ニュース

明石市立衣川中学校 担任教師は誰で名前や顔画像は?生徒が不安障害強迫性障害に!

投稿日:


明石私立衣川中学校の担任教師が、生徒にした発言で、生徒が不安障害強迫性障害になっていたことがわかりました。担任教師は一体誰なのか、名前や顔画像などについて調べました!

明石市立衣川中学校担任の言葉で不登校に

兵庫県明石市立衣川中学校3年の男子生徒が、昨秋父親を亡くした直後、担任の男性教諭から暴言を受けて不登校状態になり、その後「不安障害」などの精神疾患と診断されていたことが分かりました。

学校側は「不適切だった」としています。

生徒には軽い知的障害などがあり、父親の死後初めて登校する前日、母親は担任に配慮を求めていたといいます。

「本当に先生なのか」と、資質を疑問視しているといいます。

山田祥千子校長は「男子生徒の受け止め方を考えれば不適切と言わざるを得ない」と話しました。

市教育委員会は「デリカシーがない」としつつ、対応については「まだ何とも言えない」としています。

男子生徒の気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。

こんな人が先生をやる資格はないのではないでしょうか。

問題の経緯

さて、今回の問題の経緯を詳しくみていきましょう。

まず、男子生徒らが修学旅行に出発する予定だった10月13日早朝、生徒の父親が自宅で倒れて死亡しました。

担任は通夜に出席。忌引後の19日に登校した際、修学旅行についてまとめる授業がありましたが、生徒は父親が亡くなった姿を思い出し、何もできなかったといいます。

生徒や同級生によると、生徒が「書くことがない」と言うと、担任は「書くことがないことはないやろ」「おまえにとって修学旅行はそんなもんやったんか」と怒ったというのです。

生徒は「お父さんが死んだのに何で。頭が真っ白になった」。同級生は「(生徒は)旅行に行ってないです」と指摘。

「(生徒の父親の死を)何で忘れてるのかと思った」「クラス中に聞こえる声。あれはない」と話しました。

授業後、担任は生徒に謝ったといいますが、生徒は「(担任は)普段から自分に威圧的。お父さんの死を踏みにじられたようだった」と話します。

生徒はその後、長時間手や腕を洗うようになり、自分が危害を及ぼしたのではないかと不安になる加害妄想の症状が現れて不眠に。

1月下旬から「先生の顔を見るのも声を聞くのも嫌」と学校を休みがちになり、医療機関で「不安障害」「強迫性障害」と診断されたといいます。

「担任との関わりの困難さがストレスと訴えており症状に影響している可能性がある」といいます。

3月16日の卒業式も生徒は出席しませんでした。

担任は神戸新聞の取材に対し「旅行を欠席した生徒には事前学習について書くよう指示していた」とし、「父親の死を忘れていたわけではない。言い方に配慮が足りなかった」と釈明しています。

東須磨小教員間暴行・暴言問題で再発防止検討委員会メンバーを務めた岩井圭司兵庫教育大学教授は、この事件を受けて、こう話しました。↓

「10代で親を突然亡くした子どもの喪失感、悲嘆反応に理解がない。そもそも人の死を軽く見ているのか、生徒が自分の思い通りにしなかったことに対する怒りのコントロールに欠けているのか、その両方なのか。いずれにせよ教諭の資質に問題がある。県教委が再発予防策をきちんと出すべきで、時間をかけても研修を受けて学んでもらうのが一番の予防策。なぜこの問題が起きたのかも職場で探究すべきだ。」

本当に、この教師には問題があるといえます。

こんな人がこのまま教師を続けるのは問題があるでしょう。

担任教師は誰で名前や顔画像は?

今回の事件の担任教師はいったい誰だったのでしょうか。

問題の教師の名前については、現在のところ公表されていません。

顔画像についても名前などが不明なので分かりませんが始業式の画像が学校のホームページで公開されていました。(しかし、このニュースが公になってからは、そのホームページも閲覧できなくなっています。)

現在のところは、担任教師が中学3年生担任の男性教師だったということしかわかっていませんが、学校内部では大変な噂になっていることでしょう。

ネットなどで担任の情報が出回ったり、特定作業が行われるかもしれませんので、引き続き調査していきたいと思います。

ちなみに、今回の事件があった兵庫県明石市立衣川中学校がこちらです。↓

担任教師の評判は?

担任教師の日頃の評判はどうだったのでしょうか。

担任教師が誰だったのかが特定されていないので、担任の評判についても今のところわかっていません。

ただ、今回被害にあった男子生徒は、「(担任は)普段から自分に威圧的。お父さんの死を踏みにじられたようだった」と話していました。

そもそも普段いい先生が、今回のようなデリカシーのない発言をするはずがありません。

普段から生徒に対して威圧的で上から目線で押さえつけている先生なのでしょう。

だから、こうした思いやりのない発言がでてしまうのだと思います。

生徒が父親の死を苦しみ、ショックを受けているときに、生徒を支えてあげるどころか、精神的に追い詰めてしまった今回の担任教師の発言は大変罪深かったと思います。

世間の反応

世間の反応がこちらです。↓

明石市長には速やかに事実関係を調査の上不適切教師に懲戒免職処分下すよう熱望する

担任への処分をきちんと行ってほしい、軽い処分で終わらせないでほしい、再発防止策をきちんとたててほしいという意見が多数上がっていました。

明石市衣川中学校の先生はとても偉そうな結果やらかしてくれましたね。

年間八百万の税金使って教育委員会で指導を受けてるそうです。

今回の教師の行動に怒りを覚えている人が多いようです。

こんな人が教師をしているなんて信じられませんし、安心して子供を任せられませんよね。

これは明石市の学校教員によく見られる光景です。

泉市長のおっしゃっている子どものための施策をもっと理解し実践してほしい

こんな怖ろしいことが度々あっているのだとしたら、かなり問題ですよね。

もう一度、教師への教育をしっかり行ったほうがいいのではないでしょうか。

明石市での問題ですが、泉市長が動きにくそうな案件ですね。問題の教諭に厳しい処分を課すと「アンタが言うな」になりますから。

今回の事件について、市教委、市長にはしっかり動いてほしいところですが、難しいのでしょうか…。

まとめ

今回は、明石市立衣川中学校で怒った担任教師の暴言について調べました。

子供にとって親の死というものは、相当ショックで耐え難いものです。

そんな心が落ち込んでいるときに、担任教師から暴言を浴びせられるなんて、生徒が気の毒でなりません。

今回の担任教師には厳しい処罰を与えてほしいと思いますし、今後2度とこのようなことが起きないよう、教師への教育を徹底してほしいと思います。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.