ニュース

木下匠 顔画像・facebook! 鶴崎心桜の母親は誰で名前は?自宅住所はどこ?

投稿日:


また虐待のニュースです。

親が子供に虐待をするにも、なんらかの理由があるのかもしれませんが、子供は親の私物ではありません。

虐待とは暴力です。心も体も傷つける絶対あってはいけない暴力。

今回犠牲になったのは当時16歳の少女でした。

木下匠が起こした事件の概要

2021年6月9日、16歳の少女が心配停止の状態で見つかりました。

日常的に虐待していたのは母親の再婚相手で同居していた40歳の男でした。

和歌山市のアパート一室から2021年6月、体にあざがある少女が搬送され、死亡した事件で、和歌山県警は16日、少女と同居していた同県有田市の派遣社員、木下匠(しょう)容疑者(40)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、心桜さんの母親(同37歳)と共謀し、21年5月末ごろから心桜さんを繰り返し虐待。心桜さんが衰弱して身動きするのも不自由になったのに医師の治療などを受けさせず、6月9日に外傷性ショックで死亡させたとしている。

(記事引用元:Yahooニュース)

「外出先から帰ると、娘が意識も呼吸もなく、血のようなものを吐いている」と119番通報したのは心桜さんの実の母親でした。

 

37歳の母親は、子供がいながらも再婚してくれた木下匠容疑者の機嫌を取るために、一緒に心桜さんに暴力を振るっていたのでしょうか。

子供を大切に思いながらも、好きになった男性の心をつなぎ留めておくために我が子を虐待するというケースは多く見られます。

私からしてみれば男なんてたくさんいるけど子供は唯一無二の存在じゃないの?と思います。

 

それでも我が子が死んでしまったことに今更後悔をし、自分を責めたのでしょうか…

母親は心桜さんの妹(4)を道連れに関西国際空港連絡橋から飛び降り亡くなりました。

 

そして事件のあった夜、和歌山港で路上に座り込んでいるところを発見された木下匠容疑者もまた「精神的に嫌なことがあり、カフェインを服用して首をつろうとしたが失敗した」と説明ということです。

 

大人の勝手な理由で、16歳の少女と4歳の幼い女の子の命も奪われてしまいました。

後悔するくらいならなぜ虐待したのか?

なぜ幼い我が子まで道連れにして自殺したのか?

 

イライラを子供にぶつけ、動けなくなるほどの虐待をしストレス解消するって信じられないです。人間のすることではないですよね。

それを見ていて男のために自分もまた虐待をする母親。

この時点で母親であることを捨てて、男にすがるみじめな女になっているように思います。

木下匠の顔画像やfacebookは?

木下匠容疑者の顔画像は公表されていません。

なぜ公表されないのか、これも理解できません。

 

「木下匠」でFacebookを検索したところ、同姓同名の人がたくさんいました。

1人だけ和歌山県に住んでいる人が見つかりました。

ですが友人を見ても再婚した相手の「鶴崎」という名前の女性はいませんでしたし、有田市の派遣社員ということですが仕事については書いてなく、有田市出身とだけあったので、確定することはできませんでした。

 

私から見たら極悪犯です。

顔も公表して今後の人生に影響与えたいくらい腹が立ちます。

木下匠の自宅住所はどこ?

木下匠容疑者の自宅住所は和歌山県有田市野の集合住宅ということまではわかっています。

有田市といえばやはりみかんで有名ですよね。

 

有田市野にあるアパートはGooglemapで検索すると1件しか出てきませんでしたが、ストリートビューで確認をすると全く違う建物でした。

 

こちらが事件のあった木下容疑者たちの住んでいた集合住宅です。

(画像引用元:毎日新聞デジタル)

住所を突き止めることはできませんでした。

鶴崎心桜さんの母親の名前や画像は?

亡くなった鶴崎心桜さんの母親の名前は公表されていません。

おそらく苗字は「鶴崎」だとは思うのですが、心桜さんが16歳、飛び降りて一緒に亡くなった妹は4歳です。

一回りも歳が離れているので、父親が同じなのかどうかも疑わしいです。

となると「鶴崎」という苗字はいつのものだったのか・・・女性は結婚で姓が変わるので複雑ですね。

 

心桜さんの画像が入手できました。

(画像引用元:週刊文春)

週刊文春の記事によると、なんと心桜さんの母親は「和歌山カレー事件」で死刑判決を受けた林眞須美死刑囚の長女ということです。

名前は「優子」ということがわかりました。

確かになんとなく面影があるような気がします。

少しふくよかですが、可愛らしい顔立ちをしていますね。

鶴崎心桜さんの母親が飛び降りた理由は?

自分の子供を死なせてしまった母親が、4歳の娘と一緒に飛び降りた理由はなんだったのでしょうか。

 

○娘を虐待したことへの後悔と謝罪

○この事件をきっかけにまた母親の事が世間にバレて生きにくくなる苦しさから逃げるため

○自分の人生への絶望感

 

本当の気持ちはわかりません。

ただ心桜さんの母親はとても複雑な人生を歩んで来たようです。

だからといって我が子を虐待死させたことは絶対に許されません。

 

ただ、あまりにも普通ではない出来事が多すぎて心が正常ではなくなっていたのかもしれませんね。

世間の反応

この事件に対する世間の反応がこちらです。

大昔と違い、義務教育があり

6、7歳以降は児童が他人や学校と関わることができるのに、なぜもこう悲しい事件が続くのか。プライバシーが保たれてる反面、他の家庭の内情を知ることが難しい。

子供はどんなことをされても

逃げる選択肢ではなく、親を求める。

これまでの虐待死事件でも、

子供が最後まで親の愛を求めていたと思うと胸が苦しい。

他のお子さんの様子がおかしいと思ったら通報はしたいけど、その後行政や警察がどうするか、何が出来るかですよね。

性善説を基にしてるから、親なら面倒見る妄想はやめて、養育に不向きな親や同居人とは引き離す、それも強制力を持ってやらないと子供がかわいそうです。

 

全てが全てそうじゃないけど、子連れ母と内縁の夫っていう虐待の事件多すぎないか?

どうしてこの図式が出来上がってしまうんだ。

日本は親権についてちょっと考え直した方がいいのかもしれない。「子どもは母親といた方がいい」という考えで母親に親権が行きがちだけど、多くの場合その方がいいかもしれないけど、必ずしもそうではないだろうし。共同親権についても考えてみたらいいし、そもそも、父にも母にもろくに親としての責任能力が無い場合もあるでしょう。

安易に親と引き離せとは言わないけど、子どもの保護は必要だと思う。

離婚したって、養育費トンズラする奴も多い。それも虐待と変わらないと思う。育児放棄でしょ。離婚したから親じゃなくなる訳でもないのに。その辺をもっと、法的にどうにか出来ないのか。

子どもはみな平等に守られるべき。必要ならば、親からも。親ガチャなんて子どもに言わせたらいけないと思う。

 

ネガティブに思われるかもしれないが、ここまできたら児相の特殊部門でも作って、子供に会わせないとか、虐待の跡が確認できる場合は特例で盗聴可能にするとか、少しでも暴行や虐待の実態が分かった時点で、すぐに子供を保護できる態勢にするくらいじゃないと救えないのでは?

人手が足りないのかもしれないが、少なくとも現在の児相の対応は甘すぎるし、対応が素人すぎる。

先ず、家まで訪問して子供に会えていないケースなんて相当怪しいよ。

学校や周辺に聞き込みをするなり、強制的に子供の様子を確認できるように法改正したり、1分1秒でも早く助けてあげてれるようにして欲しい。

あとは、子供自身が「苦しい」「辛い」「怖い」「逃げ出したい」って感じたら、いつでも相談しにきてねっていうメッセージをポスター貼るなり、「火の用心」とか「特殊詐欺が~」とかだけじゃなく、地域の防災用スピーカーとか見回りのパトカー使って声掛けしてよ

 

カレー事件の娘さんですね。。

事件だけでも複雑でしたが、育った環境も複雑だったのでしょう…

途中までは普通の?家族でいられたなら、後からやってきた男がきっかけ…。

最近はそういう事件ばっかりですね…。

むしろこの同居男性とか内縁の男性とか絡んでくると死亡者の出る結果に繋がることが多い気が。

お母さんだけでもしっかり子育てしている方の方が多いです。

男性に依存しなくても大丈夫なように周りがサポートしてあげたら起こらなかった事件なのかな?

DV男だと母も精神まで壊されるから逃げられなくなってしまうのかな…?

いずれにしても子供が犠牲になることが悲しいです。

親を変えられないなら、子供たちに逃げていいんだともっと伝えてあげて!

そして逃げてきたときすぐ帰さず!しっかり守れる体制強化を望みます。

16歳の少女が動けなくなるほどの状態になるってどれほどのことをされたのでしょうか。

抵抗もできたはずです。

なぜ心桜さんは家を逃げ出さなかったのか。

お母さんに助けを求めていた。いつか自分を助けてくれると信じていた。

もしそうであれば悲しすぎる事件です。

まとめ

虐待があまりに多く、心が痛くてたまりません。

我が子を殺されたらたとえ法を犯してでも犯人を殺したいと思うほどの気持ちがある人が普通なのかと思っていました。それもまた絶対にダメなことですけど。

子供の人生よりも自分の人生を大切にしたいと思う親が増えているのでしょうか。

だとしたら親を選べずに生まれてきた子供はどうやって生き抜いたらいいのでしょう。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.