ニュース

海自カレー食べて停職になった防衛事務官は誰?問題になった理由は?

投稿日:


海上自衛隊第23航空隊の40代の防衛事務官の男性が、食事の支給対象外なのに2年間にわたり毎週金曜日にカレーライスを食べ続けたとして、停職4日の処分をうけていたことが分かりました。

結構驚きのニュースだったのですが、海上自衛隊にはカレーを支給される職と支給されない職があるんですね・・・。

ではこの防衛事務官は誰なのかなど、詳しく調べてみました!

ニュース報道

ニュース報道はこちらです。

海上自衛隊第23航空隊(京都府舞鶴市)の40代の防衛事務官の男性が、食事の支給対象外なのに、2年間にわたり毎週金曜日にカレーライスを食べ続けたとして、防衛省は28日、この事務官を停職4日の懲戒処分にしたと発表した。事務官は「着任前からカレーだけは『味見』と称して慣例的に食べられており、重大な不正という認識はなかった」と話しているという。

海上幕僚監部によると、自ら食事の調達が難しい海上勤務の艦艇の乗組員らには食事を無料で支給すると法令で定める。事務官は2017年4月~19年3月ごろ、当時所属していた陸上勤務の部隊で、一部の部下隊員が支給対象でないと認識しながら、毎週金曜日の昼に食堂でカレーライスを食べていることを黙認。さらに自らも食べていたという。

一方、海自大湊地方総監部(青森県むつ市)も28日、幹部自衛官(54)ら男女3隊員を4~5日の停職処分にし、発表した。幹部自衛官は13年8月ごろから1年余り、資格のない部下がカレーを食べるのを黙認し、自分も食べた。50代の男性防衛事務官ら2人も別の期間に見過ごし、自ら食べたという。

海上自衛隊には、海自カレーがPRされるなど毎週金曜日にカレーを食べるという習慣があるようです。

ですが今回処分を受けた事務官は、このカレーを支給される対象ではないにも関わらず、約2年に渡ってカレーを食べていたそうです。

さらに一部の部下隊員が支給対象でないと認識しながら黙認していたとのこと。
厳密には規定に沿ってないので、処分を受けるのは仕方ないかもしれませんね・・・。

停職になった防衛事務官は誰?

この停職になった防衛事務官は誰なのかを調べてみましたが、名前などの情報は見つかりませんでした。

この事務官は2017年4月~19年3月ごろ、陸上勤務の部隊に所属をしていたとのこと。
40代の男性で、京都府舞鶴市にある海上自衛隊第23航空隊に務めていたことが分かっています。

また青森県むつ市の海自大湊地方総監部でも、幹部自衛官(54)ら男女3隊員がカレーを食べ黙認もしていたということで、処分を受けていますね。

一気に事実が発覚していったということになります。

今頃問題になった理由は?

ではなぜ今頃になって、徐々に明らかになったかということですよね。

なぜ今になって問題になったかは分かっていませんが、一部の場所で事務官がカレーをタダで食べているという情報が浮き彫りになり、それが問題化していったのかもしれませんね。

実際に、「着任前から、“味見”と称して慣例的に行われていたため、重大な不正にあたるとの認識がありませんでした」と停職処分を受けた男性は話しています。
慣例的に事務官も一緒にカレーを食べていたと思いますが、誰かが問題視したのでしょう。

厳密には問題ですが、そこからそこからの問題化されるにはかなり時間がかかったのではないかとも思います。

恐らく海上自衛隊だけでなく一般企業でも、こういうことが慣例になってしまっているところもありそうですよね・・・。

世間の反応

・処分されたことは結果的に仕方ないと思うのだけれど…。
有料で食べるシステムはなかったんだろうと想像するが(そのシステムがあるのに無銭飲食してたら別問題だが)、この件を問題にする前に、『今後は有料にするので食べたかったらお金払って下さいってルールを作れば良かったのにと思う。

 

・この件は発覚の経緯が気になりますね。
毎回カレーの量が少ないとか、足りない問題でもあったのか、
背広組が無料で食べている事に一般隊員の不満があったのか?
どちらにせよ他の基地でも対象外者が見つかり処分となっているので
食堂現場からの意見で監査が入ったんでしょうね。

 

・こういう事案はどうかと思うが、自衛隊員がトイレのトイレットペーパーを自費で購入しているような話を聞いた事がある。
国を守り、いざという時には命の危険もあるご職業なので、もう少し自衛隊全体の待遇改善を考えてあげて欲しい。
防衛費が上がっても本当に微々たるものだから、もう少しなんとかしてあげて欲しい。

 

・以前から慣例的に食べられていたのが事実なら、突然いま発覚した者だけが懲戒処分を受け、過去の人達は処分を逃れるというのは公平性に欠ける。
職場の懲戒処分というのはキャリア上の傷にもなるし、見せしめ的な処分というのは好ましくない。

難しいところですよね・・・。
こうした事実が確認されてから、すぐに有料で食べられる制度を設けるべきだったのではないかとも思います。

海自カレーとは?

海自カレー、聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

購入することもでき、普段から食べられている方も多いかもしれませんね。

そもそも、海上自衛隊では明治時代から栄養不足解消のためにスパイスを多く使ったカレーを採用していました。

それが今でも続いていて、問題が起きた基地では船員などを対象にカレーライスを無料で支給していました。

それでカレーが有名になり、販売するまでになっているんですね

海自カレーはどこで購入できる?

ではその海自カレー、私たちはどこで購入することができるのでしょうか。

一言で海自カレーといっても何種類もあるようで、その場所ごとに味が違うようです。

普段私たちが買えるのは、「楽天市場」や「amazon」などでも購入できます。
「海自カレー」と検索すると、たくさんの商品が出てきますよ。

それ以外ですと、海上自衛隊の近くのお店などで購入できるようです。

https://kure-kaijicurry.com/shop/

通販で手軽に買えるので、わりと身近なカレーといえるかもしれませんね。

まとめ

以上、海自カレーの処分について調べてみました。

「それくらいいいじゃない」という声もありましたが、隊員と事務官では給与体系が違うので仕方ないという声もあり、難しいですよね。

ですが海上自衛隊では厳密に処分を下したとのこと。
今後はこういうこともないでしょうし、問題が起こらないようしっかりと仕組み作りをしてほしいなと感じました。

-ニュース

Copyright© エンタメの世界 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.