ニュース

高井直子 顔画像・facebook!犯人は誰で名前は?保険金1.5億円は養子の手に!

投稿日:


2021年7月、大阪府の住宅の浴室で住人の会社員高井直子さん(当時54歳)が亡くなった事件。

 

この事件を、警察は殺人事件として捜査していることを明らかにしました。

 

さらに高井直子さんには、本人名義で2社の生命保険に加入、計1億5千万円の保険金がかけられていたことが判明。

受取人は同居していない20代の養子の男性ですが、この男性は事件とは無関係と発表されています。

 

すごく不可解な事件ですね・・・詳しく調べてみました!

高井直子さんが殺害された事件の概要

まずは事件の概要を見てみましょう。

大阪府警は21日、昨年7月に大阪府高槻市の2階建て住宅の浴室で、住人の会社員高井直子さん=当時(54)=の遺体が見つかり、殺人事件として捜査していると明らかにした。司法解剖などの結果、死因は溺死とみられ、右手首に巻かれていた結束バンドで両手を縛られていた疑いが強まり、殺人事件と断定した。

 府警によると、高井さんは本人名義で2社の生命保険に加入、計1億5千万円の保険金がかけられていた。高井さんは未婚で、受取人は同居していない20代の養子の男性。男性は昨年12月の取材に死亡とは無関係と説明。府警は容疑者不明としており、関係者に話を聴くなどして経緯を調べる。

事件は2021年7月に起こったのですが、昨日殺人事件と断定されましたね。

 

そんな高井さん、 計1億5千万円の保険金がかけられていたことが分かりました。

しかも高井直子さんは、未婚でした。

 

こうなると保険金受取人が怪しいと誰もが思うと思いますが、高井さんには20代の養子の男性がおり、この男性は高井さんの死亡とは無関係と発表されました。

 

いったいどういうことなのでしょうか??この男性を疑ってしまいますが、何らかの証拠があり事件とは関係ないということなのですね。

高井直子さんの自宅はどこ?

事件があったのは高井直子さんの自宅で、大阪府高槻市八幡町です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/32248850ef99fca80c6c7429385aeb20a9c5b2a9

高井直子さんの顔画像やfacebookは?

現時点で、高井直子さんの顔画像についてはメディア等で報じられていません。

 

またfacebookアカウントを見てみましたが、同姓同名の方が何名もいらっしゃり、キーとなる年齢、大阪府在住などで調べてみましたが、高井直子さんと思われるアカウントは見つかりませんでした。

 

54歳という年齢もあり、facebookなどはやっていない可能性も高いですね。

 

こちらは引き続き調査したいと思います!

高井直子さんの勤務先(銀行)はどこ?

高井直子さんは、銀行に勤務していました。

分かっているのは、「大阪市にある都市銀行のグループ会社での事務員」ということです。

 

銀行本部ではなく、グループ会社ということですね。

 

グループ会社ということもあり、銀行名などは分かっていません。

 

また高井直子さんは、大学卒業後に地方銀行で勤務していたことも分かっています。

 

ちなみに事件に関しては、高井直子さんが出勤しないことを心配した上司が親族に連絡し、発覚しました。

家の鍵はしめられていて、空いていた掃き出し窓から中に入り浴槽で遺体が見つかったとのこと。

 

上司の方もまさかこんなことになっているとは思わなかったと思いますので、本当に心配されていると思います。

犯人は誰?名前は?

現在は「容疑者不明」として捜査が進んでいると大阪府警は発表しています。

 

ですが高井直子さんの死因は溺死、高井さんの右手には結束バンドが巻かれていて、左手にも圧迫された痕があったということから、殺人事件の可能性が高井ですね。

 

事件があったのは7月。なぜ殺人事件の可能性が高いのに今になって殺人事件として捜査していると発表があったのかも気になりますね・・・。

養子縁組していた20代男性は誰?

一番気になるのは、高井直子さんが養子縁組していた20代の男性です。

 

高井直子さんは未婚で、この男性と養子の関係。

しかも1億5千万円もの保険金の受取人はこの男性であり、やはりこの男性を疑ってしまいますよね。

 

ですが警察は、この男性をしっかり調べたのだと思いますが事件とは無関係と発表。

決定的な証拠があったのでしょう。

 

そもそもなぜ高井直子さんが1億5千万円もの生命保険に加入できたのかが謎です。

さらに、男性となぜ養子関係になったのか。

 

何かお金の動きがおかしいですよね。

 

養子になった経緯や、保険金はきちんと高井直子さんが契約したのかなど、一つ一つ捜査していく必要がありそうです。

世間の反応

・ある程度の捜査情報をリークすることで世間の興味を引き、いろいろな情報が集まることを期待しているので捜査中の事件で経過を警察が発表することは普通禁じられたいるはずでは?それをしているってことは目的があるってことでしょう。

 

・そもそも一般会社員が1億5千万もの生命保険に加入できた事が疑問。いわゆる分不相応な契約額で、コンプライアンスを守っている常識ある保険募集人はもちろんのこと、保険会社も引き受けることはしない。この2社の保険契約の担当者に契約経緯の調査をすれば色々出てきそうですね。不自然・分不相応な保障額案件は何か臭うものがあります。引き受けた保険募集人と生命保険会社にも問題があり、不適正な契約であったという事です。

 

・犯人が保険の受取人でない可能性がある以上、保険金額含めて公表するべきではないのでは?

確たる証拠があるなら、動機として公表するかもしれないが、それも逮捕後の話で逮捕前に保険金額も受取人の存在も関係者が番記者にでも話すのは推定無罪の原則からも逸脱している気がするのだが。

犯人を擁護するしないでなく、マスコミは犯人であるかは司法が決めるという原則を忘れないでほしい。

 

・養子手続きが簡単すぎて怖い

特に養子になる人が二十歳すぎていたらあまりに簡単。これは悪用しようとすればできてしまう。被害者は養子の存在を知らなかったのでは。

被害者の関係者の方々が養子の存在を知っていたかどうかは大きな分岐点になると思います。

やはり不可解なことが多すぎますよね。

 

養子の手続きも保険の手続きも、第三者が関与しているのでしょうか?

捜査がこのタイミングで公表されたわけですから、警察も何か意図があって公表したことになります。

まとめ

以上、高井直子さんについて調べてみました。

 

これだけ他殺の線があるのに、半年以上経って殺人事件と公表されたのにも疑問を感じますよね。

20代の養子の男性については調べ尽くして、犯人ではないと結論づけられたように思います。

 

かなり不可解な事件ですし、無事に犯人が捕まることを願います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.