ニュース

柴田周子 顔画像・facebook、犯人は誰で名前や動機は?自宅の場所はどこ?大阪府高槻市

投稿日:


2月14日、大阪府高槻市で男女2人が倒れているのが見つかった事件で、倒れていた女性が現場マンションの2階に住む柴田周子さん(40)であることが分かりました。

 

男は20代と見られ、この男が柴田さんに危害を加えたと見られているのです。

 

いったい何があったのか、詳しく調べてみました!

宅配装った男の事件概要

事件の概要です。

大阪府高槻市登美の里町の集合住宅で14日午後6時10分ごろ、男女2人が倒れているのが見つかった事件で、女性は後頭部に打撲痕、男性は胸に刺し傷があり、いずれも意識不明で病院に搬送されたことが大阪府警高槻署への取材で分かった。現場の状況などから、同署は男性が女性に何らかの危害を加えたとみて調べている。

同署によると、搬送されたのは、20代くらいの男性と現場マンションの2階に住む柴田周子さん(40)。柴田さんと一緒に暮らす10代の娘が「泥棒に入られた」と階下の近隣住民に110番を頼み、駆け付けた警察官が通路で倒れている2人を発見した。

娘は府警に「宅配業者を装った男が室内に押し入ってきた。男が倒れ込んだ隙に部屋の外に逃げた」と説明。男性はポロシャツのような上着姿で大手宅配業者のロゴが入った段ボールを持っていた。娘は男性とは面識がないという。

柴田周子さんは後頭部に打撲痕、20代くらいの男性は胸に刺し傷があったとのこと。

この男性が、柴田周子さんに危害を加えたと見られているというのです。

 

その手口が、宅配業者を装って男が室内に入り、柴田周子さんの娘は隙を見て外に逃げたとのこと。

 

知らない男だということですが、いったいなぜ柴田周子さんは襲われなければならなかったのか、そして男を刺したのは誰なのか、ということが問題になりますね。

事件があった自宅場所はどこ?

事件があったのは柴田周子さんの自宅で、大阪府高槻市登美の里町5丁目と言われています。

こちらが自宅周辺の写真で、集合住宅です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0a57c19e081e608a36df1f05cba34cbbad7ad962/images/000

柴田周子さんの顔画像やfacebookは?

柴田周子さんは現在、意識不明になっているとのこと。

早い回復を祈りたいですね。

 

そんな柴田周子さんの顔画像ですが、現在は公開されていません。

 

またFacebookは何件か同姓同名アカウントはありましたが、大阪在住のアカウントは見つからずご本人と思われるアカウントは見つかりませんでした。

 

こちらは引き続き調査をしたいと思います!

男は柴田周子さんの関係者?

この事件、気になるのは20代の男がなぜ宅配業者を装って柴田周子さんの家を襲ったかということですよね。

 

娘さんも自宅にいましたが、柴田周子さんと男が揉み合っている隙に逃げて助けを読んでいます。

 

警察官がかけつけると、柴田周子さんと男が倒れていたとのことです。

 

これは物取りというよりは、何か柴田周子さんと関係があった人物なのではないかと思いますよね。

ちなみに娘さんは、知らない男だということです。

 

そしてこの男は胸に包丁が刺さっていたとのこと。

事件で自分で刺したのか、はたまた柴田周子さんが防衛のために刺したということもあるかもしれません。

 

ちょっとまだよくわからない部分が多く、やはりこの男が誰なのかということがポイントとなりそうです。

 

全く面識がない男が宅配業者を装い、いきなり襲い掛かってきたとなると恐怖でしかないですよね。

犯人の名前や動機は?

現時点でこの男は、20代くらいということしか分かっていません。

 

わざわざ大手宅配業者のロゴが入った段ボールを準備して犯行に及んでいますので、何かの意図があって犯行を行ったことになります。

 

それに強盗目的ならわざわざ家にいる時間ではなく、突入していくやり方は取らないのではないかと思います。

 

やはり柴田周子さんの関係者、と見るのが一番自然ではないでしょうか。

世間の反応

・最近は会員登録すれば、いつ荷物が届くか知らせてくれる業者もあるから、そういうものを利用したり、それ以外の荷物なら、ドアを開けないで、応対するしか防ぎようがないかもね。

今後も、誰が来るかわからないから、ピンポンなると怖いだろうな。

こういう事件は、被害にあった後も、しっかりと家族の心身を守ってあげてほしい。

加害者でなく、被害者のケアやサポートを大事にしてほしい。

 

・コロナ禍で宅配便や点検業者になりすます強盗が多くなっています。

振り込め詐欺が変化して強盗になっている場合も多く見ず知らずの犯行の場合、事前に電話がかかってきて家族になりすまし在宅や現金の有無を確認する場合があります。

不審な電話があった場合はご注意下さい。

また、宅配便も在宅でも重い物以外は宅配ボックスを使用するのが安全です。

 

・詳細が不明な部分があるから臆測だが。強盗ではなく女性に危害が主目的の計画反行に感じる。宅配便が来る日に玄関開けて、予想と違う荷物を受け取った事もある。男性の傷の原因の刃物は持参?普段、不在通知が主なので宅配ポストはいつも助かる。集荷所預かりも。再配達が一番心苦しい。対面受領拒否を選択できると良いかも。

 

・独り暮らしや、部屋に女性や子供しかいない時は対面では受け取らず、「玄関先においてください」とお願いするのが安全。

普通の業者さんは、今のご時世で慣れてて、対面でやり取りするより相手もその方が楽だろう。

そのうえ、リスクも回避でき、自分の身も守れる確率も高くなる。

最近は時代も時代ですので、家の前に置き配してもらうのが一番いいですよね。

配達員の方も、こういう事件が起きると仕事がしにくくなってしまうと思います。

 

なるべく直接受け取らないようにして、気軽に家のドアを空けないのがいいと思います。

まとめ

以上、柴田周子さんの事件について調べてみました。

 

とにかく柴田周子さんの容態がよくなることを祈り、犯人の目的を知りたいところです。

 

宅配業者関連のこうした事件もたまにありますので、やはり対面せずに受け取れるようにしていくのがいいかと思います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.