな彼女を批判する人は、絶対に彼女くらい努力していない

同じように頑張っている人は、きっと高梨選手をリスペクトしてるはず

 

高梨沙羅選手の件、関係者じゃない観戦者の我々は絶対選手もスタッフも責めちゃ駄目だなと心から思う。ただ、大会側自体は、ポジティブな方向へ改善を是が非でもお願いしたい。沙羅ちゃんの涙やみんなの想いを、規定の改善に絶対繋げて欲しいと切に思います。

誰も高梨沙羅選手を責める人はいませんし、むしろそれでも皆さんが素晴らしいジャンプを見せてくれたので、本当に感動しました。

 

逆に本当に厳しい世界で、第一線で活躍されているんだなということを改めて痛感しました。

まとめ

以上、高梨沙羅選手のスーツ規定違反について調べてみました。

 

とてもショックな出来事でしたが、それでも4位という素晴らしい結果を見せてくれて嬉しかったですね。

 

失格となった国では疑問の声を挙げていて、今後もしかしたら問題となるかもしれませんね。

 

そして二度と同じようなことがないように、何とかならないのでしょうか・・・。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.