エンタメ

榊英雄 不倫相手や性被害告発の女優は誰で名前特定!?LINE画像・内容がヤバい!

更新日:



2022年3月25日から公開予定だった映画「蜜月」の公開がいったん中止となりました。
3月8日に完成披露上映会が行われたにもかかわらず、突然の公開中止の発表の発端となったのは、この映画「蜜月」の監督である過去の女優たちへの行動です。
人気映画監督、榊英雄氏(51)のその行動について調べてみました。

榊英雄が女優4人に性行為を強要

3月に公開予定で、8日に完成披露上映会が行われた映画「蜜月」の公開が突然中止となりました。

その原因となったのが、この映画の監督である榊英雄氏が過去に女優たちに性行為を強要したことによるものだということでした。

性被害を題材にした映画「蜜月」を監督した榊英雄氏(51)に性行為を強要されたと女優たちが週刊誌に告発した問題を受け、映画の制作会社である(株)ファミリーツリーが9日、榊監督のコメントを発表した。映画は25日に公開を控えていたが、この日、週刊文春オンラインで複数の女優による性被害告発記事が配信されたことを受け、「公開を一旦中止」と映画の公式サイトで発表された。

(記事引用元:Yahooニュース)

過去に榊氏の作品に出演したり、ワークショップに参加していた女優たちが性行為を強要されていたと訴えているというのです。

有無を言わさず性的行為を強要されたり、映画へのキャスティングをちらつかせて、なし崩し的に関係を持たされた女優が4人いるということです。

榊英雄氏もそれを認め、週刊文春の取材に対して以下のような回答が書面でありました。

・4人の内の1人については「肉体関係があったことはない」と否定

・他の3人については関係を持ったことを認めたうえで、「不倫行為については妻にも謝罪し、許してもらっております。(女優らに)性行為を強要した事実はありません」とあくまで合意の上だと主張

榊氏は性行為の強要については否定していますが、女優が4人も週刊誌に告発したとなるとこれは大きな問題ですね。
女優にとってはいわゆる「枕営業」のようなものではないかと思われますが、告発したのですからかなりの強要、パワハラがあったのではないかと思われます。

それにしても謝罪をしたのは妻にだけというのですから、榊氏本人はまったく女優たちに対しては罪の意識がないのでしょう。

不倫相手、性被害告発の女優は誰?名前特定は?

性行為を強要されていたと訴えている4人の女優について、名前を特定することはできませんでした。
その時期や、どんな強要をされたかについてわかる範囲です。

○A子さん
時期:2013年
きっかけ:ワークショップ
榊氏から連絡を受け飲みに行った帰り、マンションの駐車場に連れていき死角にて行為をされた(5分)
榊氏からは「騒いだら殺す」と脅された

この件については榊氏は否定しています。

○B子さん
時期:2017年
きっかけ:映画関係者の集まり
フェイスブックにてやりとりをして居酒屋に行くことになり、店を出たところで強く引っ張られて路地裏に連れ込まれたということです。
行為は10分ほどで、榊氏は下着をおろし口でするようにBさんに言い無理やりやられたということです。

この件については合意の上として認めています。

○C子さん
時期:2015年
きっかけ:榊さんの映画に出演
撮影準備中頻繁にお誘いの連絡があり、ホテルに誘われたそうです。
「下着を付けてこないよう」という指示があったとのこと。
それ以外にも他にも、駐車場で行為や「裸の写真送って」などのメッセージが届いていたということです。

この件については「Cさんから近づいてきて関係をもった」と主張し、合意の上として認めています。
これは確かに合意したと思ってもしかたなさそうな感じがしますね。

○D子さん
時期:2016年
きっかけ:ワークショップ
榊氏から「芝居を見てあげる」と言われ事務所に呼ばれ関係を持ったそうです。
D子さんは、「断ったらどうなるのか不安でそんなに抵抗はしなかった」そうで、「気に入られたい気持ちも多少ありました」と言っていますが同意の上ではないとも主張しているそうです。

この件についても榊氏は同意の上として認めています。
これは・・・同意と思われても反撃のしようもないような状況ではないかと思われますが。

4人の名前を特定することはできませんでしたが、とりあえず榊英雄氏は好みの女性には声をかけるようですし、サッサと性行為を済ませるのが好きな様子ですね。
愛情らしきものは感じられません。

榊英雄と女優のLINE画像

榊英雄氏が女優に送ったLINEの画像が週刊文集により公表されました。
それがこちらです。

(画像引用元:文春オンライン)

詳しくはこちらです。

かなり変態気味の趣向を持つ男性のようですね。
でもこのLINEのやり取りをして、それから会いに行くというのは同意があったと思われても仕方がないのかなって女性としても思ってしまいます。
たとえ気持ちは嫌だったとしても…。

世間の反応

この件に対する世間の反応がこちらです。

これ、このままお蔵入りになっちゃったら、損害賠償はどうなるの?
出演俳優が不祥事起こして、延期や中止になったことは、ときどきあったけどね。
でも、この報道が事実だったら、出演俳優が薬物やったとかとは次元が違う。
監督が、出演をちらつかせて、肉体関係を迫ったわけだから、非常に悪質。
そういうキャスティングで作られた映画を公開するわけにはいかないだろうから、スポンサー等に対して、莫大な賠償責任を負うのでは?

これだけ沢山の人が関わって作り上げているものなのに、監督は本当に...なんの責任感もないとは情けないね。
でもこの女優さんの舞台挨拶、文面からしたらすごく辛い現場だったのかなぁと感じましたが...男性が書いた本で~みたいなくだりは屈辱的な思いを抱いたりしたのかな。
スタッフや俳優さんたちにとっては公開される方がいいのだろうが、この監督がやったことは許されるべきではない、でも、やってしまってるから、被害者に対しては償いようもない。
さらに結婚してたとはね。

渡部の不倫は合意だが、
これは性的行為の強要し、映画へのキャスティングをちらつかせている。
不倫は奥さんに謝ったとか言うけど、
これ悪質な犯罪でしょ。
過去のことだから許して的なのはどう考えても甘すぎる。
ラインのメール見ても女性から誘っている部分はなし、むしろ引いているし、
強要しているのがはっきりとわかる。
業界自体がそうだから、当たり前のようにこういう人がいること自体問題でないのか。

LINE画像が残ってる。
合意とは思えないな。
事実だとすれば、配偶者がこれを許したのも嫌悪感を抱く。
不倫はやった本人と家族の問題だが、性加害、しかも仕事をチラつかせてとなると、社会的な問題。
ただ、犯罪であるなら、告発するのは週刊誌じゃなくて、警察だと思う。

こういったことに対するお互いの「合意」というとらえ方はそれぞれ違うのだと感じました。
警察に被害届を出したところで、時期的にも遅すぎておそらく強姦としては扱ってもらえないのではないでしょうか。
気持ちが嫌であっても抵抗したり必死に逃げる気持ちがなければ相手は合意だと判断してしまうのかもしれません。
だからといって気持ちのない強引な性行為は私は強姦だとも思っていますけど。

まとめ

映画に罪はないという人もいます。
確かに一番の被害者はこの映画に本気で携わってきて役者さんやスタッフだと思います。
榊英雄氏はこの映画の公開中止だけで罪を償ったことになるのでしょうか。
過去に被害にあった女優さんたちも、なぜ今まで黙っていてここにきて言合せたように4人で告発したのか。
映画の内容が「性被害」だったことにひどく怒りが湧いたのでしょうか。

-エンタメ

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.